« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

大師山~白滝山を縦走する。(岩国市)!!

00226日(土)に岩国市の
大師山から白滝山縦走をした。
いつも通り6時30分に集合し
山陽道小谷SAで7時30分に再集合する。
連休初日でSAは車で一杯である。

003広陵高校と対戦する盈進高校野球部
ナインと会ったので“負けるな!!”と
激励する。

一路、岸根集会所Pを目指す。
晴れれば良いがと思う天候のなか

0069時頃無事到着する。
今日は“猪鍋”を作るという事で
皆で荷物を分散し9時30分頃
登山開始する。

重い荷物も訓練になるし昼食が

004005
楽しみで
ある。

 歩き始めてすぐ“イノシシ”の入っている檻があった。 007_2

飼育して食肉として売るのだろう。

登り始めたら岩肌と共に八十八か所の石仏が・・・

 011
 010_2
 013

  012_2

012

015 今日は岩肌で低い山なれど 016
そこそこ急こう配なのできつい。
ロープや鎖で整備されていたので
助かった。

 017


 018

 020
 019
快晴ではないが天気もよく
頂上から眺望する景色は素晴らしかった。しばし堪能!!

 025
 023_2
リーダーが上手に下準備をしているので今日の猪肉は血抜きを上手にされていたので臭みもなく美味しかった。お酒があれば・・・

 030
 029_2
 腹一杯 031になった
お腹で次の“白滝山”
目指す。整備された鎖道を
登ると、山城だった

“白滝城跡”へ・・・ほどなく
“千人崩れ”“雨乞岩”

 038


 039
  035





 041


 042_2
 

023

 040


  045_2

 

白滝山頂上からの眺望も素晴らしくストレス発散が出来た。
急こう配でしんどかったけど景色が楽しめ
山で食べた“猪鍋”も美味しかった山行きだった。!!

今日の歩数  13.302歩  歩いた距離   7.8km
消費カロリー   265kcal   脂肪燃焼量    18g
いきいき歩数   6840歩   いきいき歩行時間 1H12M

| | コメント (0)

(株)石井表記第41期定時株主総会へ!!

00125日(㈱)石井表記の株主総会
行った。近くにある会社なので
大体毎年行く事にしている。
この株を所持した動機は
投資とはあまり関係無い理由からである。
ちょうど退職した頃で、前から知っていたし当時は良い会社だったので
小遣い稼ぎの為に買った。意に反して思うように上がらないので
長期に持つ事になった。
初めて行った株主総会の後の懇親会で
飲んで食べて手土産まで貰って株主を大事にする
めずらしい会社だなと思った。配当まで貰えていたので
そのうち小遣いになると思っていた。

ところが、円高と中国等の物まね製品の安売り攻勢と本社工場の
火災事故により業績は悪化し株価は下落した。
私は倒産を
覚悟し紙切れになると思っていた。債権者と話し合いが
うまくいき会社は継続したがイバラの道が続くと思っていた。

筍の初掘りをした15日夕方株価のチェツクをしたら
なんと石井表記が80円のS高をしている。びっくりである。
新聞とニュースで何故だか分かった。
株主総会で配布された14日に報道発表された資料を記す。

世界初「インクジェット製法による全固体型セラミックス二次電池」を共同開発

国立大学法人岩手大学名誉教授 馬場 守 氏、ナミックス株式
会社(代表取締役社長 小田嶋 壽信)、株式会社石井表記
(代表取締役 石井 峯夫)は、全固体型セラミックス二次電池を
インクジェット製法を用いて、世界で初めて共同開発致しました。
  全固体型セラミックス二次電池は、従来の二次電池の
欠点である電解液の液漏れや異常加熱、発火爆発の危険性を
セラミックス全固体化されたことにより回避された
画期的蓄電素子です。従来は積層セラミックコンデンサと
同様な製法でシートを積層した後、焼成工程を経て作成して
いました。今回、世界で初めて、塗布方式非接触型成膜技術で
量産性にも優れるインクジェット製法の技術開発により、
全固体型セラミックス二次電池の製造に成功しました。

当社は、インクジェットコーターの特長を活かした薄膜から
厚膜までの塗布技術を、既存装置および将来装置へ継続的に
技術革新を行い、独創性のある装置づくりで、液晶パネル分野、
半導体分野、そしてこの度の二次電池分野をはじめとする
新たな分野へ革新プロセスを世界へ向け提供してまいります。

                                 以上

どんなに素晴らしい製品も売れなければ意味がないので
報道発表以後の製品への問い合わせ状況と生産状況を
質問したらまだ生産はされてなく利益には寄与していない
状況であった。また理論とか製法はかなり難しくその道の
人でないとなかなか理解できないと話されたので、
商品化され売れだした時、中国・韓国等にコピー商品を
安く売りだされる恐れはないか聞いたら当分は大丈夫と
いう事であった。なおこの電池は宇宙でも使えるそうである。

2年前の総会は悲惨な状態であったが、今回は夢と希望を
与えてくれた。
石井表記という会社は世の中にない
新しい商品開発・物作りをする会社ですと云われる姿は
力強かった。まだまだ財務内容は厳しいが、
どん底から這い上がっていく会社・姿勢は強い。
これ以上は悪くならない。良くなるばかりである。

25日の株主総会の日にストップ高の1061円を一時つけ
安値780円終値911円出来高2.277.900株と
この会社としては大商いで強弱対立し始めた。
もう一息で私の買値に届くところだが、実際に生産され
売れだして利益をあげ出すまでは将来に期待するしかない。
倒産覚悟から夢を持たしてくれた。
小型株で浮動株も少ないので、上がるのも早いが下がるのも早い。
昔からの格言
“山高ければ谷深し”今回は山は高い、
谷も深くなった。でも“夢”はある

私のブログ名“人生ギャンブルの世界”を具現した様な
自分好みの世界に久し振りで浸らしてもらった。
石井表記(㈱)喜怒哀楽いろいろ経験させてくれた。
5年ぐらい前は立志伝中の社長だったオーナー社長に
期待するしかない。

“面白い会社である。!!”

| | コメント (0)

“栗の木”の接ぎ木をしたけれど自信なし・・・

003先々代ぐらいが植え育ててくれた
栗の木も数年前から枯れて来た。
長いこと秋になると栗拾いを
楽しませてくれた。
“栗ごはん”を食べるのが
楽しみであった。

3本の巨木が枯れ始めたので
3年ぐらい前から
“農業音痴”
自分も孫達に栗拾いの楽しさと
美味しい栗を残してやろうと
栗の木の苗木を10本位植えた。
植えたら数年(桃栗三年柿八年)も
したら大きくなると思っていた。
手入れ不足と未消毒で害虫にやられ
枯らしてしまい残るは3~4本である。

接ぎ木をするのが良いというのを聞いて
何事もよく御存知の小学校の時の恩師に尋ねた。

004 006_2

 005

穂木の採取から保存方法を聞いて実行し、接ぎ木はお願い
しようと思っていたが
“自分でやってみろ”で技術習得を
継承させたい親心で充分説明の座学を受けた。

農業に無知の横さん説明を聞いている時は理解出来たが
2ヵ月も経ったらポンコツ頭に残った知識はアヤフヤである。

師は図書館に行ったら接ぎ木の本があると言われたが
ネットで検索して22日に実行した。
10日頃、葉と芽が芽吹き始めた頃といわれていたが、
竹林の整理とニンニク畑の草取りに追われて
気にはなっても遅れてしまった。

二三年やって一本でも成功したらよいと思ってやってみた。
作業をしながら“これで良いんじゃろうか・・・?”
失敗の自信はある。成功の自信はない。
失敗をして学ぶ農作業である。
食糧危機があっても自分でどげんかせんといけん。
農作業をしながら学ぶことや考える事は多いい。

 008


009


 007_2

5~6本したが一本でも成功していれば良いが・・・・

| | コメント (0)

明王院の徳川家光の位牌を参拝に行く。!!

011農作業で多忙な毎日なれど、
今日だけは歴史学者以上に
歴史に詳しいAさんと

徳川家光の位牌の公開と
護摩堂から五重塔
を眺める
今の時期の景色が見たくて行った。
近代建築や電信柱等がなく
昔のままの風景がみえるので良い。
今日は桜の花が見える五重塔を
期待したが、残念ながら散っていた。

016  015_2
  014_3
毎月第3土曜日は

“明王院を愛する会”

の方達がお世話と案内をしてくださる。

  005_2
  006_2
  009
神辺城から移築された庫裡と登り廊下も見える。

  

真言宗大覚寺派

   中道山

 明王院

には 国宝の五重塔と本堂広島県重要文化財の書院・庫裡と山門福山市重要文化財の護摩堂と鐘楼他がある。京都・奈良に行かなくても福山で古の国宝を楽しめる。

010本堂で法要の後

「徳川家光の位牌」が公開されたが、大きな位牌であった。(寺院内は景色は撮影してもよいが内部は×なのが残念)

007


この軸は撮影OKという事で

気にいったので写す。

書き人知らず・・・

008

書院にある江戸初期の

“三十六歌仙額”も素晴らしい。!!

よくぞ無事に残ったものだ。

春夏秋冬その季節の“護摩堂からの明王院”

楽しみたい。!!

| | コメント (0)

三ヶ岳・琴石山(柳井市)を歩く。!!

01712日(土)に昼から小雨かなと
思いながら曇り空のなか
5時起きで6時に集合場所へ・・・
小谷SAで7時に再集合し、一路
柳井市 金剛寺Pを目指す。
無事到着し、琴石山から登る為

020タクシーで愛宕神社登山口へ移動する。
ストレッチの後、9時20分登山開始・・・

琴石山の登りはよく整備されているが
階段が多く足に堪える。
東峰・中峰・西峰と歩くが

曇り空で眼下に見渡す瀬戸内海と柳井市内の展望もイマイチで残念!!

025026027028

030

029

033031
琴石山の頂上で雨が心配なので急いで昼食を摂る。
晴れていたら周防大島の展望も素晴らしいはずである。

035036

これから登る三ヶ岳を望む。

  037_2
  038
  039
  040





  041

三ヶ岳西峰の山頂から少し下った所の岩肌が見える
やや急な所は高度感もあり眼前に広がる景色を見渡す感じが爽快であった。
快晴だったら絶好の撮影ポイントだ。!!

043  044_2
  045_2
下山し始めて
しばらくすると
快適な登山道に

ミニ四国八十八ヵ所めぐりができる観音さんの祠が金剛寺まである。

047  046
無事、金剛寺Pに下山する。今日は山歩き中登山道の道端に山菜の“ワラビ”が見えてワラビ狩りも楽しめた山行きだった。
時間もあるので帰り道柳井市内で“金魚ちょうちん”でも見て帰る事になり“やない白壁の町並み”を散策に行く。

048私は初めて訪れた
柳井市と
“重要伝統的建造物群保存地区”
なので、室町時代からの町割りと約200mの街路に面した両側の江戸時代の商家の屋並みを楽しんだ。

051  052_2


甘露醤油
資料館

 055

マンホールの蓋 054


海の近くなのでこんな標識も・・
 
049_2

 帰り056_2道浄土真宗のお寺の石垣に
この看板・・・

人という字は
人(男)と人(女)が
支えあって生きる事を表すと聞いた事があるが、
人は二人以上になったら、必ず争うとも聞いた。
いつの時代も
“世のなか安穏でない”という事か・・・

散策していたら当地の“自然薯の焼酎”があったので買い求める。
一杯やってほろ酔い気分にならないと腹が立って横にならないし
馬鹿馬鹿しい世相です。


今日の歩数   19.661歩
歩いた距離     11.5km
いきいき歩数   11.877歩
いきいき歩行時間  2H3M

  

| | コメント (0)

素晴らしかった箏曲大演奏会へ。!!

070この時期、例年あれやこれやと
行きたい所ややりたい事が多いい。

今年はニンニク畑と竹林の整理に
追われて高校野球やイベントにも
行けない。残念だ。!!

そんななか御近所の恩師も出演される

宮城道雄生誕120年記念
第24回 箏曲大演奏会 へ
行った。
記念演奏会とあって会場の
リーデンローズ大ホールは
ほぼ満席である。
特別出演も、
砂崎 知子・景山 勝博・
横山 尚・氏で素晴らしかった。

069

071  073_2
   

各社中の筝と各流派の尺八の
演奏と、砂崎 知子さんの演奏・
横山 尚さんの独唱・

尾道市民合唱団の混声合唱も聞けた。
057_2



オープニングは社中合同の
“春の海”宮城道雄36歳の時作曲

  061_2
宮城が考案した大型の胡弓と
筝の二重奏で“荒城の月”
38歳の時作曲
良かった。一生懸命聞いた。!!

  062_2
筝本手  砂崎 知子
筝替手  高畠 一郎
“水の変態” 16歳の時作曲

さすが音色が違った。!!

063_2
終曲は交声曲

“ 日蓮 ”
60歳の時作曲

プログラム上だけでも、115名の迫力のある大演奏だった。!!
音響装置の良いリーデンローズでの演奏なので
素晴らしい。!!
音楽音痴だけど頭と心が洗われて、
心豊かになった一日だった。!!

来年も聞きたい。!!

 

| | コメント (0)

桜の花は満開ですが、オーバーワークの農作業の毎日!!

010寒さでニンニク畑に
足の向かなかった横さんも、
3月中旬から少し暖かくなったので

自然農法の草取りと、
竹林の清掃と60本位切られた
竹の整理に疲れる毎日だ。

004家の周りで花見をすませ
除草剤も肥料もやらないニンニク畑の
草取りに精出す毎日である。

食の安全を少しでも実践しようと
思うと大変である。
取っても取っても生えてくる。
腰の痛い事痛い事・・・

004_3それに今年は余分な作業がある。
昨年9月中旬頃知り合いが、

“竹を切らしてください。”と云われて
数本切るだけと思って
“あぁ~イイよ”と答えた。

数日経ってウォーキングの途中に
見たら何とビックリほとんど
切ってくれた。
私が昔田んぼだったこの畑が

  008_3
荒れ果てて竹林だったのを
10数年かけて何とか
じゃばら傘を開いて歩ける様に
したのに台なしである。

去年は大不作であったが、
今年は天候も良く豊作の
年回りなのに残念である。

  010_3
竹を切ったら筍がよく生える。
と云うが、今年は生えても
種になる竹を残さなければならない。
毎年楽しみにしている
筍好きの親戚・友人・知人に
おすそ分け出来るかどうか・・・?

イノシシに荒らされるかも
知れないのでかなり竹にする。

  001
竹は一年すれば生えるし
親の代からいろいろ付き合いも
あるので、どうされるものかと
半年間見ていたが、切った竹は
その場に切りっ放しである。
真竹もあるので、今まで野菜作りや
竹炭にするのに切らしてくださいと云われて“どうぞ!!”と
云ってきた。皆さん後片付けはきちんとされた。

今回は仕方ないので今日で5回目の処理に行った。
鉈を振るので肩は痛いし、重い竹を運ぶので腰も痛い。
もう3~4回は処理に掛かりそうである。
今年は例年にないシンドイタケノコシーズンである。

いい奴とばかり思っていたのに常識外れの行動を
されていやな思いをしたシーズンにもなった。

もう切らないでと云っているが、
彼には竹伐り御免被るである。!!






| | コメント (0)

エィプリルフールであって欲しい事ばかり・・・

013今日から消費税8%に・・・

年金減額に・・・

あれもこれも値上げの物価高・・・

庶民は困るデフレ脱却の円安・・・

進まぬ東北復興・・・

  進む原子力発電再稼働・・・

交渉能力不足から、とうとう

  調査捕鯨停止命令・・・

多くのサラリーマンは困る、

  総理の配偶者控除の

  見直し指示・・・

増税と消費税上げても、

  福祉は後退し、

  国の借金は増え続ける

  日本国・・・

憲法9条が機能しなくなる。・・・

エィプリルフールの

嘘であって欲しい

午年の4月1日!!

| | コメント (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »