« チャレンジカード№496 | トップページ | 記念病院山を歩く。!! »

老いていく身体~散り際は何時の事やら・・・?

Pc252192_2孫を見て思う。!!
オギャーと産まれて自分も
そうであった様に立つこと
歩く事を覚え肉体と共に成長する。
青年から壮年を過ぎリタイアして
シニア生活になった頃から
いろんな面から老いを感じ始める。


P2030045個人差はあろうが五十歩百歩である。
孫が楽しく成長するのと逆に
シニアはだんだんと弱っていく。
比較的に元気だった自分も
27年5月26日に前立腺癌の手術を
して以来(20代の頃交通事故で入院した。)
あっちこっちガタが出始め

今度は軽いとはいえ大変な事になった。
視力も落ち退院したら入歯にする
歯医者通いが待っている。
死ぬまで飲まねばならない薬も
増えた。




P2030017生きているでなく
生かされている命になってしまった。
今回は予期せぬ最悪の病気に
なってしまったが、
゛ピンピンコロリ”と逝きたい
ものである。
私の人生゛可もなく不可もなく”
まぁ~まぁ~幸せな人生と
思っていたが、ここにきて
苦しくなりそうである。
勝負事といっしょで、下駄を履くまで
判らないものである。

将棋の内藤国雄さんの師匠
「藤内金吾」さんの言葉

   ゛勝負の世界は勝つより他に道はなしや”

|

« チャレンジカード№496 | トップページ | 記念病院山を歩く。!! »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チャレンジカード№496 | トップページ | 記念病院山を歩く。!! »