« 第41回 50キロ夜間歩行 ① | トップページ | 第41回 50キロ夜間歩行 ③ »

第41回 50キロ夜間歩行 ②

001_3今回の私の目標は
○かかとから着地し正しい歩き方を
 
する。体調不良と気力が不足して
 いるので、目標タイムは10時頃で
 ある。不安があるので無理をしない。
○コース上の屋並みで、家人らしき人を
 見かけたら、“今晩は”
 “おはようございます”の
 挨拶をする事である。

早めに行ったのでスタートして、
何箇所かある信号待ちを利用して
山手橋から
芦田川遊歩道へ入る時は
先頭から10番目である。21時00分に8km地点の幸千中学で
トイレを済ました時は20番目位である。

ここから1~2km歩いた所で快調に歩く知り合いのTさんが
追い越して行く。
ヤッパリ足の回転が速く足運びが良い。
“やぁ~来ましたねぇ~快調ですね。今20番目位で女性では
あなたが2番目だと思います。お先にどうぞ”
と云って
少し先を行くT
さんを目標に着かず離れずで歩く。
そのうち19km地点の元つるやまで着いて行こうと頑張ったが
信号待ち等で17km地点位で視界から消えてしまった。
かなりオーバーペースで来たので例年湯茶のサービスのある
元つるや(23時00分)で休憩と思っていたら、広場に建物が
建っていて、今年は休憩場ではなかった。仕方ないので
そのまま府中市内を抜けて歩くが出発して約4時間
歩きっぱなしである。5分位休みたい。
川筋に出て寒さが増し寒風が冷たい。
父石辺りのコンビニでトイレと休憩をしたが、寒さで手が痺れ
手の指が思う様に使えない。トイレでボタンとチャックを
動作するのに大苦戦である。
外に出て2個のカイロと
かりん糖の袋を何とか空け歩き始めたが、かなり手間取り
だいぶ先を越された。
0時20分に24km地点の大渡橋
下川辺交差点へ・・・この辺りに来ると小雪も降り道路の
温度計は-2度で寒さも一段と厳しい。

この辺りから後続に抜かれるばかりで、まるで後ろに向いて
歩いている感じである。
冷たさを感じながら屋並みも少なくなる中をひたすら
疲れと筋肉痛に耐えながらポケットのカイロで
指先を温めカリン糖を食べながら歩く。
手の指の感覚を取り戻さないと何も出来ない。!!
山の上から動物の雄叫びがする。犬ではない。
憎きイノシシか・・・? 私も腹が減った。
ゴールまで21kmの河佐駅で休憩をするのが楽しみ・・・
受付で一緒だったサイクリストIさんはコンビニで
確認しあったが、ストックを上手く使って軽快な足取りで
私と気付かず追い越して行った。ついて行く元気なし
河佐駅到着2時20分  何か口に入れ水分補給と
芍薬甘草湯を年配の人に勧めながら服用する。

体格の良い20代の青年3人連が元気よく
“後21km何て事は無い。チョロイ・チョロイ”と
私に視線を向けながら話している。羨ましい・・・
自分にもそんな若さ溢れる時が遠い昔にあったのだ。!!
でも若者よ。元気は吸収させて貰うが
“少年老い易く、学成り難し”という諺もある。
まだまだ君達の人生で艱難辛苦が必ずある。頑張れよ”
と心の中で声援を送る。
トイレを済ませ急ぎ出発する。
次は芦田湖オートキャンプ場での豚汁と食事である。
今年はさぁ~歩くぞという気力が充実して無いので
とにかく疲れと筋肉痛で頭の中は一杯である。
八田原トンネルからダムの辺りは寒さも一段と厳しい。
粉雪か小雪の降り続ける中をただただ歩く。
スタート時に10番目だったが、自分ではかなり追い越されて
300~400番目位で10時位にはゴール出来るかなと
思いながら歩いている。

3時30分ゴールまで17kmの芦田湖オートキャンプ
へ到着する。
お腹は空いているのに食欲が無い。
おにぎり3個を豚汁で無理矢理詰め込む。
豚汁は美味しく、五臓六腑に沁みる。
河佐駅で忘れたストックを使える様にして出発する。
ヤッパリ4本足ストックである。あんなにただ歩くだけ
だったのにリズムも産まれて筋肉痛があっても
少し元気になりスピードも上がって、今度は前を行く人を
追い越し始めた。
昼間☎して天候と路面状態を確認
したら異常なしと云う事だったのに、その後降ったのか
Nさんの家辺りは雪景色で路面は少し凍っている。
この後ずーっと雪景色と路面凍結で、上下に入って
最後の上り下りの難所はもっと厳しかった。
もっと早くストックを使うんだった。!!
その後、快調で前を行く人を何人か追い越す。
次の三川駅が見えると少し平野も見えて、後11kmと
思うとホッとする場所である。
4本足になった私には苦になる距離ではない。!!
歩け!歩け!!     
                  ③さんへ



 

|

« 第41回 50キロ夜間歩行 ① | トップページ | 第41回 50キロ夜間歩行 ③ »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第41回 50キロ夜間歩行 ① | トップページ | 第41回 50キロ夜間歩行 ③ »