« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

屋久島・宮之浦岳と縄文杉4日間③

007_3今日も昨日と同じ様に
睡眠時間は通算で4~5時間で悶々とした夜を過ごし糞ずまりである。
今日も歩行時間は約9時間で今日は距離が昨日より長い。
4時50分に宮之浦をバスで

056出発し荒川登山口へ・・・6時登山開始

058059057今日はトロッコのレール道を片道8km歩く。ウォーキングは少々自信があるので縄文杉までは持ちそう。問題は下り道である。

060 063
 064
 066
  062_2

067小杉谷休憩舎までレール道をひたすら歩き今日も朝・昼宿の弁当でここで朝飯のおにぎりを食べる。7時15分に到着し30分頃には歩き始める。  068_2



        

075_2 071_3
 
069_3

 072_2

077078081


083 084

085

三大杉・ウイルソン杉(帰りに鑑賞)・大王杉・夫婦杉を見て
今日のハイライト“縄文杉”へ到着する。

086  092

ガイドさんに縄文杉の様な大木は意識して残したのか偶然残ったのか・・・?質問したら、素直に成長し強い杉でないと切りだし難いし強くないので切らなかったそうだ。曲がりくねった弱い木は商品にならないし切りだし難いので残したそうで、“私の人生も曲がりくねった階段人生だったので案外長寿かも・・・
道一筋の素直な人生ではなかったなぁ~”

それにしてもよくぞここまで残ったものだ。素晴らしい。!!
縄文杉も古代の時代が恋しいのではと思ってしまった。
  
089

しばらく鑑賞して下山へ・・・
帰りに鑑賞する
“ウイルソン株”を目指す。
今日は左膝の痛みもなく順調である。

093098

096094

101100

097ウイルソン株をゆっくり見学し下山のペースも上がる。


  103
翁杉を見てしばらく下山し残り8kmのレール道をハイピッチで歩く。予定時間より早く荒川登山口へ帰り、バスで宿まで帰る。
一服する間もなく近くの温泉へ誘われたので急いで行く。

108 106
 
1075~6人も入ったら一杯になりそうな小さな温泉だけど歩いた後の筋肉痛と疲れに良い楠川温泉だった。

109今日も夕食時から一杯やりながら
部屋に帰って最後の夜を
山の話や世間話で楽しく
飲むツァー仲間だった。
明日は天候が崩れそうだけど

何とか昼までもってくれたらと祈りながら眠りにつく。
明日も目覚めは早いだろう。

健康状態・体調は悪い。明日は自宅で風呂に入り
熟睡するだろう。
ウォーキングと登山で初心に返り自分に合った
楽しみ方をしようと感じた今回だった。 
 ④へ

























| | コメント (0)

屋久島・宮之浦岳と縄文杉4日間②

009昨夜三人部屋なので
広島組の一人が我々
福山組と同室になった。
話をしていたら私の両親が
大変懇意にしていた人と
親戚で奥さんの弟さんとは一緒に仕事をした事もある事が解って
偶然の導きに人生の不思議を感じる。!!

007この登山で私は枕とベッドが変わったら
眠れないのと便秘になりやすいという
二つの健康不安を持っていた。

昨夜は通算で4~5時間眠ったが
2時間位で目覚め眠れぬ悶々とした
辛い時間を過ごす。(現役の時を想い出す。)それに便秘である。

今日の歩行時間は約9時間である。
4時30分に起床しバスで、宮之浦~
淀川登山口へ移動し6時30分登山開始する。

いつもと違う原始林の風景を楽しみながら

008009_2010011012途中1時間位歩いた所で朝食のおにぎり弁当を食べる。
013014015017_3019


020
021


花之江河を8時45分に通過する。

022023024026027029




さぁ~昼食を済ませ頂上目指して後ひと踏ん張り
さすが世界遺産!!登山道は整備されていて歩きやすかった。!!

035_3 032


 031_2



 

033快晴の天候で頂上からの眺望は絶景だった。!!
ガイドさんの計らいで頂上から種子島で12時05分に予定通り打ち上げられるロケット発射を見る事に・・・
予定外の行事は一生涯の想い出になった。打ち上げ後2~3分後に発射の爆音が聞こえて迫力を感じた。!!

041


042




打ち上げの感動の余韻を話し合いながら下山開始する。

 046
 053
 048
 050
  052




 049
 047_2
 051_2
 054


 





   

  055_2

















来た道をピストン下山するが、最近下山しだしたら左膝に痛みが出だしたが、今日も痛みが出る。
フォームと歩き方が悪い様な気がしている。
いつもは勾配が緩くなったら痛みが無くなる時もあるが今日はペースも早いので痛みを感じながら歩く。

明日は大丈夫だろうかと思いながら途中常備薬のツムラの68を飲んだら痛みを感ぜず宿まで帰る。
これなら明日も歩ける。!!



今日も夕食時とその後のノミニケーションで盛り上がる。
5年振り位で飲むビールの美味しい事・・・
ドクターストップで蒸留酒しか飲まなくなったが

やっぱり“ビール”がうまい。!!
久し振りで五臓六腑に沁み込んだ。

今日は眠られるとよいが・・・
明日も快晴の天候を期待して床につく。・・・
③へ











| | コメント (0)

屋久島・宮之浦岳と縄文杉4日間①

004自分の遺伝子に南方系の遺伝子が
入っているのか何故だか、
若い時から行った南の島は
“与論島・徳之島・奄美大島・沖縄”と
すぐ頭に浮かぶ。
今回、屋久島ツァーに参加する事に・・・

動機は、はるか彼方に見える海上から
の地平線の景色をもう一度見たい。

005_2日頃から大樹に驚嘆と
尊敬の念を抱いているので
古代から生き残った“縄文杉”の姿と訳を知りたかったからだ。

0018時23分福山駅から
“さくら545号”に乗り
11時33分には鹿児島中央駅に到着・・・初乗りだが早い。

鹿児島港に移動すると
今日も桜島は噴煙と
火山灰を上げていた。
13時30分ごろ高速船
“ロケット号”で宮之浦港へ
鹿児島港でチケットを買う為の長蛇の列と沢山の待合客がいた。

001_2どうやら種子島宇宙センターから
24日午後0時5分に打ち上げられる
陸域観測技術衛星「だいち2号」を
載せたH2Aロケット24号機の
打ち上げを見に種子島へ行く人達だ。
374億円を懸けた打ち上げショウだ。
明日、宮之浦岳登山中に見れたら良いが・・

00315時25分頃宮之浦港に到着し、バスで移動する。
4日間お世話になる
ペンション

005_3“シーフォレスト”
今日は移動だけで
明日5時出発の
宮之浦岳(1935m)
登山に備えるだけである。
宿の夕食を食べた後は
3人部屋の仲間と
ほどよく一杯やって
眠りにつく。

“無事元気に登山し
帰って来れます様に”

 ②へ


















| | コメント (1)

宝仏山(1.002m)で大山を眺望!!

01117日に宝仏山へ登った。
いつもどうり6時45分に集合し
7時に全体集合場所の
山陽道篠坂PAへ
米子自動車道江府IC~日野町役場Pへ

9時30分に到着し45分に登山開始

007根雨登山口から入ってすぐの
資料館に
“坊主石”があった。
今日は歩行距離は適当にあり
標高600mすぎ位から急勾配らしい。
天候は良いし頂上からの

“ 大 山 ” の展望が素晴らしいと
聞いて楽しみに歩く。
10時45分小平に到着する。

  008
009
駐車した里の景色が木々の
間から見えた。
“大平”に11時20分に到着
この辺りの木々の深緑が綺麗だ。

昔はこの辺りでも畑作をしていたとか

 018
 015_2

01212時35分800m位からの急勾配はきつかったが
無事頂上に到着する。到着してすぐ

視野に見えた残雪残る大山の眺望が素晴らしい。
しばらく眺める。疲れはどこかへ・・・

山の景色をおかずに昼食を摂る。

013 017
 020

 

         キツツキが上手に丸い穴を開けていた。

 13時20分来た道を下山開始 016
順調に下山するが、急勾配なので
そのうち膝に痛みを感じだす。
左膝が痛いので横歩きで歩く。

  022
麓の近くで自然に

自生したコンニャクの木

を見つける。

3時30分頃下山し025_2
今日は早いので
近くの
新見千屋温泉
“いぶきの里”へ

源泉100%の
すべすべ温泉で
ジェツト気流の出る
湯船は今日の疲れと
最近の腰痛が軽減
されて助かった。


024温泉の目の前にはスキー場もあった。
今日はジャージ牛乳と
ソフトクリームが美味しかった。

4時55分に温泉を出発し
7時30分頃帰宅する。
サァー次は23日~26日の

屋久島・宮之浦岳だ。!!

スコールに打たれて雨の中を歩いてくるか。・・・

今日の歩数   25.333歩  歩いた距離  15.8km
消費カロリー    601kcal  脂肪燃焼量   42g
いきいき歩数  18.743歩  いきいき歩行時間  3H9M




| | コメント (0)

久し振りで“若鯉カープ”2軍線へ。!!

016_2由宇球場が出来るまでは006_2横さんの地元“
みろくの里”で
ウエスタンリーグや
秋季キャンプ等が行われていた。
息子がまだ小さかったが
カープファンと野球好きにする為に
よく行った。家から車で5分である。

いろんな想い出・エピソード
がある。

  011
イチロー選手も新人の時一年間来た。
スコアボードは鈴木一朗で表示されていた。

一軍にない二軍戦を身近に観戦出来る
楽しみを知った。
少し遠いいが三原であるというので、
栗原・岩本・天谷・土生・ロサリオ・今村・野村・福井・江草・倉選手達が
気になって練習も見ようと少し早めに出かけた。
球場近くになって大渋滞で動かない。
後で判った事だが、三原市が関係して開催されているので、
不手際と開催能力の無さは多くのファンに怒りとストレスを与えた。
渋滞の中歩いて行く人に尋ねると、すでに球場駐車場は満車で
入場券は完売だという。臨時駐車場を聞いて急いでUターンし
30分歩いて球場へ・・・係員に立ち見でいいのでお金を払うので
入れてくれと云っても融通がきかず。
たくさんのファンが外野フェンス越しに観戦している。
完売だというのになかはかなりの空席が・・・・
町内会などが買って配っているので行かない人も多いい。
役人仕事の不手際と責任逃れの運営に阿呆臭くなって
フェンスを飛び越えレフト外野席へ・・・・・

座った途端にロサリオ選手のバックスクリーン直撃の豪快な
スリーランHRである。センター外野手は動く事もなく見上げる
HRである。
一番気になる栗原選手は中日の二軍クラスの
投手でもパッとせず。だいぶ暖かくなったので
ソロソロ調子が上向くのを期待したい。

カープの選手は一軍クラスが多いい。
岩本・天谷・土生選手も早く一軍で活躍する勇士を見たい。
カープの楽勝と思われた試合も抑えで出て来た
今村投手が打たれて引き分けでゲームセット!!
まだまだ調子が上がらず・・・
まだ若い今村投手
後半戦になって君の大車輪の活躍が必要な時が
来るのでその時は本調子で頑張って欲しい。

実力の世界といっても、所詮は人と人の世界
実力があればどんな状態でも成り上がるのだろうが、
野村監督の不思議采配で二軍にいるのがもったいない様な
選手の多いい事・・・
周りの6~7人のカープファンと
カープ談議をしたが、首位にいるのはよいが
野村采配は面白くないし燃え上がらないという
ファンの多いい事・・・みんな交流戦をどう戦い終わるか
疑心暗回である。
あまりに今まで順調すぎる。
1998年に前半で2桁貯金しながら、後半大失速して
結局借金15の5位だった苦い悪夢がある。
野村采配に?を感じながら頭をひねる事が多いい
横さんである。良い勝負の流れを潰さねばよいが・・・
6月19日と8月にマツダスタジアムへ応援に
行った時も盛り上がっていれば良いが・・・!!

 

| | コメント (0)

アレックス・カー講演会へ行く。!!

001Alex Kerr (東洋文化研究者)の
ー美しき日本の残像を求めてー

題した講演会を聞きに行った。
チラシの後援欄を見ると、
小さな字で知りあいがやっている

NPO法人ぬまくま民家を大切にする会
も掲載されている。
古民家や古いものが好きな横さんも
だいぶ前、我が家の古い百姓家の蔵が
見るに堪えられなくなり、そろそろ
解体屋でも頼んで壊そうと探していた時
倉敷・児島の方の業者が、
先日登った西赤石山に登る途中で
見た別子銅山後の石垣と同じ様な
石と作りの石垣を見て(沼隈郡誌に掲載)偶然営業に来た。

長年経過して石垣の中の土砂も流れ  006
補修の必要性を感じていたので
経費的にも納得したのでお願いする
話をしていたら、蔵を見て古い蔵なので
是非直さしてくれと云う。
いやもうこの有り様なので、
今日明日にでも解体屋にお願いして
私の遊び部屋でも作ろうと思っている。
と云うと、是非我が社が補修した
倉敷方面の蔵を見てくれとその場で
見学に行く事に・・・

005我が家と同じ様に悲惨だったという
蔵が外観だけは立派になっている。

瓦と丸瓦と蔵の引き戸を残した方が
良いという言葉と見積もりを聞いて
蔵を残す事に・・・

その後もガラクタを入れる蔵として
利用しているが外見は良いが
やっぱり中は湿気にやられて床が
腐りかけている。
100年は経過して
いるので150年を目指したが無理かな・・・

民家を大切にする会の人も見学にきたなぁ~

前置きが長くなったが、アレックス・カーという人が若い時から
日本の美しかった美を求めて歩き住み着き日本人が
無くしていくなか古民家の修築保全と再生で活躍している。
素晴らしい。有難い。仕事でされていても日本人が
出来なかったのだから有能である。

徳島・祖谷での古民家再生から、京都の町屋再生事業・
コンサルティング事業、長崎県北松浦郡小値賀町
京都府亀岡市・徳島県三好市・奈良県十津川村での
古民家修復を中心としたまち作りのコンサルティング
外国人観光客の誘致や各地域での古民家再生・
コンサルティング活動等をスライドを使って
1H45M講演された。
日本人以上に日本の美を愛し
古民家を現代人の生活にマッチさせ活用しながら
保存される話は素晴らしかった。
久し振りで聞く楽しい講演であった。
(連日の疲れで前半少し瞼が握手したのが残念だった。!!)




| | コメント (0)

西赤石山~東赤石山を縦走する。!!②

035036麓の辺りは満開だ。
寝起きの栄養ドリンクの効き目か

陽の当たる前の静寂の登山道を
快調に気持ち良く登る。

視界が広がるにつれて周りの山が

037_2039 040
  038



043 046
 044
  

041

西赤石山頂上近くになると皆さん“山一面のアケボノツツジの満開”
を期待して九州・近畿・中四国の登山者と出会う。

物住頭~前赤石~石室越~八巻山経由で東赤石山を目指す。
 
048


049 050
  047

 052
  051
 054
 053
  055

 057
 059
 056

アケボノツツジは四分咲き位で残念!!
一面真っ赤に咲き誇った景色が見たかった。
眼下に赤石山荘を見ながら岩肌むき出しの
岩山を登ったり下ったり歩く。

 061
 062
  060



 

 063
066  065

東赤石山頂上で昼食の“おむすび弁当”を摂り
360度大パノラマの山の景色を楽しむ。!!
シンドイ目をして登りしばしの間楽しめる
山の醍醐味である。
30年ぐらい前に登った事がある“石鎚山”も見えた。
4~5日前迄今回は二日目は雨天と思っていたが
下山は筏津目指して一目散に歩いたが、
“山高ければ谷深し”岩肌むきでた山道を跳ぶように
降りたがなかなか谷底や里が見えず。4時頃には
下山して温泉で疲れをとる予定であったが、
かなり遅れたのですぐ帰途につく。
自宅に着いたのは20時30分頃であった。
連日の百姓仕事で腰痛のなか参加したが、下山中は
痛さと疲労でシャキッとしないふらつく腰つきであった。

良い天気に恵まれて良かった。・・・晴れ男?
ヤッパリ山は快晴の晴れが良い。

23日~26日に“屋久島・宮之浦岳”へ登る訓練で
参加した今回の山行きだったが、帰った時は
普段より元気だったのに翌日は家族の喉風邪に
感染したり腰痛の疲れがドッとでてしまった。
若い時の様な回復力はない。宮之浦岳大丈夫だろうか。・・・

          5月9日         10日

歩数       15903歩      32146歩
歩いた距離     9.4km       18.1km
消費カロリー   347kcal       650kcal
脂肪燃焼量      24g          46g
いきいき歩数  10175歩      17063歩
いきいき歩行時間  1H51M       3H14M

たった一泊の山小屋生活を体験したら、早寝早起きに
なって夜は早く眠くなってしまった。・・・×○×●○○?

| | コメント (0)

西赤石山~東赤石山を縦走する。!!①

0013月末頃から竹の切りっ放しの
整理と除草剤使わず無農薬の
ニンニク畑の草取り、そのうち
タケノコ掘りと農作業に追われて
ブログを書く間もない忙しさと疲れる
毎日の中、9日~10日に
西赤石山~東赤石山縦走をした。

002_4今回は山小屋へ一泊の山行きである。
日帰りの里山登り位で良いと
始めた山登りだが、ここまで
やるように成るとは・・・・・
自分でもビックリである。

連日の農作業の疲れから腰痛が

気になるし、初めての山小屋泊まりで 006_2
眠られるか不安である。
7時30分に集合し、しまなみ海道経由
日浦登山口駐車場へ到着
昼食を摂って13時頃登山開始
腰痛が少し気になるが、歓喜抗跡を
目指して順調に登る。

007  008_3
その昔  009
別子銅山があり
3.000人位が
生活していたという。

石工さんが築いた
見事な石垣に
往時を偲ぶ。

  010_2
接待館跡・劇場跡を通って

ダイヤモンド水の水飲み場で美味しい
水を飲んで一息入れる。
011  012

歓喜抗跡を見て
牛車道を歩き
銅山越へ

 015_2
  014_2

目指す西赤石山
019 021


 020_3

026 028
         

西山頂上から、曙つつじを期待したが4分咲き位で残念・・・  027_2
何年か前TVで見た時、山一面真っ赤に咲き誇っていたのを想い出す。
この後、だいぶ下山して、今夜泊る

“銅山峰ヒュッテ”へ・・・
満天星(どうらんツツジ)と日陰ツツジが綺麗に咲いて迎えてくれた。
清楚に咲いた日陰ツツジが気にいった。!!

自家発電の032_3山小屋の消灯は早い。
晩御飯も早めに食べ、寝床が
変わったら寝つきの悪い自分は
ポケットウイスキーで
ほろ酔いになった所で9時頃
眠りにつく。
こんなに早い時間に眠るのは
いつ以来だろう。
24時頃目覚め悶々とし、
気が付いたら5時頃目覚め
外の空気と鳥のさえずりを聞く。
眼下の西条市内の夜景が綺麗だ。

 030


 034_2

 マキで炊いた美味しいかまど御飯の朝食を頂く。
食後には抹茶のサービスもあり全員(5人)感激!!
朝の山の静寂の中で頂く一服は結構でした。

6時30分二日目スタート   西赤石山頂上を目指す。!!

          ②へ





027

020_2


| | コメント (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »