« 屋久島・宮之浦岳と縄文杉4日間④ | トップページ | で国民宿舎 “仙酔島”の潮風呂はグゥ~!! »

今年の“筍シーズン”は疲れた。怪我をしてダウン!!

0013月中旬からのニンニク畑の草取りから動きだし、
下旬にゴッソリ竹を切られ、切りっ放しで荒れ放題の
竹林の整理・掃除に取り掛かる。

隣の畑まで荒らしているので腹は立つけど”エンヤコリャ”である。

001_24月18日迄かかって
やっと切られぱなしの
竹を片づける。

写真の様にほとんど
竹は無し。

地下を根が張り巡っているので筍はよく生えるだろう。

今年は豊作年だし切った年はよく生える。
しかし、種に残す様な大きいタケノコは生えない気がする。焼却処分する竹も
音を出さない様にする為の穴あけが間に合わないので

002 御覧の様に積んで残す。 003
15日に筍の初掘りをするが疲れで掘る元気なし。
毎年楽しみに待っている筍好きの顔が浮かぶので掘る事に・・・
我が家の筍は品が悪く物に成るのは少ないし
良いと思うのは種に残すのでサッパリである。

管理を任されている隣の竹林は良いのが豊作である。

001_34月15日から5月15日迄
応援に来てもらったりして
タケノコ掘りを終える。

私の心配は無用で
大豊作の年であった。

我が家の畑にもボチボチ種にならない様な
小さいのが生えだす。

5月に入って、山登りに行きながら、ニンニクのとう摘みと
草取りに追われ腰痛になる。

002_22週間ほど竹林を留守にして、
宮之浦岳から帰って行くと
たくさん生えて大きく竹に成っている。

毎年の事だが生える筍や竹を
ちょん切って歩いたり草刈りや
竹林の整理が大変である。
タケノコ掘りよりシンドイ作業である。

以後作業に精出していたら、

001_43日に竹の様に大きくなった今年の竹を切っていたら、私の左足の親指から中指の関節の上にストーンと落ちてしまった。一瞬経験のない様な痛さと痺れでその場にうずくまってしまった。痛いのなんの脂汗である。5分間ぐらいして痺れが少し楽になったので指を動かしてみたら動いた。良かった骨折はしていない。帰宅して長靴を脱ぐと出血し腫れあがっている。
その夜は冷やして床に着くが疼いて眠れず朝まで悶々とする。
そうしていたら妻が
“近所の恩師の奥さんが亡くなられたと聞きつける。”ビックリである。私が痛さに耐えていた時浄土へ旅立たれていたとは・・・
  
002_3

4日~葬儀の打ち合わせ

5日~お通夜

6日~葬儀

4日に腫れが引かなかったら無理かなと思っていたが、
恩師の“頼むぞ、出て来てくれ”に
“はい”の心境に・・・翌朝だいぶ腫れも引き皮靴も履けたので
片足引きずりながら目立たぬように無事お通夜・葬儀と努める。

晴耕雨読でノンビリ野良仕事と思って始めたけれど
だんだん熱心になり重荷に成り始めた今年の素人百姓である。

今年は出足がしんどかったので毎日疲れる3~6月だった。

いつまで竹林の守が出来るかなぁ~と初めて思った年だった。

足が良くならないともう少し残っている作業が出来ないなぁ~














|

« 屋久島・宮之浦岳と縄文杉4日間④ | トップページ | で国民宿舎 “仙酔島”の潮風呂はグゥ~!! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 屋久島・宮之浦岳と縄文杉4日間④ | トップページ | で国民宿舎 “仙酔島”の潮風呂はグゥ~!! »