« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

王子ヶ岳~御嶽山へ!!

04322日(土)
この時期にしては晴れの日に、

王子ヶ岳(234.4m)玉野市
御嶽山(320.1m)笠岡市を歩いた。
自宅を6時30分に出発し、
山陽道経由で渋川海岸近くの駐車場へ

014海岸近くの登山口から9時出発
悪天候で2回中止になり
皆さん久し振りなので
うずうずしていたのか
今日は18名の参加者である。
晴れといっても雲の多いい空模様

015019 
021奇岩群や視界が開け
瀬戸大橋も見える042_3



ニコニコ岩辺りでは快晴に!!

022 
023024_2やがて頂上付近にある
展望レストランへ

頂上からの展望は360度の
大パノラマで標高230m余りの高さだが、その展望は
1000m級の山からのパノラマと遜色ないスケールだ。!!

025丁度、頂上付近にあるパラグライダー発着場から離陸するパラグライダーを見る事が出来た。
360度大パノラマの空中散歩の様子は大変気持ちよさそうだった。
77歳で空に舞っている人もいるとか・・

2年間練習すればここで飛べれるとか
若い時大山で見て
やりたいと思った事があるので、

またまた心が動きしばし見とれる。・・・

027026

 
028 

029

033
030
031

  032_3

パラグライダーの空中散歩を見た後、頂上からの
360度大パノラマの展望を楽しんで
昼食を摂る。
ニコニコ岩にもいたが、頂上辺りに猫がたくさんいた。
餌をやりに来る人がいるそうだが弁当を食べていると
アッチコッチから出て来た。
036035038039040041

 下山しながら 042_4振り返って見上げると岩肌に奇岩群が見える。
雲も晴れ快晴の空のもと
箱庭の様な瀬戸内海に瀬戸大橋も見える。

044_2下山して、一路帰り道の笠岡にある
“御嶽山”を目指す。
途中、
寄島で
“カキ”を買う。
今年は
「カキ祭り」に行けなかったので
ラッキーである。
寄り道をしたので、車で
頂上まで行く。

047_2  045_3
龍王神社と

遠くにJFEの工場と
笠岡の干拓地

快晴の天気に恵まれ山の楽しさを味わえた
楽しい一日だった。!!heart01

今日の歩数   14100歩   歩いた距離    8.3km

消費カロリー   285kcal   脂肪燃焼量    20g

いきいき歩数   7709歩  いきいき歩行時間  1H21M


045_2

 

| | コメント (0)

歴史は黒が白になったり、白が黒になり真実は・・・

先週の行動

○ 今年も所得税の還付請求をしたいと思っていたが
   支所の担当者にたずねたら、懇切丁寧に説明してくれ
   
請求したらやぶへびで、国民健康保険税と介護保険料が
   上がるとの事で市への申告で市民税6264円の
   還付請求で済ます。
市の職員に感謝!!

18日  東 誠山 さんが、あるNPO団体に依頼されて
     
“水野 勝成 と 福山城に関わる話”という演題で
   講演されるというので聞きに行く。
   本当によく研究されていて、脳細胞がどんどん消滅している
   私は何回も拝講して覚える事にしている。
   
今回は水野勝成の誕生から福山城築城までと
   水野家断絶までの話と宮本武蔵・黒田官兵衛・黒田長政
   との関わりの話
を知らなかったので興味深く聞いた。

003_219日藤井登美子さんの
文化講演会

「まぼろしの姫谷焼」
東さんと聞きに行く。
わずか20年あまりの稼働と
いっても長くはないが、短くもない。

窯の跡からは割れたかけらはたくさん出るのに  007_2
完成品は少なく、ご当地であるはずの
備後地方にさえも詳細は伝わらず
古文書にも書かれていない。
よって“まぼろしの姫谷焼”と呼ばれる。
つん読になるかもしれないが

「姫谷有情」の本を買って帰る。
講演の始めに藤井さんが
“歴史や史実は
時の権力者の都合で黙殺されたり歪曲される。”
と云われたのを
聞いて本当にそうだなと思った。

多くの人が調べても何も出てこない。判らない。!!
聞けば聞くほどミステリアスなまぼろしの姫谷焼である。

この後、東さんのお宅でパソコンの事を教えてもらい
いろいろ話をしたが、いつもながら博識である。
歴史の事で私の知らない裏の真実を教えてもらった。

自分の無知や不勉強を感じる一日だった。
帰りに、東さんが昔描かれた
“福山城入り江の図”の墨絵
コピーと
廃藩置県前(明治6年前と後の二枚)の
証拠に基づいて作成された福山城の合成写真コピー

もらって帰る。欲しかったので・・・lovely

  011_2
週末、知り合いが
中国新聞の写真コーナーで
1月の一席で載っていた。
子供同士が親友でお父さんが
写真をやっていると聞いていたが、
素晴らしい写真を撮られた。!!

 013


私は見た瞬間に
「阿伏兎の観音さん」と判った。
素晴らしい。!!

どこから写したんだろう。?

こういう感じの観音さんも

いいもんだ。!!

私は年間グランプリーに

なる作品だと思った。

22日は王子ヶ岳(玉野市)を

歩いた。詳細は次のブログで・・・

毎日一日が過ぎるのが早いが

暖かくなる来週からは

ちょこちょこ忙しくなるなぁ~

| | コメント (1)

亜鉛不足と味覚障害予防に牡蠣祭りへ。!!

011昨日、毎年恒例の“カキ祭り”へ・・・
本来牡蠣は好きではなかったが、

亜鉛不足と味覚障害予防の為に
好きになったレンジでチンして

“焼き牡蠣”で食べる。

012いつもは“寄島カキ祭り”へ行くが、
今年は初めて“笠岡カキ祭り”へ行く。
此処だと新鮮野菜も買える。

殻付きで3kgが2000円
5kgが3000円である。安い。!!

15年位前に風邪をひいた時、

013朝、普通の風邪薬を飲んでも
直らないので
夕方、薬局で風邪に良いという
漢方薬を飲んだ。
多分その飲み合わせが
悪かったのだろう。?
翌日から何かの味覚が効かなくなり御飯も酒もまずくてまずくて困った。

0141ヵ月位良いという病院へ通い
治療と投薬やガムを噛んでも
良くならない。
ある日知り合いが、“寄島カキ”を
10kg買ったけど、多すぎるので
少し要らないか・・・?”と云う。

あぁ~イイよと買って帰り
“焼き牡蠣”で食べたら、
翌朝舌の味覚を感じる辺りからじゅわじゅわと
何かが出ていて味覚が戻った。!!heart01

015御飯が美味しい。!!
食べる物全ての味が正常に味わえる。
ヤッタ~ヤレヤレである。
知り合いに感謝!感謝!であった。

帰って牡蠣を見たら少し大きめである。
絶対、美味しそうである。!!
5kgは大好物だった末娘が嫁いだ今は
多すぎる。
二~三日のうちに、孫を
見せに来た“親孝行”もんは
味わえるのになぁ~・・・・・

新鮮野菜を買って帰りに
まだ昼前なので、ビッグ・ローズで
開催されている

「備後ふくやま伝統産業展」へ行く。

ひと通り見て例年通りだなと出口に出て、入口の辺りの
パンフレットを見ていたら関係者が来客と話している。
近くなので
“Wさん”という声が聞こえた。
その時私の脳裏に、初めて50km夜間歩行に参加した時
無事完歩し上下駅で電車を待っている時ぶっ倒れた。
その時隣に座っていてお世話になったWさんではと思った。

たしか福山市を活性化して全国に知れわたらせる様な事に
携わっていると聞いていた。
一度職場へお礼に伺っても休みで会えなかった。
確認したら、ヤッパリあの時のWさんであった。
握手してやっと今日お礼が云えた。
今年も高校生の息子さんとボランティアで信号機のある所で
交通整理をした後歩かれたそうだ。
20分位話をして帰路につく。   
やっとお礼が言えて宿題を片づけた一日だった。!!









| | コメント (1)

何故?こんな所で死亡事故・・・スリップは恐い。

008_2昨夜TVを見た家族が、
私と同級生のお兄さんが
スリップ事故で
亡くなったという。

001現場はすぐ近くである。
私の遊び部屋から見える今朝の道路
昨日の午前8時45分頃というと
タクシーがまだ雪の残った道路なので
途中からバックしていた。それを見て
今日は部屋で缶詰と思った。

007今日の現場の場所
上の下っている道路に
部屋から見える道路が
100m位である。

手前がスリップして
突っ込み亡くなられた
水深約1.5mのため池・・・
ガードレールの向こうが
福山市内へ出る
主要市道である。

002スリップしたのだから下っていての
事故と思っていたが
、新聞によると
JR福山駅方面へお客さんを送り
(彼はタクシー会社の社長でプロである。)
2ヵ所の上り下りの坂道を越え
 
最後の長い登り坂の頂上手前で

006凍結した路面でスリップし
ハンドルをとられ、道路右側の
高さ20cmの縁石を乗り越え
歩道と私道を横切り約10m先の
池に突っ込んだらしい。

ガードレールもあり何故あそこでと  004_3
不思議に思ったので、
今日現場に行って見たが?である。
予期せぬ状態で起きるのが
事故であるが、事実は
故人にしか判らない。

ビックリしてアクセルを踏みスキー状態のまま制動が利かなかったのかなぁ~?
寒冷地北海道の運転手さんなんか慣れたもので
これくらいの雪道は日常茶飯事だろうが、この辺りでは
たまにしかない。プロでも油断したか・・・

この市道の歩行者道は整備されて歩き易いので
私のウォーキングコースの一つである。

手を合わせながら
気お付けて歩くか。!!






004_2


004







| | コメント (0)

雪景色の朝!!

008午前3時ごろ雪が降って
ないのを確認して、

8時頃目覚めたら、天気予報通り
外は雪景色だった。
8~10cm位積っている。
久し振りの大雪である。

004現役の時積雪や道路の凍結の日は
車通勤が大変だった事を想い出す。
16km位先の職場まで
長い坂道が2ヶ所短いけれど
急な坂道が2ヶ所あって大変であった。
雪と凍結した道路で大渋滞し
スリップに細心の注意を払って

011無事職場に遅刻せず到着したら
ホッとして一日が終わった気持だった。

公共交通機関を利用している人は
遅延証明があるので遅刻しても
お咎めなし。徒歩・自転車・車通勤の
人には天気予報で判るのだから
6時間前に起きてでも遅刻せずに

012出勤しろという職場だった。
41年の間には迂回路を通っても
大渋滞で4時間位遅刻したり
大変急な下り坂でスリップして
側溝に突っ込み車が壊れたり
交通事故にもあった。

真面目に勤務して、経済的損失は

022甚大であった。
“馬鹿正直者は馬鹿をみる。”
成績が下がっても、やっぱり
安全第一で行く方が、
賢い生き方だと思った。

午後3時30分頃から雪も止んだので
3時間位家周りの雪かきをしたが、

雪国の人は大変だなぁ~と痛感する。

  021_2
これで今晩冷え込んでも
第一の関門我が家に面した
下り坂も車で出れるだろう。
すぐ先に急な下り坂があるが・・・

子供の頃を想い出しながら、
除雪作業の合間に
“オ~チンチン”
冷えた身体のチンチンつまんで
雪に絵を描く横さんだった。heart01

腰が痛いぃ~coldsweats02

| | コメント (0)

「第40回50km夜間歩行」本人も驚嘆の到着タイム!!・・・②

001
ヘッドランプの灯りがホタルのよう。!!

八田原ダム

芦田湖オートキャンプ場辺り

前半の悪い歩き方の筋肉痛に耐えながら小雨や中降りのなか
順調に河佐駅へ到着する。急いで豚汁と弁当(むすび3個)を
食べるが食欲がなく2個を無理やり詰め込む。

ここでは皆さん疲労困憊の姿が多いい。例年脱落者が出る所だ。
15分の休息予定が少し手間取って20分位で
次のゴールまで11kmの備後三川駅へ雨の中歩行開始・・・

椅子に座って休んだので、冷えた筋肉と足裏が慣れるのに
ペースはダウンで遅れ気味である。
後続に抜き去られても無理は出来ない。coldsweats01

暗くて見えなかった水溜りに入ったり雨で靴の中も
濡れて足も冷える。でも、まだまだこれからだ。!!
まだ余力を残して三川駅へ到着する。

一服して歩き始めの時計を見ると5時である。!!lovely
ここからが正念場であるが、自分のペースだと速い。

ひょっとして後11kmだと頑張れば2時間位で
ゴール出来るのではと計算する。
013松崎トンネルを抜け最後の難所の
あがき場所へと歩き気合を
入れ始めた頃から、
昨年と同じ
様に左足付け根の辺りが
一歩歩くたびに悲鳴を上げ出した。

筋肉もバンバンに張っているが、
これは我慢出来ても、付け根の痛さは
疲れた身体に堪える。
後続の方にあともう少しです、
頑張ってくださいと
声を掛けられながら抜き去られる。

最初の坂道2kmを歩くのに
1時間かかる。
あと4kmを時々
休みながら矢野温泉の前の
お堂で、付け根と周りの筋肉を
揉んだら少し楽になり、

004ペースを上げて歩く。
毎回この辺りに来るともがいて
いるので、いまいち
コース地図が定かでない。

何とか目標の8時30分までに
ゴール出来れば良いがと
思いながら、
何とか歩ける
ペースで一心不乱に歩く。

ペースが落ちているので、
まだまだと思っていたら
突然、後500mの案内板が
視界に入る。

“やれやれゴールだ。!!”
時計を見ると、
自分でも
ビックリ・驚嘆のタイム
である。

ゴールタイム  7時39分

バンザイ!!努力が実ったゴールだ。!!lovely
今回はスタート~ゴールまでが、自分の歩んで来た
人生を振り返る様な気持ちになった夜間歩行だった。!!
歳はとっていって免疫力は年々おちているのに
ゴールタイムは早くなった。まだまだ自分は元気だ。!!

 2月1日                    2月2日

歩いた歩数  35277歩       52143歩

歩いた距離   27.1km       38.4km

消費カロリー  1254kcal       1594kcal

脂肪燃焼量     89g         113g

いきいき歩数  32821歩      48929歩

いきいき歩行時間 3H52M      6H29M

  来年も頑張るぞ!!



| | コメント (1)

「第40回50km夜間歩行」本人も驚嘆の到着タイム!!

011今の私の年間最大行事
「50km夜間歩行」
これに参加し完歩出来たら、

“今年も元気だ”と思える
私の正月・新年を迎える行事である。
今年も元気で参加出来る。
今年は早くスタートしたいので
早めに会場へ行く。
受付開始の18時30分に行ったら
すでにたくさんの参加者・・・
もっと早く来なければダメだった。
B席の前辺りである。
19時30分 南 実行委員長の
挨拶の後、歩行上の注意点を聞いて
今年はギター伴奏付きで
TⅤ番組“水戸 黄門”でお馴染み

009私も大好きな歌“ああ人生に涙あり”
を合唱してスタートする。

いつもながら心憎い演出である。

己の体力の限界、感動との出会いの
素晴らしさが口コミで伝わり、
遠くは新潟からの参加者を含めて
今回は828名の申し込みである。

芦田川河川敷遊歩道までは

 

わずかな距離であるが信号待ちが数ヶ所ある。
これをうまく利用してトップ集団の次ぐらいの位置取りで歩く。
スタートより8kmの幸千中学校で、トイレと少し汗ばんで
きたのでチョッキを脱いでいたら5~6分位の間に
10~15番の位置から100人位先に行かれた。

今回は極力携行品を少なくし、寒がり屋の私だが薄着にした。
順調に
19km地点のつるや駐車場まで歩く。しかし
いつもにない筋肉痛を感じる。普段これくらいの距離では
何でもないのに・・
・アッときずいた。!!
いつもと違う夜中で多勢の人と信号待ち等で立ち止まる
事があって、今回の大きなテーマであった“かかとから着地”が
お留守になって悪癖で歩いていた。

修正した歩きで次の
24km地点の下川辺交差点・大渡橋へ・・

 初参加~ゴ~ルタイム 11時22分 
                   帰りの列車待ちの上下駅倒れる。
 2回目~ゴールタイム  9時23分  無事帰る。

 

 3回目の今回は一応の目標タイムは8時30分である。

順位や記録はそんなに気にしていないが、昨年声掛けをして
参加された方々が8時~8時30分にはゴールした。
アッチコッチのウォーキングで夜間歩行を歩いた方と
話していると私より年配の方が6時~8時頃にはゴールしている。

若人が追い抜くと“お先にどうぞ”であるが、自分より年配者に
先に行かれるとついて行かねばと本能が目覚める。!!

外れればよいのに天気予報どおり日にちが変わった
大渡橋辺りから小雨が降りだす。coldsweats02
ここまで順調で去年より早いタイムである。

休息も5分位でなるべく立ったままで
身体と筋肉を冷やさないように来た。

ここからは暗闇の寂しい夜道であるが、

豚汁のサービスがあるゴールまで21km地点の
河佐駅を目指す。順調でもやっぱり難行だったは・・・②へ


 

| | コメント (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »