« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

良い兆候が感じられだした日々!!

062何処まで症状が悪くなるのかと
思っていたが昨日辺りから
良い傾向も感じだした。

17日~T君が来てくれる。
彼の知り合いが、私と同じ病気で
岸先生に見て貰って今は
農作業やゴルフをしているとの事・・
65歳で治療をし今70歳だそうだ。


061今の自分の状態を話して、少しでも
経験を聞きたいと思いT君に☎を聞き
夜☎をする間をとり計らってもらう。

藁をも掴む思いで☎をすると
その人は癌が5段階で5に近い
4段階の終わりで全摘手術を受け
1ヵ月半位入院されたという。

063_25年経ってお元気そうなので自分と
違う治療法かと思っていたが、

先生も一緒で同じ治療法である。
メモを片手に自分の現在の症状を
話し今後の参考にしようとアドバイス
を求めたら私はそういう事は
無かったと云われる。・・・信じがたい



064それでも辛いお気持ちは
よく分かりますと励まされる。・・・・?
誰でも他人には話したくないよなぁ~
ましてや知り合いのT君にも
知られたくない。・・・
それでも
5年経ってゴルフをされていると
云うのを聞いて少し気が楽になる。

06512時から1H位剪定をして
T君と2H30M位話したら疲れた。

18日~昨日疲れたからか
退院して初めてこむら返りの痛さで
目覚めるまで4H20M位寝れた。

良く寝れると気持ちも体調も良い。
19日~Ⅰさんが先日来宅時

066網戸が破れていたのを修理して
さっそく持って来てくれる。有難い。
20日~朝食・夕食の時間が
遅れてペースが狂い調子が悪い。
21日~孫達が来てくれたのて
賑やかで気分転換になる。
今日も食事が不規則で調子悪し。

06823日~体力が落ちているので
退院して初めて〒局まで手紙を
出しにウォーキングをする。
2.4km20M3791歩
疲れた。痛い。まだ無理だ。!!

24日~Nさんより手紙もらう。
疲れて昨日も5時間位寝れたが

070今日も剪定と片づけをしたら
調子が悪い。・・・動いたらダメ
25日~自然の味研究会で今日の
テーマは遺伝子組み換えである。
楽しみにしていたのに
行けそうにない。・・・残念!!
H君より激励の☎あり。
山仲間にニンニクを送る
荷造りをする。・・・疲れたぁ~

明日は病院へ行く日である。
     メモを片手に先生に聞きたい事がたくさんある。

            
忘れるなぁ~

| | コメント (2)

“一病息災”療養の日々

017梅雨入りの3日に退院したが
10日間の入院とはいえ我家に
帰ったら少し疲れた。
4日~毎月初めに行く〒局へ
車で行くがまだ傷口も痛く・・無理か?
元気な時から妻に

“もしも自分が亡くなる事があったら
この三人だけには伝えて欲しい。”


018話していた
Iさんが☎をくれる。
5日~
H君より☎あり。9日退院予定だったけど
3日に退院したと云ったら驚いていた。
病院内へ展示してあったこの「川面」という

019絵を描いた親戚も癌で逝った
事を思い出す。
6日~もうすぐ二歳になるカープ坊や
を連れて
末娘が来てくれる。
手術日にも来てくれた姉が遠方より
中学の同窓会に参加した便で
寄ってくれる。

020孫の顔を見て姉と話をしたら、後遺障害で
苦しみ出した気分が紛れる。
二時間ほど
庭先で過ごすがまだ無理か・・・
もう白馬なんかえは登れないだろうなぁ~

0347日~H君が来てくれる。傷口と26日に
病院へ行った時先生に聞こうと
思っているメモを見せて現状を伝える。

子供達が皆来て、ニンニク掘りと処理や竹伐りをしてくれる。
・・・ひとまず安心
2時間ほど現場で見ていたが
ヤッパリ疲れるし無理である。
10日~山仲間三人にチョットした
手紙を書いたら少し疲れた。

041_213日~妻の姉夫婦が生きのいい魚を
持って来てくれる。煮付けにして
食べたら大変美味しかった。
16日~久し振りで体重を量ったら
52・6kgだった・・・少し痩せた。
妻の運転で町内のアッチコッチ
4ヵ所の用事を済ます。
Ⅰさんが来てくれて話す。
T君と姉より☎あり。

今日は午前・午後と動いてだいぶ疲れる。
でもこれが良かったのか退院以来初めて夜4時間位
目覚める事無く眠れる。この頃から悪くなるばかりの症状から
傷口の痛みも軽くなり良くなる事もみえだした。

それに今日のT君からの☎は私にとって
ビッグニュースを教えてくれた。今日は疲れたので
明日来て欲しいとお願いする。

株価が最悪のどん底から盛り返す様に徐々に上がる。
暗闇の中で微かな灯りが見えた気持である。
久し振りで明日が楽しみである。!!
・・・次へ

| | コメント (2)

自分の姿が情けなく悔しい。(退院11日目)

001011013病院の栄養士さんが
計算して出された
糖尿病食!!
食べる量が

015_2026031大変参考になった。
栄養士の姉に野菜が
少なくて食べたかった
と云ったら、

035037052それは予算の関係で
しょう。野菜はたくさん
食べても良いと聞いて
一安心する。

054056入院日の前日まで、元気に体調も良く
農作業と草刈りをし、退院して残りは
片づける予定であったが、
手術後元気で順調に見えた私も

058080退院後、日々良くなるでなく
日々いろんな症状が出始めた。
ここまでは覚悟していなかった。
自分の今の姿に悔しさがこみ上げる。

082089まだ傷口も痛いし日も浅いので
暫くは静養に努めるが、
もう
畑遊びも山行きや長いウォーキングは
無理かな・・・

040毎年の目標であり生きがいである
“50km夜間歩行”はダメだろうなぁ~

今の闘病生活での目標は
赤いCのマークとカープグッツを
見たら、たまに来て“カープカープ”と
指差して話しだしたもうすぐ2歳に成る
孫をマツダスタジアムに連れて行き
カープの応援をする事である。

爺さんが初めてマツダSへ連れて行った事を
脳裏に刻んでくれたら良いが・・・
9月の後半頃にでも行くのが目標である。!!
今シーズン中に行きたい。!!










| | コメント (1)

私が身を預けた“岸 幹雄 医師”

002私の身体から血液検査
で異常数値が出て
検査入院した。
この時はまだ病気の
事を深く知らない
(今もだが)しショックだけど
大丈夫と心の隅で
思っていた。
この時、病院での応対がいい加減だったので、
セカンドオピニオンを受けようと思った。

003セカンドオピニオンで
この病気はまだ?らない
事が多く、いろんな治療法があり、
良い点悪い点があり
再発や後遺症が
ある事を知る。

この時点で、すべてを
先生の判断にお任せしようと思っていた。

手術日が決まって入院する10日ほど前に
机の周りの片づけをしていたら、
この病院の一年半ほど前の広報誌があり棄てるつもりで
パラパラめくっていたら

006リレーエッセイで担当の
岸 幹雄 先生のエッセイが掲載されていた。

医師に成る気はなく
バレーボールに
うち込んでいて
お兄さんが医学生に
成ったのを見て
医学の道に進み
勉強は試験に通れば
良いというスタンスで、
国家試験も最低ラインでの合格を目標に何とかパスし、

医師になって、独学で必死に勉強し
実践しているという内容であった。

手術間近になっても先生の事は病室で説明を
聞くだけでよく知らなかったので、
このエッセイを読んでかなり安心した。
生き方・考え方に共感したからである。
まさに“先生お願いします。”の心境になれた。

○この文章もブログに書く事も先生の
許可を貰って書いた。

| | コメント (1)

ハンディを抱えての今後の生活は・・・

046蔵王緑地から夕方の蔵王山!!
何回か登った蔵王山が映えていた。

手術の後、麻酔から覚めて即
よく喋るし元気なので、こんなに
元気な人は珍しいと云われた横さん
退院後、家族から話した事を聞いて
その事は記憶に無いけれど、
看護師さんに

“今日カープは勝ちました。!!”
“えぇ~勝ちましたよ。!!”と
携帯で確認して教えて貰って
深い眠りに陥った事は覚えている。

経過も順調とかで9日に退院予定
でしたが、
3日に退院し自宅療養中

045である。
ブログでコメントをくださった
皆様ご心配くださりありがとう
ございました。年明け以来
アホの頭で悩み考えていました。

ある程度術後の後遺障害は
覚悟していましたが、

023予想以上で落ち込みます。
10年以上生きなかったら
癌で死んでいった方が
幸せだったかも・・・

入院中に院内にある
“がん相談センター”で借りて読んだ
体験者48人の本を
読んでいなかったら、まだショックが酷かったと思う。
両親からもらったこの身体

009
何一つとして要らない物はない。
一つ無くなるだけで、こんなに
不自由なものかと身に沁みている。

しばらくはウォーキングも
山行きも無理である。
後、10年は生きねばならないが
身体の退化が進むだろう。
癌の恐怖は取り除いたが、
10年以内に再発とか他部に
新たな癌が発生したら


043
この賭けは私の負けである。
入院日の前日まで元気一杯
ニンニクの収穫や竹林の清掃に
精出していたのに
“一病息災”
もう竹林の管理・ニンニク栽培・
今年チャレンジした椎茸作りも
無理かもしれない。
手術後9日目でまだまだ
内も外も傷口は痛く快復中で
もう少しは良くなるのだろうと
期待したいが・・・・

“エンディングノート”は用意しているがまだ書いてない。
そろそろ亡くなってからの身の処し方の
希望でも書いておくかな・・・

| | コメント (1)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »