« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

久し振りで家回りを歩く。!!

P2250020退院して帰った昨日の夕方
久し振りでリハビリの為
家の近くのぶどう園コースの
ウォーキングをした。
この時期にしては良い天気で
退院を祝福してくれた。


P2250022P2250019P2250024








P2260001
気持ち良く歩いて家に帰ったら
姉から退院祝いの゛たなかの柿の葉すし”
届いていた。私の大好物である。
P2260003たい、さけ、さばの三種類が
入っているが、やっぱり
さばが一番好きである。
もうこの世で血を分けた
肉親は姉だけである。
いつもながらの心配り
感謝・感謝である。


今日は道路に面した斜面の草刈りを

P2260005梯子を使ってしたが、やっぱり
左足の筋肉が弱っているので
シンドイし危なかっしい。!!
まだまだである。

明日は入院中にガタガタになった
歯の治療である。当分通院だろう。
あっちこっちガタガタである。・・・ため息















| | コメント (2)

やっと退院自由な生活へ!!

P225002612月15日に発病入院して
今日まで73日間の入院生活が
やっと終わった。

左腕の輪っかがやっと外れた。


P2250028これは救急搬送された病院のもので
バーコードと氏名・生年月日が印字されている。


P2250027転院入院したリハビリ専門病院の手書きで
住所・氏名が書かれていたがすぐ消えて
何のためにしていたのか判らない不快なだけのものだった。産婦人科で誕生した名前もついてない赤ちゃんに足輪を
付けるのは理解できるし必要だと思うが私は人間が物と同じ様に
扱われている様でいい気がしない。

今回最初の病院ではバーコード入りで日々の医療行為で
活用されているので仕方がないと思ったが、
転院した病院では無用の長物で自分にとっては不快なものだった。
ブロイラーの鶏の様な気がした入院生活の模様は
そのうち書き残したいと思う。






| | コメント (0)

忘れてた記念病院山山頂からの景色!!

P2020001P2020002

P2020003まず一番に眺めるのが゛蔵王山”
国道二号線から新幹線の線路沿いを
眺める。




P2020006P2020005P2020007P2020010P2020011

P2020012_2

頂上には15時30分になれば入れる風呂もある。










P1130071

P1130072
P1130074













P1150012


P1150011P1240019








P1240017

P1240021


P1240023



P1240018







階段の山道は結構キツイが、頂上の山道は変化に富んでいる。
この山へ登り始めて
少しは筋肉が付いた気がする。!!

| | コメント (0)

記念病院山を歩く。!!

P2080013リハビリに明け暮れる毎日に
何か変化と足の筋力を
付けたくて毎日1万歩歩く事にした。

まだ一人では外を歩けないので
6階建ての病院の両端にある階段を
山道にして、6階の長い道路を
頂上への登山道と思って
歩いている。




P2070001_2P2070002P2070003






P20700066階までの階段は105段で
一回上り下りすると210段の
登山である。5回も登ると
汗ばんでくる。
けっこうキツイ!!

一階待合には血圧計があるので
測定する、



P2070005P2030001P2030006P2030005







絵画や鉢植え等息抜き材料はたくさんある。


P2030002P2030007

P2030014


P2030023_2



P2030025






P2030010




退院してまた山登りやウォーキング・50km夜間歩行の
リベンジが出来たらとリハビリに精出している。

明日10日~12日迄自宅でと思っているが、
大雪の様相で帰れるか?である。
帰れると良いが・・・


























| | コメント (0)

老いていく身体~散り際は何時の事やら・・・?

Pc252192_2孫を見て思う。!!
オギャーと産まれて自分も
そうであった様に立つこと
歩く事を覚え肉体と共に成長する。
青年から壮年を過ぎリタイアして
シニア生活になった頃から
いろんな面から老いを感じ始める。


P2030045個人差はあろうが五十歩百歩である。
孫が楽しく成長するのと逆に
シニアはだんだんと弱っていく。
比較的に元気だった自分も
27年5月26日に前立腺癌の手術を
して以来(20代の頃交通事故で入院した。)
あっちこっちガタが出始め

今度は軽いとはいえ大変な事になった。
視力も落ち退院したら入歯にする
歯医者通いが待っている。
死ぬまで飲まねばならない薬も
増えた。




P2030017生きているでなく
生かされている命になってしまった。
今回は予期せぬ最悪の病気に
なってしまったが、
゛ピンピンコロリ”と逝きたい
ものである。
私の人生゛可もなく不可もなく”
まぁ~まぁ~幸せな人生と
思っていたが、ここにきて
苦しくなりそうである。
勝負事といっしょで、下駄を履くまで
判らないものである。

将棋の内藤国雄さんの師匠
「藤内金吾」さんの言葉

   ゛勝負の世界は勝つより他に道はなしや”

| | コメント (0)

チャレンジカード№496

P2030047元気だったら今日
2017年2月4日
20時00分スタートの
゛第43回50キロふくやま夜間歩行”
でつける予定だった
№ 496 のチャレンジナンバー
である。

12月3日に申し込んだ時は
もう少ししんどくなったが
今年も参加して、もがき
頑張って見るかと思っていた。
6回目のチャレンジである。
そろそろ本気の練習モードに
入ろうと思った
12月15日に脳梗塞でダウンしてしまった。
2日から一日一万歩を目標に
P2030051歩いていると夜間歩行も
歩けるのではと勘違いをしてしまう。

今日は天候に恵まれ
絶好のウォーキング日和である。
夜間歩行も歩き易く
寒さとの我慢比べのようである。





今日も自宅外泊をするが電話で
不参加連絡をするのが残念である。!!

| | コメント (0)

今日からリハビリ一日一万歩!!

P2020011_2  昨日外出して歩いてみて
いまいち歩きがシャンと
してないので今日から
一日一万歩歩く事にした。

病院外は一人で
出れないので
病院内6階の廊下の
往復である。

担当の先生から
一人で練習の許可をもらい、
さっそく朝から
正規のリハビリ時間の
合間に歩いた。
自分の歩幅で片道90歩である。
1万歩というと
約56回の往復である。
歩き方が悪いので修正しながらの
リハビリウオークである。



P2020010P2020001_2P2020004




窓の外には蔵王山が見えた。
P2020002P2020005





P20200096階にはリハビリルームと
風呂
もある。



P2020012_2静かで 人も少ない6階で外の景色を
眺めながら励んでいます。!!
今日の歩数  10197歩
歩いた距離    6,5km














| | コメント (0)

発病した頃の状態!!

Pc172157P1290005 P1290004

先日、家に帰った時発病後の整理整頓をした。手帳を見ていたら発病から3~4日の自分で書いたメモを見て当時を思い出すと同時に新たに気付く事もあった。
今、思うのに小さな手帳によく書いたものだと思うし主治医から言われた事のポイントだけはよく書いている。
頭脳の回路も変調をきたし文字が浮かばなかったからだろう当て字や自分が見ても?ないことを書いている。
P1070033左半身麻痺の状態や
顔面左側や唇・手足の痺れを
詳しく書いている。
三日目の17日にはリハビリを
開始している、




P1300011
太田病院の集中治療室での
日々は大変で本当に
どうでもよかった。
太田病院強制収監生活
何日目と記している。
今日2日また歯が欠けた。!!
退院したら即治療だ。!!
とうとう入れ歯だ。ガックリ!!





| | コメント (0)

リハビリがてら外出したけれど・・・

P2010012発病する前に参加する予定でいた
゛2017年経済展望”講演会を
リハビリがてら聞きに行った。
今年はトランプ大統領に振り回されて
講演者や予想をする人は
大変だなと思う。

もっとも聞きに行く私も参考にする気はない。



P201001050日振りで歩く外の世界は寒かった。
病院内で歩く感覚と町中とでは
違っていた。1時間40分も座っていると
筋肉が固まり歩きが心許ない。

生まれて初めて50日近い
入院生活になるがそろそろ


P2010003退院したくなった。もう少し
リハビリを受けたいと思う気もあるが
こういう病院へ長くいると気分や
気持が滅入ってしまう。

脳神経関係の患者が多いいので
悲惨なシニア生活者や年老いた



P2010013男女の患者が多いい。
病院や施設で生きながらえる
生活より、寿命が短くなっても
早く退院して多少は無理を
しながら来年の
゛夜間歩行”に参加する
事を目指したい。

50日の入院で心身ともに弱った。
頭脳の受傷には情けなさが
募るばかりである。
こうして老いていく自分がいる。!!





| | コメント (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »