« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

城マニアに特報!!“模型で甦る福山城と神辺城”

016まだ先の催しですが、
“城”が好きな方
福山の歴史に興味
のある方是非往時の

福山城の雄姿を
和久井 裕道 さんが
資料に基づいて
精巧な模型を
制作されました。

姫路城より大きかった
新幹線の通ってない
築城時の雄姿を
リアルに想像出来ます。

神辺城の模型と共に
鑑賞出来ます。

また、
4月5日(日)
午後2時より(90分)
「福山城にまつわる歴史」
という演題で、
証拠に基づいた
福山の歴史に詳しい
“東 誠山”さんの講演もあります。

皆さん期間中、
福山本通 (今町4-23)

まちなか交流ぷらざ “ふくふく”

へ足を運んでみてください。
“温故知新”福山の素晴らしさと歴史に感動しますよ。!!

| | コメント (0)

安物買いの銭失いか・・・?

025新聞んのチラシを見て
そろそろ横さんのパソコンが
くたびれてきたので目についた。
奥さんの練習用パソコンに
しても良いと思って
当日会場に行く。!!
すでに20人位待っている。
時間になって会場で説明を聞くと
70台位用意されていて、
23.000円~48.000円である。

02623.000円に飛び付いたが
チラシをよく読むと、メモリーが
2ギガ・3ギガ・4ギガとある。
パソコンメカ音痴の
横さんでも4ギガの容量が
多いい方が良いと
思うので4ギガにする。

会場でパソコンに詳しそうな
若者が東芝が良いと

023云っていたので
“東芝はないですか。?”
と聞くと、電話で注文を
受けた2台しか無いとの事・・・
仕方が無いので

写真の富士通の4ギガ
48.000円にする。
パチンコの台と一緒で
素性の良いパソコンだと
よいが、・・・

使いだして故障続きだと
“安物買いの銭失い”に
なるなぁ~・・・

チョット竹林で作業に・・
訳があって農作業や
草刈り等の作業をしなかったが、一週間前位
から再開した。久し振りで、14時から18時30分迄

010竹林で清掃・焼却作業を
して汗を掻いたら
1.5kgも体重減だった。
今年は不作の
年回りだが維持の為にまだまだ
何回も作業しなくては
いけない。

最近、我がパソコン
画面に写真の注意書き
が表示されだした。何時までもつのか?どうすれば良いのか。?

大人のおもちゃの維持も大変じゃ・・・

パソコンをやりだして情報過多で良い時も
あるが、読まない書かないで、

便利さの中にある退化を感じる
横さんだ。!!

| | コメント (1)

シイタケ栽培に挑戦!!

022山仲間のNさんから
昨年シイタケを貰って
食べたら見事な味で
大変美味しかった。

スーパーで買い求めた
物より月とすっぽん
である。
マキの木を切っておくので,
欲しいのなら、
ドリルで穴をあけて
シイタケ菌を植えに来いとお誘いがあったので、作業に行き持ち帰った。

021_3彼の栽培城はスギ林の
中にありシイタケ栽培に
適した場所である。
これからの手入れが
大事なのだろうと
思いながら取りあえず
車庫の横へ・・・

今日、久し振りで近所の
恩師と話していたら、

シイタケ菌を植えたら
水をかけて横にして
組んで置きその上を
ビニールで覆いその上に雑木ででも直接陽が当らない様に
して置いて、4月頃になったら取り出して日陰の場所に
縦に立てて置いておくと良いの御託宣が・・・

もとより農業の事は何にも知らない横さんなので
これで日陰に置いておけば良いと思っていたので
急いで段取りをする。明日は雨天なので雨で濡らして
晴れたら組んでビニールをかぶせ様と思っていたら
雨水だと雑菌が入って良くないの声あり・・・

はてさてこの調子で、シイタケが育ち、焼いてポン酢で
美味しく食べれるシイタケが出来る事やら・・・?

あれやこれや農業初挑戦をする
横さんのシニア生活だ。!!

| | コメント (1)

天狗山(備前市)へ登る。!!

015_214日 天狗山(392.3m)備前市へ登った。

自宅を6時40分に出て、7時10分の

集合場所から篠坂PAで全員集合して

出発する。今日は16名の参加であるが、

リーダーは足の不調で山登りは出来ず。

いつも計画を練って貰って有難いが、

早く一緒に登れたら良いのにと思うばかり・・

瀬戸PAでトイレタイムをとり、

寒河コミュニティPを目指す。

ストレッチと準備運動の後、9時30分に

 寒河八幡宮にある天狗山登山道入口から

 登山を開始する。

すぐある境内をしばし散策する。

南極の石が奉納されているのが?だった。

072075
074_3

073

登山とウォーキング
では
使う筋肉が
違うからか、

本当にシンドイ!!

最近はほとんどストック

を使わずに登っていたが

先日の夜間歩行で

 ストックを使うと楽になるのを
再認識したので
 092_2

今日は始めから用意する。

~南極の石~

今日は低い山なので

1時間少し位で山頂へ到着する。

シダが大きいなぁ~と思いながら登る。
要所にはロープが張られ、整理された
登山道は登りやすかった。

 079_2
 077_2

 076


 078

この辺に、その昔

米相場旗振り

岡山第一中継点

があって、

旗を振っていたのか
と往時を想像する。

080081

082山頂で一服し、
風があるので

三ツ池の辺りで昼食を

摂る事に・・・

まぁ~まぁ~の
天候のなか
景色を楽しみながら下山する。

奥池の土手で
11時30分頃
昼食を開始

 084_2


池の土手はもろに風が当たるので寒かった。
それでも今日は

子供達がプレゼント
してくれた
登山用ポットに熱湯を
入れて来たので
カップ麺で暖がとれた。
次回はしょうが湯の素も
持ってこよう。

12時15分に出発し
中池・下池を過ぎた
辺りから、花崗岩が
風化したザレ地で
歩き難くなる。
成林林道の岩積帯を
抜けて無事下山する。

 時間があるので、
日生の“五味の市” 085
へ寄る事にする。
途中人気の

カキのオコのみ焼「タマちゃん」の前を通ると県外ナンバーの
車等で満員状態
である。

1時30分頃“五味の市”へ着いたけれど  086_2
建物の中のお店はほとんど売り切れ状態で牡蠣も売り切れである。
三~四軒営業しているお店で
日生と関係ない刺身・さんま・加工品等を買う。
カキオコ店も県外ナンバーで
満席状態なので帰途に着く事に・・・14時頃に出発し
16時頃最初の集合場所へ帰る。

牡蠣の売り切れが残念な山行きだった。!!

今日の歩数  13.095歩  歩いた距離    8.3km
消費カロリー   570kcal  脂肪燃焼量    40g
いきいき歩数   5228歩  いきいき歩行時間 58M

 

 

 

| | コメント (0)

第41回 50キロ夜間歩行 ③

005この写真は1月18日に
健脚大会で写した絵である。

まだ暗い5時5分、後11kmの
三川駅へ到着
する。
同世代の女性が

“私はダムからここまで苦手ですが、
ここからは好きです。”

“私は上下の坂登り辺りから左足股関節の激痛に苦しむので大嫌いです。”過去苦しむばかりなので
コースもまだどんな感じか頭に入って無い。
5分間のトイレ休憩だけで10分に出発する。
軽快に前を追い越しながら少し行くと、5~6人の中学生が見えた。

“オ~ィ 至誠中学の野球部か・・?”“ハイ”“シンドイだろう。?”
“ハイ”みんなくたびれ顔である。
“おじさんも山南だよ。!まだこの先苦しいけど、
ゴールしたらもの凄い感動がある。ガンバレ!!”“ハイ”

出発前ロビーで見送りに来ていた指導者か保護者に
500番台ですので見かけたらよろしくと云われていた。

参加するだけで立派である。完歩したらなお素晴らしい。
学校では教えてもらえない感動とそれぞれ何かを得るだろう。

快調に歩くスピードは上がって、
矢多田トンネルの
ゴールまで6kmの地点までに20人位追い抜く。

上下の坂道に入って、そろそろ股関節の痛みがと
不安がよぎる。でも快調でまだ暗い6時過ぎに
庭先におられた人に
“おはようございます。”と声を掛けたら。
“大変でシンドイでしょう。頑張ってください。”
“えぇ~最後のあがきで頑張っています。”
の会話・・・
少し行ったらお年寄りが庭先に
“おはようございます”
声掛けしたら
“おはようございます。”の応答・・・
コースの沿道の人達に、この時期の名物として
可愛がってもらいたいと思って始めた声掛け挨拶である。
因島ウォーキングで悪い歩き方を指摘してくださった
広島の方“ありがとう。”以後、正しい歩き方で
歩く様にして来たからか、今日は股関節が痛くない。!!

例年休憩する矢野温泉の前にあるお堂で休むことなく
シンドイけど、うすら覚えのコースを軽快に歩く。
後、500mの看板で時計を見てビックリである。

002去年のタイムより良いかも・・・
ここまで来たら記録更新だ。
本当に最後の力を振り絞って
2~3人追い越して
感動のゴールへ!!

 

7時21分着

 

第161号

まさかこんなタイムで
ゴール出来たとは・・・△○◎

やっと横さんの新年・正月だ。今年も元気だろう。?

初参加ゴールタイム  11時22分 脱水症状で
                       上下駅で倒れる。
2回目            9時23分
3回目            7時39分
今回             7時21分

帰りのバスや電車では筋肉痛で唸りながら
良く眠り、低血糖からか目が霞んで良く見えなかった。
10時頃帰宅し、
近場の温泉に行ったら、静脈瘤かと
思うほど手と足の血管が浮かび手はどす黒くなって
いる所があった。今日3日温泉に行ったら直っていた。

当日は久し振りで、12時30分頃~22時頃まで
ノンストップで爆睡した。!!

 31日         2月1日

歩いた歩数     29.473歩     41.379歩
歩いた距離      24.6km      29.4km
消費カロリー     1260Kcal      1875kcal
脂肪燃焼量        90g         133g
いきいき歩数    24.641歩      36.843歩
いきいき歩行時間   3H20M       5H53M

来年も元気で参加できれば良いが・・・以上、奮闘記でした。

| | コメント (2)

第41回 50キロ夜間歩行 ②

001_3今回の私の目標は
○かかとから着地し正しい歩き方を
 
する。体調不良と気力が不足して
 いるので、目標タイムは10時頃で
 ある。不安があるので無理をしない。
○コース上の屋並みで、家人らしき人を
 見かけたら、“今晩は”
 “おはようございます”の
 挨拶をする事である。

早めに行ったのでスタートして、
何箇所かある信号待ちを利用して
山手橋から
芦田川遊歩道へ入る時は
先頭から10番目である。21時00分に8km地点の幸千中学で
トイレを済ました時は20番目位である。

ここから1~2km歩いた所で快調に歩く知り合いのTさんが
追い越して行く。
ヤッパリ足の回転が速く足運びが良い。
“やぁ~来ましたねぇ~快調ですね。今20番目位で女性では
あなたが2番目だと思います。お先にどうぞ”
と云って
少し先を行くT
さんを目標に着かず離れずで歩く。
そのうち19km地点の元つるやまで着いて行こうと頑張ったが
信号待ち等で17km地点位で視界から消えてしまった。
かなりオーバーペースで来たので例年湯茶のサービスのある
元つるや(23時00分)で休憩と思っていたら、広場に建物が
建っていて、今年は休憩場ではなかった。仕方ないので
そのまま府中市内を抜けて歩くが出発して約4時間
歩きっぱなしである。5分位休みたい。
川筋に出て寒さが増し寒風が冷たい。
父石辺りのコンビニでトイレと休憩をしたが、寒さで手が痺れ
手の指が思う様に使えない。トイレでボタンとチャックを
動作するのに大苦戦である。
外に出て2個のカイロと
かりん糖の袋を何とか空け歩き始めたが、かなり手間取り
だいぶ先を越された。
0時20分に24km地点の大渡橋
下川辺交差点へ・・・この辺りに来ると小雪も降り道路の
温度計は-2度で寒さも一段と厳しい。

この辺りから後続に抜かれるばかりで、まるで後ろに向いて
歩いている感じである。
冷たさを感じながら屋並みも少なくなる中をひたすら
疲れと筋肉痛に耐えながらポケットのカイロで
指先を温めカリン糖を食べながら歩く。
手の指の感覚を取り戻さないと何も出来ない。!!
山の上から動物の雄叫びがする。犬ではない。
憎きイノシシか・・・? 私も腹が減った。
ゴールまで21kmの河佐駅で休憩をするのが楽しみ・・・
受付で一緒だったサイクリストIさんはコンビニで
確認しあったが、ストックを上手く使って軽快な足取りで
私と気付かず追い越して行った。ついて行く元気なし
河佐駅到着2時20分  何か口に入れ水分補給と
芍薬甘草湯を年配の人に勧めながら服用する。

体格の良い20代の青年3人連が元気よく
“後21km何て事は無い。チョロイ・チョロイ”と
私に視線を向けながら話している。羨ましい・・・
自分にもそんな若さ溢れる時が遠い昔にあったのだ。!!
でも若者よ。元気は吸収させて貰うが
“少年老い易く、学成り難し”という諺もある。
まだまだ君達の人生で艱難辛苦が必ずある。頑張れよ”
と心の中で声援を送る。
トイレを済ませ急ぎ出発する。
次は芦田湖オートキャンプ場での豚汁と食事である。
今年はさぁ~歩くぞという気力が充実して無いので
とにかく疲れと筋肉痛で頭の中は一杯である。
八田原トンネルからダムの辺りは寒さも一段と厳しい。
粉雪か小雪の降り続ける中をただただ歩く。
スタート時に10番目だったが、自分ではかなり追い越されて
300~400番目位で10時位にはゴール出来るかなと
思いながら歩いている。

3時30分ゴールまで17kmの芦田湖オートキャンプ
へ到着する。
お腹は空いているのに食欲が無い。
おにぎり3個を豚汁で無理矢理詰め込む。
豚汁は美味しく、五臓六腑に沁みる。
河佐駅で忘れたストックを使える様にして出発する。
ヤッパリ4本足ストックである。あんなにただ歩くだけ
だったのにリズムも産まれて筋肉痛があっても
少し元気になりスピードも上がって、今度は前を行く人を
追い越し始めた。
昼間☎して天候と路面状態を確認
したら異常なしと云う事だったのに、その後降ったのか
Nさんの家辺りは雪景色で路面は少し凍っている。
この後ずーっと雪景色と路面凍結で、上下に入って
最後の上り下りの難所はもっと厳しかった。
もっと早くストックを使うんだった。!!
その後、快調で前を行く人を何人か追い越す。
次の三川駅が見えると少し平野も見えて、後11kmと
思うとホッとする場所である。
4本足になった私には苦になる距離ではない。!!
歩け!歩け!!     
                  ③さんへ



 

| | コメント (0)

第41回 50キロ夜間歩行 ①

001第41回50キロ夜間歩行を完歩した。
まず最初に毎回どうやって行こうと
思案するので、来年は健康状態で
参加出来るか?らないが覚書を記す。

○上着は下着とセーターと雨具の
  上着かいつもの上着の3枚でよい。
○靴は今年ので良い。
○今年各ポイントでの通過タイムを

002  記しているので参考にする。
○寒さで手の感覚が麻痺して
 自由にならず困ったので、
 カイロを手首・足首
への貼り付けと
 ポケットへの4個で8個を家を出る時
 貼り付けておく事

003○ストックは筋肉痛を感じ始めたら
 早めに利用する。4本脚はヤッパリ
 楽だしリズムが良い。始めからが
 楽かも
○予備着は山行きの青いの
 1枚で良い。
○食料は少なめに飲み物は1本で
 良いが2本用意・三川駅で飲むオロナミンCと
 ツムラの芍薬甘草湯を持って行く。

 
○豚汁の容器は小カップ麺の容器をザックの外に
   ビニール袋でぶら提げて

今回ブログを書く前に過去三回の夜間歩行の自分の
記事を読んでみて、
まったくの普通の人が一念発起して
参加される時の良いガイダンスになるなぁ~と
思った。(手前味噌で恐縮ですが・・・)

今回は、まだ三~四回しか使ってないデジカメが故障して
想い出の絵が無いのが残念ですが・・・
001_2今年はなるべく先頭集団で出発
したいので、5時30分自宅を出て
6時過ぎに会場に到着したが、
入場はまだで7~80人の列である。
開場まで隣同士になった中年の女性と
夜間歩行談議をする。初参加で
使う筋肉が違うので少し不安と
話されたが、かなりのサイクリストで
一日で最長160kmとか
走った事があると聞いて“それなら
大丈夫でよ。”と太鼓判をおす。
彼女が参加者の多さと年配者の

002_2多さに感心していたのが心に残る。
去年は828名の参加者であったが、

今年は例年並みの667名である。
去年はリタイヤ・キャンセルが231名
である。今年は例年並みの
140~150人位だろう。苛酷さが判る。

だから完歩したら感動が得られる。
41回目ともなると、そんなにPRも
しないのに口コミと先輩方の
“良かった。”で初参加者が半数近く
集まり私の様にハマった数回の
参加者もいる。私は4回目だが
10回以上の猛者が二ケタおられる。
80代の参加者がいた時もある。

この行事の素晴らしい所は会費だけで、どこからも援助を
受ける事無く、、ボランティアによって運営されている。
今年も遠方からや外国人の参加者もあったそうである。
世話をしてくださる方々に感謝である。!!

いよいよスタート!!先頭集団で
難行・苦行の始まりだ。!!   ②へ

| | コメント (1)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »