« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

熊 山 (507.8m) 備前市を歩く。!!

011_2012_224日(土)備前市
和気町にある

“熊山”に登った。
所要で12月の忘年登山を欠席したので
約2ヵ月振りの山行きである。
6時15分に自宅を出発し、いつもの場所で
006_2落ち合い篠坂PA7時集合で出発する。

山陽IC→熊山登山口Pから9時頃登山開始する。
今日は507.8mだから少し楽だろうと
思いながら歩き始めるが、
最初から登りの山道はやっぱりきつい。

007今日は新しいウォーキングシューズに
慣れる為に登山靴ではない。
ほどなく
“油滝神社”へ到着し
参拝する。
009



010
登りの山道の中で10~20mの
平らな道になるとホッとする。
自分はウォーキングだとねばれるが、
登りの登山は苦手である。
夜間歩行でも最後の上下の
長い坂道はシンドイなぁ~

樹齢約1。000年の天然記念物の杉

013


熊山頂上には
展望台や遺跡があり
山上公園である。

少し曇っているし風で
寒かったので、
研修施設のある
休憩所で早めの
昼食を摂る。

015016

017

ピラミッドの様な鐘楼初めて見たが、近くにはこんな墳墓もあって、史跡・遺跡も多く歴史を感じる場所だった。  

018019021022

 

020
熊山神社を参拝し下山開始
熊山は登山コースが沢山あり途中、
林道を通って“屏風岩乗越”を

する予定であったが下山して

023024仰ぎ見る事に・・・
故障中のリーダー不在が痛い・・・

縦走なので下山個所から運転役は
リーダーの車で登山開始の駐車場へ・・
残りのメンバーは歩いて
備前焼の里伊部市内を散策しながら

025伊部駅へ向かう。

途中、門柱の表札に備前焼の焼き物で

表示されていたのを見た時、

さすが備前焼の里を感じた。!!

026器は今では100円ショップでも買えるが、
駅にある備前焼会館にある
備前焼の焼き物は結構な値段だった。
“本当に素晴らしい。!!”と
感じるのはもっと0が多いいんだろうなぁ~

この後帰途に着き17時30分頃帰宅する。

今日の歩数 21767歩  歩いた距離  14.9km
消費カロリー 548kcal  脂肪燃焼量   39g
いきいき歩数 11234歩 いきいき歩行時間 1H52M






| | コメント (0)

ミーチャン大往生する。!!

Dscn08651月24日前日から、
飲まず食べずになり
膠着状態が始まっていた

我家のアイドル“ミーチャン”
が亡くなった。

今は嫁いで家にいない末っ子が
小学2年か3年の時、近所で
産まれたのを引き取り飼い始めた。
以来、
21年位家族だった。

F1000047
人間の年齢に直すと
105歳前後らしい。
横さんの
人生の3/1弱を共にしたので、
いろいろ想い出がある。

田舎の我家で時々ネズミの
運動会の音が屋根裏から
聞こえていたがピタッと止まった。
若い時はネズミや屋外でむく鳥を
捕まえたら、手柄を見てくれと
鼻高々自慢げに見せに来ていた。

横さんは飼い始めて間が無い頃
悪い事をしていたので、“コラッー”と
追い掛けた。余程恐怖だったのか
以後、餌をやったり可愛がって
やろうとしても近ずかなかった。
その前まで玉取りの相手を
してやると喜んでいたのに・・・

027横さんが近くにいると、
腰つきと足は何時でも逃げれる
体制だった。

“可愛さ余って憎さ百倍”
“ミーチャン三味線の皮にするぞー”
と云った事もあった。

横さんも小学生の時ハトや金魚を

028飼ったりしたし、10年位前には
犬も飼っていて、そこそこ
ペット好きであるが、ミーチャンに
だけは嫌われて手こずった。

“下に恐ろしや猫の怨念”
三人の子供達はそれなりに
可愛がり、学生生活で家を空けて
いてもたまに帰省すると“ニャー”
と甘え声でなついていた。

心優しい息子には特になついていた様な気がする。
5年位前から弱って、ネズミもムクドリも取れなくなり
内臓も弱り最後は視力もなくなっていた。
部屋の中ばかりで飼っていたので、天気の良い日に
外に出してやったら土の臭いを嗅いで喜んでいた。

一番ネコ好きで可愛がった妻はおむつまでして
世話をしていた。 それでも身体が不調な時だったのか
手を引っ掻かれて傷をして怒っていた。
ヤッパリ畜生か・・・
今日で亡くなって3日め・・・
もう1年か2年位前から、ネコのまともな泣き声でない
イヤナ泣き声がしていたが、
静かで平穏な我家になり
ホッとすると同時に耳に焼きついた泣き声が
聞こえなくなった日常に少し寂しさも・・・
ネズミ退治と最後まで動物として自然な姿で天寿を
全うした姿を私に教えてくれた“ミーチャン”を
近場に埋葬し拝んだ。

私もこういう自然な姿で逝きたいが、

妻はミーチャンにした位世話してくれるじゃろうか・・・?

“妻宝極楽”と云う言葉が

         あるなぁ~

| | コメント (1)

府中市(広島)健脚大会へ。!!

01918日府中市健脚大会を歩いた。
昨年は列車から雪景色も見え
路面も凍結して寒い日だった。

0212回目の今回は
絶好のウォーキング
日和である。

6時45分に自宅を出て
途中山仲間の
Uさんを乗せて
府中市役所駐車場へ~
府中駅8時11分発の
福塩線で、
9時30分
スタート地点の、

005備後三川駅へ行く。
今日は山仲間が6人位参加である。

夜間歩行ではこの駅まで来たら
40km位の地点でホッとすると
同時に疲れも出てシンドイ
最後の脱落者が出る所である。
2週間後に何時頃着くだろう。?

004_5今日の参加者は184名である。
毎年この日曜日は催し物や
広島で男子駅伝があるので
思ったより参加者が少ない。
そんな中で横さんより少し
年配の女性で20回目の参加と
いう方がいて驚嘆する。
  

今年は去年夜間歩行で途中から 001_2

雨天になり、水溜りを歩いて水が
入った靴で冷え困った。
安物の運動靴を用意していたが、
気に入らないので
防水・防雪で滑り止めの効いた
良いのを買った。
靴の裏の切り込みが深いので
気に入って買った。
少し遅いが今日が穿き始めである。
早く馴染んでくれれば良いが・・・

002今日の目標は
○豚汁サービスのある中間地点の
久佐SGまでは本番の積りで
歩く事である。
○最近知った自分の理想の
歩幅 身長×0.45で歩く。
○靴に馴染む事である。

準備体操の後、9時30分
丁度に前の方からスタートする。
まずは八田原ダムを目指す。

 007_2
 ダムの辺りに来ると  006_2

先頭集団は早いのでもう見えず。
今日も参加しているTさんには
ダムの手前で追い越されてしまった。
Tさんの歩きを後ろから見るとそんなに自分と

 変わらないのにいつも速い。 008_2
よく見ると足の回転が速い。
自分は小さい時からおっとり
歩いていた気がする。
性格的なものかなぁ~

夢吊り橋を渡った頃、山仲間の
健脚Nさんにも追い越される。

009_2010_6Nさんもやっぱり 足の回転が速い。
後方からスタート
されたのだろう
“やっと追い付いた”と云って追い越し500mも歩いたら視界から消えてしまった。
後ろ姿をパチリ・・・速い!!



  011久佐SGでお接待の“豚汁”
汗と空きっ腹で大変美味しかった。
ここまでは去年よりタイムが速かったが
かなり汗を掻いてしまった。
昼食と30分の強制休憩をとって
再スタートしたが身体が冷えて
かなり疲れを感じる。
いつも安物の運動靴で
歩いている横さんには合わないのか

023_2高級靴でアッチコッチ
いつもは痛くならない
個所で筋肉痛がする。
無理して計算上の
自分の大きい歩幅で
歩いているのも
堪えている感じである。
妻と山仲間が追いつくのを
待つ為に二回ほど
休息を摂る。
ゴールタイムは
去年とまったく
同じであった。
今年は疲れと筋肉痛で
ぐったりである。

 018_3
  022_2

 

 参加賞 と 健脚証

今日の歩数  36514歩  歩いた距離 26.6km
消費カロリー 1067kcal  脂肪燃焼量  76g
いきいき歩数 33167歩  いきいき歩行時間 4H25M

後、10日ほどの本番!! 
気合い入れるけど持つじゃろか・・・×○△

| | コメント (0)

50km夜間歩行の申し込みに行く。!!

0011週間前まではま

数年は参加する気持で

いたが
今年が最後に

なるかも知れない

夜間歩行の申し込みに

行った。

002退職した翌年から

自分の毎年の

メーン行事である。!!

今年は日々の
ウォーキング
不足で苦しいだろう。

003どちらにしても一番寒い

この時期に真夜中の

夜道を一心不乱にひたすら歩くのだから

最後は精神力である。

どんな感動があるか・・・

 今年は元気でゴール出来たら良い。 006


 15日に今日17日
 004
封切の
「アゲイン」
を見たら、

高校野球時代の

物語で楽しく見たので、

少しご無沙汰の

“ほっとシネマ”の

005_2前売り券を買って

帰る事に・・・

1月も2月も

見たいと思った。

明日は備後三川駅から府中市内までの30kmを歩く。

夜間歩行に向けて最後の調整である。

去年は気合を入れて歩いたが、

今年は元気でゴールしたら良い。!!


| | コメント (0)

讃岐・伊予の日帰りバス旅へ!!

0068日の午前中に締め切って
ダメだろうと思っていた
日帰りバス旅が行ける事になった。
午後から薬切れでいつもの病院へ
行ったら忘れていた検査結果に
憂鬱になる。夜になって年寄りが
転んで痛打したらしく歩けない。heart04

031気分転換に行く事にしたが、
大きく事情が変わった。
でも年寄りも何とかなりそうなので

翌9日、讃岐・伊予の日帰り
バス旅に
行った。
行程は左記の通りである。

0017時40分に福山駅北口を出発し
しまなみ海道経由
で最初の
目的地
“今治タオル美術館
ICHIHIRO”
へ・・・・・
タオルの生産地とは知っていたが、
あのタオル一枚の積み重ねから
こんな立派な美術館・施設が

004作られている事にビックリする。
私が“ムーミンパパ”を見ている間
妻は三人の孫のネーム入りのハンカチを
探し求めていた。結構なお値段で・・・
品質は良さそうな感じだった。

次は昼食の“りんりんパークー”
最初の写真の見事な鯉が泳ぐ庭園があった

030鯛のしゃぶ鍋とじゃこ天・きびなごの酢物が
美味しかった。特にじゃこ天は美味い。
lovely
鯛めしも美味しく量的にも丁度良かった。
次は
“アサヒビール四国工場”だけど
昼食と順番が逆だったら良かったのに・・・
牙城だったキリンビールに追いつき追い越した

008だけの事はある最新鋭の綺麗な工場だった。
全国にある工場で二番目に小さい工場で
四国地方に出荷されているそうだが、

009石鎚山系からの名水で作られた
新鮮な味のビールはヤッパリ美味い。
竹鶴ハイボールもうまかぁ~

まさかうどん作りをするとは
夢にも思わなかった。!!

012011_2次に行った金比羅宮の表参道に
ある
“中野うどん学校”
“うどん作り”をした。私は普段
焼そば・焼うどん・ラーメンは
食べてもうどんはほとんど食べない。

022去年、山登りで行った帰りに
本場のうどんを食べた時、
しこしこ腰があって初めて、うどんが
美味しいと思って食べた。
小でなく大盛を注文するんだった。coldsweats02

グループの中で男性は二人近くに
いた私が足踏みする流れなので、

“臭い汚い足でスイマセン”と断って  

ビニール袋で包まれたうどん粉の塊をあしふみする。 021_3
麺棒で伸ばして切って作った
横さんうどんは帰って、

“調味料なしの野菜鍋”に入れて
食べても歯ごたえがあって
美味しかった。!!

奥さんが
“こんぴらさんの本宮”まで
登った事が無いので登りたいと

014云うので、集合時間を気にしながら
本宮までの785段を急いで登る。
本宮から“讃岐富士”を眺めて
一服し往復50分位だった。
今日のウォーキングに丁度良かった。


019_4 
“神馬”黒い馬の方は 018_3
G1レスを勝った馬か血筋と
書いてあった。
二頭ともさくら肉(馬肉)にならず

余生を神馬として送れて
幸せな馬運のある馬だなぁ~

前足で戸板を叩いて元気だった。

  020_2さすが海の航海安全の神様

巨大スクリューの奉納物が

展示されていた。

運転手さんの労働条件が悪い様なので
泊りがけのバス旅行は行くまいと思っているが、今回は日帰りだったので行ったが、
今日は初めて経験する事があった。うどん作りと
ビール工場を見学した後、一番後部座席の私の席に
座って隣の人と話し始めた時、
隣の人が
“私の後ろから煙が上がっている。!!”の声・・・
どうやら後ろのエンジンから上がっているらしい。

運転手さんも気が付いて部品を変えて
20分位試運転をして安全確認をする。
道中調子が悪かったら代替えバスで帰るとか・・・?
今日は遅くなったら困るなぁ~と心配したが、
帰りは瀬戸大橋経由で無事7時30分頃帰宅する。
この手のバス旅はあまり良くないが、今日のはまぁまぁ良かった。
こんな内容なら又行っても良いが、
お土産代だけは思わぬ沢山要った。

あの世にゃ持って行けぬ。使えるうちが華だ。!!heart04

020

 

| | コメント (1)

小学校時代の恩師を励ます同窓会!!

013_3元旦の3日我家の近くの
小学校時代の恩師を
励まそうと同窓会
開いた。

恩師は二人の子供も
若くして亡くされ、
昨年は長く人生を共に

015された奥さんを亡くされた。横さんは、お盆・
正月は多忙な仕事だったので同窓会とは
縁がなかった。
欠席ばかりなので
顰蹙もかった。
退職したので
さぁ~行くぞと思ったら、

012_4あまり開催されない。
今回の同窓会は
2009年1月3日に
開催されてから
6年振りである。
今回は前回不参加の人も多く来た。

 

014_3古里にあるホテルで
順番に近況報告である。

連れ合いを亡くしたり子供が頑張っている事や孫の数と話で盛り上がる。名簿によると
45人の仲間も5人が亡くなってしまった。

022_3

私は6年生の時転校して来たが、地元の人は
4年生から3年間
お世話になっているので
感慨もひとしおらしい。




026_2恩師が参加者に色紙をくださった。
退職してから、
自然の味で添加物のなるべくない物を食べる食生活をしている私には気に行った色紙である。
恩師は
“人生(人間)はオギャーと産まれて亡くなるまで初めて体験・経験をする毎日の初めてばかり”とも話された。私もそうだなと思った。
毎日、
日々新しい一日だと思うと、その日が来るまでにやりたい事をやっておきたいが
諸般の事情でなかなか出来ない。
“人生は思う様に行かないものだ。”

小学校時代の仲間は懐かしいし、心おきなく話せるので楽しい。
私はあまり覚えていなかったが、こんな私でも二人の
仲間に感謝された。
20代の前半頃、O君には当時私がしていた仕事の
資格・免許を習得するための内容・雰囲気を親切に
アドバイスしたらしい。
お陰で合格し今でも小遣い稼ぎに仕事をしているという。
仲の良かったK君には職替えを考えている時、
当時私が働いていた会社に入りたくて相談した時、
詳しく仕事内容・給料・福利厚生を話し、受験の時の
試験問題の程度や面接内容を説明したらしい。
彼の努力で無事合格し定年を過ぎても数年勤めたという。
訳があってその後転職した私より年金は多いい。
彼は退職して農業・野菜作りをしているので、
毎日キャベツの丸かじりをしている私は昔から産地だった
彼のキャベツをもらう事にする。

近所の恩師が年老いて一人の生活をされている姿を見ると、
自分の父親が一人で10数年生きた姿を想い出す。
“3~4ヵ月に1回位先生の所で話そう。参加出来る人は・・・”
音頭を執ったら10人位手が挙がったので世話をする事に・・・

幼馴染とこの年になって、いろいろ話せて
楽しい一日だった。!!

022_2

 

 

| | コメント (1)

横さんの師走から正月は・・・

024交代勤務で夜勤が多く、盆・正月は多忙で

023
仕事が主であった。
退職したら好きな駅伝をTV観戦し
正月は寝正月をするのが
楽しみであった。

12月21日にあった
“全国高校駅伝”
食事時に見る位で仕事が多かった。
今年も毎年恒例の“墓掃除・溝掃除”と
重なった。例年8時集合だが
7時過ぎには作業をしている人もいる。
ほどよい頃終えて、急いで溝掃除を
済ませ帰ってTVを見ると、丁度
女子駅伝がスタートする頃である。
地元
“世羅高校”の健闘に応援にも
力が入る。結果は10位だが
良くやった。
次の男子は強豪ひしめく中で、優勝候補だが3区までは“そら行け!!”
009_3
の声を上げながらの応援である。
4区以降は横綱相撲で安心して
見れた。久し振りの快挙で
地元は盛り上がっているだろう。

駅伝ファンの私も元気をもらった。
選手の不断の努力に拍手である。

競艇の賞金王・有馬記念と例年どうり
参加し惨敗である。最近は

002_3
ギャンブルをする事も無いので
感も悪い。
有馬記念で☎投票をした後
テレビ画面に写った馬を見て、
この馬だとひらめいたら
本当に勝った。!!
時すでに遅し・・・悔しい!!

去年、竹を切った為に
竹林がヒドイ状態に・・・
年明け3月から整理・清掃と思って
いたが間に合いそうにないので
12月から手入れに行く。
竹林の向こうの景色も見えないほど
繁っている。イノシシも入って
来れないほど地面を這う様に
繁っている。
今年は裏年でタケノコは不作だろうが、
年明けから暖かい日は竹林で汗を掻きそうである。


005元旦は
実業団駅伝である。
地元のJFEと中国電力の
応援に力が入る。
町内出身の
JFEの久保岡選手が二年位
レースに出ていないので
どうしたのかと思っていたら
故障していたという情報が・・・
今年は予選で走っていたので
本番も走れる事を期待する。
本番はアンカーである。
スタートして1区~サァ~と
思ったら何と1区不調で最下位である。
駅伝の恐い所である。それでもアンカーで元気にゴールする
男前の久保岡君が画面で見れたので楽しみである。

2~3日は
箱根駅伝で気持ちはわくわくである。
駅伝が済むまでは用事は何もしません。
退職したらこれをじっくり見るのが楽しみだったのだから・・・

休憩~病院と買い物です。

8日、病院へ行って“えっ~ショック”です。
思ってもいなかった検査結果が・・・
13日以降の予定はヤル気無し!!
18日の府中の三川ウォークと31日の50km夜間歩行は
歩きたいなぁ~いつも年寄りばかりの家庭に
大晦日~元旦に長女が泊りがけで来てくれて
1年生になった孫が元旦に“おじいちゃん、おめでとう。”
と部屋まで来て云ってくれたのを喜んだばかりなのに・・・

取りあえず最初の予定とは変わってしまった
2015年(平成27年)ひつじ年、書き始めの
“人生ギャンブルの世界”です。!!



| | コメント (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »