« まだまだ奮闘中!! | トップページ | 私が身を預けた“岸 幹雄 医師” »

ハンディを抱えての今後の生活は・・・

046蔵王緑地から夕方の蔵王山!!
何回か登った蔵王山が映えていた。

手術の後、麻酔から覚めて即
よく喋るし元気なので、こんなに
元気な人は珍しいと云われた横さん
退院後、家族から話した事を聞いて
その事は記憶に無いけれど、
看護師さんに

“今日カープは勝ちました。!!”
“えぇ~勝ちましたよ。!!”と
携帯で確認して教えて貰って
深い眠りに陥った事は覚えている。

経過も順調とかで9日に退院予定
でしたが、
3日に退院し自宅療養中

045である。
ブログでコメントをくださった
皆様ご心配くださりありがとう
ございました。年明け以来
アホの頭で悩み考えていました。

ある程度術後の後遺障害は
覚悟していましたが、

023予想以上で落ち込みます。
10年以上生きなかったら
癌で死んでいった方が
幸せだったかも・・・

入院中に院内にある
“がん相談センター”で借りて読んだ
体験者48人の本を
読んでいなかったら、まだショックが酷かったと思う。
両親からもらったこの身体

009
何一つとして要らない物はない。
一つ無くなるだけで、こんなに
不自由なものかと身に沁みている。

しばらくはウォーキングも
山行きも無理である。
後、10年は生きねばならないが
身体の退化が進むだろう。
癌の恐怖は取り除いたが、
10年以内に再発とか他部に
新たな癌が発生したら


043
この賭けは私の負けである。
入院日の前日まで元気一杯
ニンニクの収穫や竹林の清掃に
精出していたのに
“一病息災”
もう竹林の管理・ニンニク栽培・
今年チャレンジした椎茸作りも
無理かもしれない。
手術後9日目でまだまだ
内も外も傷口は痛く快復中で
もう少しは良くなるのだろうと
期待したいが・・・・

“エンディングノート”は用意しているがまだ書いてない。
そろそろ亡くなってからの身の処し方の
希望でも書いておくかな・・・

|

« まだまだ奮闘中!! | トップページ | 私が身を預けた“岸 幹雄 医師” »

心と体」カテゴリの記事

コメント

ひとまず退院おめでとうございます。
私としては、もう少し病院で養生したほうが…とも思いますが、いかがでしょう?
自宅へ帰ると、なにかと動いてしまうので傷口が痛んだりしませんか?
無理などしないよう、体力回復に努めてください。
写真は、摘出したものですか?
実際の大きさだとすると、かなりのものでしたね。

投稿: seo | 2015年6月 8日 (月) 08時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まだまだ奮闘中!! | トップページ | 私が身を預けた“岸 幹雄 医師” »