« 今年は筍生えるんじゃろうか・・・? | トップページ | 今年のカープは・・・ »

350~400年前の“古文書”

030竹林で作業していたら
毎年、顔を会わす
知り合いが話に来た。
世間話をしていて

私が君は
“神辺城”があったのを
知っているか。?と
聞いたら知っているという。

40歳前後で知っていると

031云うので感心する。
“何で知った。?”と云うと
“インターネットです。”
東さんのでも見てくれた
かなぁ~と思う。

地域の歴史話をしていたら
歴史好きと云うだけあって
私より良く知っている。
父親やお爺さんがよく
話していたり話してくれて
知ったという。素晴らしい。!!

そのうち、おじさん家には350年~400年前の古文書が
あるけど内容がよく解らないという。

知っている子だし歴史好きなのがわかったので
“去年知り合いになった古文書が読める人を知っているよ”と
云ったら、家に帰って竹林まで持って来る。
おじさんが頼むんだから、菓子折り位のお礼でいいと思う
と云ったらお願いされてしまった。
家に帰って見てビックリである。
チャンと立派に表装されていて桐箱に入っている。
5.5m位の長さがある。これは家宝である。

古文書が読めるTさんが骨折して入院中なので
少し先になりそうだが早い事済まして
返さねばと思う日々である。

焼失とか盗難・紛失は絶対出来ない。!!

|

« 今年は筍生えるんじゃろうか・・・? | トップページ | 今年のカープは・・・ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

わ~ビックリポンですね。
耐火金庫にでも入れとかなきゃ。。。

投稿: seo | 2016年3月28日 (月) 08時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年は筍生えるんじゃろうか・・・? | トップページ | 今年のカープは・・・ »