« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

弥山(宮島)をハイキング!!

03422日(土)の山楽会は、
厳島の
“弥山”だった。
今回は横さんの軽四ワゴンも
参加要請があり、車検を受けて
すぐだけど空気圧だけ一応点検する。
6時40分に自宅を出発し、
第一集合場所から

031小谷SAで参加者集合し一路宮島へ・・
曇りで霧が深い山陽道なので
今日は展望台からの
“瀬戸の多島美”
は見れそうにない。
無事駐車場へ到着し連絡船へ
乗船する。
時期も良いし人気がある宮島なので
すでに、観光客とハイカーで一杯である。初めて通る
“町屋通り”を歩いて

002紅葉谷公園へ・・・今日は“西尾根コース”である。
たくさんの観光客で少々疲れ気味のシカさんも
顔を見せてくれる。紅葉のモミジを耽美する。
でも今なら“仏通寺の紅葉”の方が良いな”と思って
近くで紅葉を写しているアマチュアカメラマンに
話し掛けたら、“三日前に行ったけどこっちの
方が良い。”こちらの趣がお気に入りの様だ。

004003037038




030

007原生林の中を目指すは頂上展望台・・・
今日は世界遺産の宮島なので、煙草の一服が出来ない。小谷SAで一服して数時間経ち
ニコチン切れで吸いたい事・・・

009頂上からボート場が見えた。競艇好きの横さんは乗船場から聞こえたエンジン音に山よりボート場の気持に・・・ 

  008_2

 011_2

昼前に到着し展望台で昼食を食べる。今日は子供達に
プレゼントされた“登山用ポット”を用意したのでカップ麺を
熱いお湯で美味しく食べれた。寒い山で暖かい物を
摂れると本当にホッとする。
下山するまで一服出来ない。
014 017
 016



  023

 

  027

  024_3


  028_2

  

  12時30分頃下山開始~あいにくの天候で
“瀬戸の多島美の箱庭”が霞みがかっていたのが残念!!
下山は途中から初めてのコースだったが、
原生林で日陰の中の石畳は滑りやすくて油断大敵だった。
疲れで足が上がらなくなったか、着地のタイミングが
悪いのか私も注意していたのに2回軽くすべった。
女性は誰もすべらなかったなぁ~

無事下山した所は水族館で、其処で解散して各車ごとに
自由行動で帰る事に・・・私のメンバーは初めてではないし
皆さん早く帰る事に・・・とりあえず
乗船場の喫煙場所で私が三服するのを待ってもらう。
“至福の一服のうまかったこと”
後は眠気覚ましのガムを噛みながら高速を
ノンストップで走る。帰宅は18時30分だった。

今日の歩数  25240歩  歩いた距離  15.3km
消費カロリー  541Kcal  脂肪燃焼量   38g
いきいき歩数 15409歩 いきいき歩行時間 2H30M



028


024_2

 020
  

 015_2

| | コメント (0)

福山城で気分転換の19日!!

002寒くなって外出するのが、
おっくうになっていたら、
用事が溜まってしまった。
意識して外の空気を吸わないと
確実に脳が退化する。
予約したら行かねばと思うので、
差し迫った車検を予約した。

”19日の9時でお願いします。”
9時30分頃行ったら出来あがりは
夕方との事・・・
まずは代車を借りていつもの病院へ
薬と二つの検査や血糖値を測る。
毎日歩いていないのでHbA1cが
高いと思っていたら

001寒くなって鍋で野菜ばかり
食べているのが良いのか
グゥーである。

昼頃病院を出て薬局へ行き
時々利用する無料駐車場へ行き
歩いて駅前へ行く。
腹が空いた所で
“自由軒”
カツ定食を食べる。ここは昔ながらの
味付けなので安心して美味しく食べれる。

003お腹が満足した所で某金融機関へ
今、
人のお金で大ギャンブルを
している人が予想どうり大失敗で
いよいよ少し日本破綻が近づいたので
100年は好景気が予想される
US$を金庫預金をする為に
手続きをする。
今、金融機関に定期預金を
している人は目減りしてどんどん
損をしています。破綻したら
預金封鎖になり、円は紙屑までとは
云いませんが、円の価値は三分の一
位になり、物価は三倍位になると
私は思っています。

  006_2もう減らす気もないし
返せる借金ではない。
禿鷹ファンドはボチボチ狙って
来ている。10年国債の金利が
そろそろ上がってくるのでは・・・
我々世代は苦しくなるのを我慢し
子供達は苦しい生活・・・
孫達は悲惨な時代ではと予想する
アナリストもいる。
額に汗してお金を稼いだ事のない人は
自分の我が儘で700億円もかけて
皆さん多忙な年末に総選挙を
するという。・・・何とお粗末な・・・

郵便局で振り込みを済ませ
福山城博物館で開催中の

  011_2よろいとかぶと
  -武将の美意識ー
を見て
ふくやま美術館
  
国宝 名物日向正宗
ー三井記念美術館と小松コレクションの名刀ー
を鑑賞する。
次に
県立歴史博物館の特別展

  012_2
尾張徳川家の名宝
ー優美なる茶と香の世界ー

をじっくり鑑賞する。
さすが徳川家それはもう
素晴らしい物ばかりだった。

外に出ると17時前である。
駐車場までウォーキングをし
自動車屋へ行ったら、
丁度出来上がりの清掃中で
前回より強制保険が高くなった
車検代を払って家路につく。

久し振りでアッチコッチ行って
忙しい一日だったけど
福山城の紅葉の綺麗なのが見れて気分は爽快だった。

今日は11.364歩歩いた。歩数以上に疲れた日だった。!!

012


011



006


| | コメント (1)

記念日もこう多くてはただの日に・・・?

013先日の11月11日NHKテレビで
日本記念日協会(こんな協会
があるとは知らなかった。)
認定の11月11日の記念日を
放送していた。

横さんが子供の頃は、記念日は
旗日で休日だったり、家族の記念日で
御馳走が食べれる日で楽しみだった。
先日の放送によると、
11月11日は
1年で最も記念日の多いい日で

00830個もあるそうである。

列記すると

○サムライの日 ○たくあんの日
○チンアナゴの日○十一の奈良漬の日
○スーツセレクトの日○まつげ美人の日

005○いい出会いの日○ジャツクポットの日
○豚饅の日 ○モールアートの日
○おかあちゃん同盟の日
○美しいまつ毛の日 
○ロールちゃんの日 ○立ち飲みの日 
○ アイドルドッグの日
○ネイルの日 ○おそろいの日
 ○ミュージカル「キャッツ」の日 006_2
○コピーライターの日 ○鏡の日
○介護の日 ○めんの日
○シュエリーデー ○磁気の日
○ポッキー&プリッツの日
○サッカーの日 ○きりたんぽの日
○おりがみの日 ○鮭の日
○長野県きのこの日 
 

以上30個である。

横さんは10年日記(手帳)で日々の出来事や覚えを
書いているが、家族の出来事や記念日をメモする便に
知りえた社会の記念日も記している。
人間生きていれば出来事や記念日が増えるのは
当り前だが、
社会通念上の記念日がいたずらに
増えるのは短絡過ぎるのではと思ってしまう。
記念日も皆に知られない記念日になるのでは・・?

横さんの手帳では11日は、介護の日・いい出会いの日・
コピーライターの日と協会に認知されていないのか、

世界平和記念日と電池の日である。
商業主義と活性化の為だが記念日も、知られていない
記念日だらけの11月11日になってしまった。

どうでもよいたわいのないブログ記事です。

 

| | コメント (0)

第7回秋の夢吊橋ウォーク2014へ!!

0379日(日)に“秋の夢吊橋ウォーク”
歩いた。前日は烏帽子岳を歩き
18時頃帰宅した。今日は8時30分頃
自宅を出発し会場の
“八田原ダム”
目指して愛車で走る。
今日は前日からの天気予報どうり

033雨・曇りで悪コンディションである。
子供や孫達総勢8人で申し込んでいたが、
妻と二人だけの参加である。
年明けの50km夜間歩行は悪天候でも開催される。

034今年は日々のウォーキングがなかなか出来ない
でいるが、
今日からのウォーキング大会参加は
夜間歩行への訓練の一環である。

036今日は久し振りでカッパを着て
雨対策をして15km歩く。
9時50分に到着し受付を済ませ
開会式の後、
10時30分
ダム湖1周コース(15km)で
スタートする。

今日の目標はタイムや順位は関係なく
10km位までハイペースで歩けるか

038持久力を確かめる事である。
順調に歩いていたが、
中間点辺りの八田原大橋を
過ぎた頃から何かシンドイ・・・

シマッタ ! 合羽を着て歩く時は
セーターを脱いで歩かないと
蒸せて汗をかくのを忘れていた。
暑い。!!
すでに汗で合羽の中の

041_2セーターもズボンも
汗ビッショリである。
かなりスタミナを奪われ
晴れ間に歩く時より
3倍位疲れている。
歩いている時も
気持ちが悪いが
動きを止めたらかなり
身体が冷えるだろう。
転倒して痛めた首と
顔面の擦り傷も痛い。
首痛は少し気になる。
 

039_3そうでなくても先日受けた

“脳ドック”で第5頸椎がくたびれて
いるので注意してくださいと
指摘されている。

途中から10時45分スタートの
10kmと11時スタートの5.5kmの
家族ずれと出会う。小ぶりの雨で

040子供達も元気に歩いている。
前抱っこで幼子を抱いて
歩いているお母さんもいる。
楽しそうである。
元気をもらって、中間点にある

“諸毛のごんぼう汁”のお接待まで
ねばって歩く。ごんぼう汁は大変
美味しいのでお代りをもらった。

040_2汗を搔いて水分を欲しがる
五臓六腑に沁み渡り元気が出る。
本当にうまい美味しい。
heart04
一服して腹一杯になったら、
少し疲れを感じたが、ここからは
少しペースダウンして景色を
楽しみながら歩く事に・・・

“夢吊橋”を行き帰り渡って

ひと踏ん張りでゴールだ。   042_2
貯水量も98%でダムから放水
しているのを初めてみた。
またゴール近くのダムの
上流まで水があっていい眺めだ。
衣服は汗で気持ち悪い中無事ゴール

参加賞を貰い、お楽しみ抽選を                 044
引いたら、何と二人とも4等で
世羅産の高級卵と卵御飯掛け醤油・
固形の何とか味噌で、昨日
“卵掛けご飯”をしたら超美味しかった。

会場の産直市で仕入れた昼食を食べながら、
数人の人に
“因島ウォーキング”と“夜間歩行”に
参加しましょうと誘う。

兎に角気持ち悪くて身体も冷えて温泉に入りたい。
近場の帰る途中に
“せら温泉”がある。
参加賞の中に800円の入浴料が
500円になる割引券もある。
ナビを頼りにせら温泉へ・・・
到着した時は汗で冷えて寒い事寒いこと・・・

急いで温泉に入った時の気持ち良さは最高だった。!!
温もって見渡すと“生薬風呂”“レモン風呂”
“普通のサウナ”“塩サウナ”がある。
初めて見る生薬風呂は顔や腕の擦り傷に
塩サウナは首に効き目があるのではと長めに入る。

自宅に18時前には帰ったが、
久し振りで気持ち良く眠れて、

何と!!首痛もだいぶ良くなっていて助かった。
一日置いて再度入浴しに行ったらかなり楽になった。lovely
1時間位かかるが又行きたい。

今日の歩数  23980歩 歩いた距離  17.8km
消費カロリー   722Kcal 脂肪燃焼量    51g
いきいき歩数 20666歩 いきいき歩行時間 2H40M

 

| | コメント (0)

烏帽子岳(周南市)をハイキング!!

003曇り空で夕方から雨の予報の
8日(土)に周南市にある

“烏帽子岳”(696.6m)を歩いた。
前日、いつもどうり準備完了して明日は山と

001思っていたら、薄暗くなった夕方6時ごろ
玄関の石の所で転倒してしまった。
(不揃いの段差でつまずいたか、足が上がらなく
なったか・・?こんな事は無かったのに、確実に・・)

004痛いの何の・・・その場で転倒したまま唸った。
唇と唇の上は擦り傷で出血右足膝の下や
左手首の辺りも出血している。
それ以上に転んだ時の衝撃で首が痛い。

008“明日は行けるじゃろうか”!!
普通なら欠席であるが、もう配車の
予定もされているだろうから、
朝起きた時の具合で決める事に・・・
翌朝、首(頸椎)が痛いが、リハビリ
がてら参加する事に・・・
6時10分自宅を出発し、9時20分頃

正蓮寺砂防烏帽子公園Pへ到着する。

00530~40分も 006

歩いたら、

どれかなと

探した

“ニワトリ石”

010 011
  009

山道も整備されていて低い山なので、丁度良い頃
大将軍へ到着し、曇り空で霞む大島や室津半島を想像する。

01310分位で烏帽子岳  014_2

到着し、寒い風を受けないので

早めの昼食を摂る。

温泉の予定もあるし、雨の心配もあるので昼前には下山開始・・・

017019020

022下山場所の“上魚切登山口”を目指す。
下山場所から少し歩いた所に

「八代のツルおよびその渡来地」と
“野鶴監視所”
があるそうで歩いて行く。
横さんが20代の時、職場の訓練で
二週間ほど寝起きを共にした時、
うるさいほど慕ってくれ、その後お互い

025結婚式にも呼び合ったA君がこの地の
出身で、八代のツルの事を話していたのを
思いだした。彼は出世コースを単身赴任を
しながら頑張って私が退職する少し前に
管理者となって近くに赴任して来た。
“近い内に一杯やろう。”と云って、少し経った頃
朝、ベッドの中で突然死した姿で発見された。
管理者になるまで苦労したのであろう、明るさも性格も変わってしまっていたが、55~6歳でのこの世での別れになるとは思わなかった。
30代の頃“思いっきり出世しろよ。!!”と云ったらしんどそうだったなぁ~

023  024

027

  027_2

026  048

028_2


写真のナベズルは標本とパンフですが、双眼鏡で畑の遠くに見えた。
ツルの為に地域の人達が草刈りをし、畑の管理を良くされているのには感心した。近頃の農村では見かけない風景がここにはあった。bleah

 031_2


 029_2

今日登った烏帽子岳を背に♨三丘温泉やすらぎの里♨へ行く。
さっぱりして帰途に着く。今日の参加者は8名で少なかった。この時期皆さん忙しい。!!
明日は雨天確実の
“秋の夢吊橋(八田原)ウォーク”である。
首が痛いがもつかなぁ~

今日の歩数  17893歩  歩いた距離  11.1km
消費カロリー  422kcal  脂肪燃焼量   30g
いきいき歩数  13233歩 いきいき歩行時間 2H13M

 

 

 

 

| | コメント (0)

試写会“トワイライト ささらさや”へ!!

002昨日、明日(8日)公開の
“トワイライト ささらさや”
を観に行った。
突然の交通事故で夫を亡くし
若い身空で一粒種の赤ん坊を
一人で育てる決心をしていく
ファンタジードラマである。
亡くなった夫がこの世に実在する
いろんな人に乗り移り
妻と会話し励ます。
あるようで現実にはありえない
異次元の物語である。
こういう視点・発想で小説を
書く人もいるんだと思った。

新垣 結衣 さんと 大泉 洋 さんの夫婦役も良かったし、
波乃 久里子・藤田弓子・富司純子・小松政夫さん達の
芸達者が脇を固めて、悲しい物語なのに114分の上映時間の間
ほのぼのとした気持ちでほほ笑みながら見終えた。

映画の中の赤ん坊と孫の顔がオーバーラップして楽しくみれた。
また、
ロケ地の雰囲気がいいなぁ~
何処だろうと思っていたら、秩父市だった。

この物語の様な事があるのなら、
両親いや母親とその後の
よもやま話をしたいと想いながら
帰途の愛車を走らせた。!!

| | コメント (0)

秋の帝釈峡ウォーキングin神石高原へ!!

006_2今年も80名の参加
希望の中からの50名の
抽選に選ばれて、
3日に参加した。
7時に自宅を出発し
途中で山仲間のKさんを
乗せて一路

帝釈峡スコラ高原
コスモドーム
を目指す。
大名行列で走ることなく
順調に走り、予定どうり
8時40分到着する。
参加費1.000円を
払って受付をし
開会の後マイクロバスで
上帝釈の
帝釈天永明寺
前の駐車場から

9時30分約6.2kmの
ウォーキングを
スタート
する。

047048051

049道中の山景色は少し紅葉していたが、
帝釈峡は散っていた。

紅葉は真っ赤で綺麗だった。
雄橋辺りにもアマチュアカメラマンは
一人二人で見頃の時期は過ぎていた。

鬼の唐門から雄橋・断魚渓へと
ガイドさんの説明を聞きながら
気に入った所を写して歩く。

056058

054  057

 

060

064  066

068

067_2

途中でトイレがあるが、
もう3~4年も前から使用中止である。
帝釈峡という素晴らしい観光地なのに残念である。
断魚渓を下った後は急傾斜や
足元が悪い個所を少し歩いて、
次はこれが主な目的である野菜畑での収穫である。

        またまた休憩

2年8ヵ月前に逝ってしまった保育園からの幼馴染の仏前でお経を唱えたくなって伺うがお留守・・・
帰って、栗の種植えと剪定を開始する。
まずは気になっていた“カイズカ”の高さを歳相応の
高さに切る。(揃えるのが難しい。!!)

069ゴールまで1km位の所にある有機農法の畑がやがて視界に見えて来た。
土は少し黒く肥沃な良い土だとすぐ判る。
自分のニンニクもこんな土で
育てたら立派なニンニクが収穫出来るのではと思う。

50名の参加者の多くの人が、ここの有機野菜が食べたくて参加している。

  070

今日は何を収穫出来る・・・?

 002

この紙バッグ一杯まで持ち帰れる。

なるべく沢山持ち帰られ

るように作戦を考えて、
目当ての野菜へ
レッツ・ゴー

 001_2

妻と二人で収穫した有機農法で育てられた有機野菜のかずかず・・

白菜・大根・株大根・ごぼう・ニンジン・ピーマン・里芋

白菜・大根もずしりと重い。

鍋で食べたら美味しかったこと・・!!

 昨年はゴールまで持ち帰るのが 071_2
大変しんどかったが、今年は
軽トラで運んでくださったので(拍手)
楽々ゴールへheart03
コスモドームで開催されている
ふれあい神石まつりの会場で
昼食(お好み焼き・地鶏の串焼き)
を頂き、会場で
健康チェックを受けたら、血管年齢は実年齢より4歳若かったが、
呼吸機能検査では+2歳だった。奥さんは予想外に実年齢よりかなり若い結果である。・・・・・子孫繁栄の為か?女性は強い・・・!!

帰途に着く前に近くにある
“帝釈の湯”でゆっくり気分転換をして家路に着く。帰宅17時15分・・・・・来年も抽選に当たると良いが、
3年連続は無理かなぁ~

今日の歩数  15299歩  歩いた距離  9.9km
消費カロリー  346kcal  脂肪燃焼量  24g
いきいき歩数  8962歩 いきいき歩行時間 1H19M

| | コメント (0)

稚児行列

009連休の2日に我家の
檀那寺の住職継職をお祝いして

“稚児行列”があった。
孫の虹心ちゃんも歩きたいと
云うので皆で参加した。
爺さんは写真係である。

012滅多にある事では無いが、
年寄りは昔あった事や
山仲間の女性達も
私も子供の頃出たと話している。
良い想い出らしい。

着飾っているのが、嬉しいのか
朝早くから起こされて
かけつけた虹心ちゃんも
愚図らず機嫌良く歩いていた。
爺さんは一生懸命
シャッターチャンスを逃すまいと
忙しい事だった。

96人の稚児行列のなかで
障害物のない状態で
孫の稚児姿だけを写すのは

 至難の業だ。 040_3
最近ではお寺に
今日みたいに
たくさんの人が
参集する事は
あまりない。

何十年も会って無い
方や、知り合いに
会えて、


よもやま話に花が咲いた
一日だった。!!



040_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »