« 新春初登山は黒滝山・白滝山・竜王山・筆影山へ。!! | トップページ | “鍵泥棒のメソッド”を鑑賞する。!! »

~アベノミクスで日本経済は再生するか~

001新春経済講演会へ
行った。

2014年の経済展望
~アベノミクスで日本経済は再生するか~

上記の演題で、

五十嵐敬喜 氏
講演された。

アベノミクスの3本の矢

●大胆な金融緩和

     ~ マネタリズム

●機動的な財政政策

 ~ケインズ経済学

●民間投資を喚起する成長戦略  ~サプライサイド経済学?

「異次元」の金融緩和に乗り出した日銀

     (今後2年間の金融政策のポイント)

■物価安定目標は「2%」

■マネタリーベースを「2倍」に

■国債保有額・平均残存期間を「2倍以上」に

私はアベノミクスでは再生しないし、減らす気のない借金を
増やすだけで、多くの労働者の賃金は上がらず
増税と物価高やインフレで庶民は大変な時代に
なると思っている。

五十嵐氏はさすが経済学をよく勉強されているだけあって
平易に解かり易く現下の国や日銀の政策の行く末を
解説された。
良い政策はみんなハッピーハッピーになるが
今は円安で輸出産業はハッピーであるが、
輸入産業や庶民は物価高で苦しんでいる。

政策的に長続きするものではなく、現に注文が増えて
生産量が増えたという事は無いそうである。

原油高で燃料代や物価高の支払いに追われたお金は
産油国にいって国民の資産が減っただけである。

今年は株高ドル高・円安の流れで、アメリカの景気回復の
流れに引っ張られていくだろうと言われた。

12年11月14日に野田さんが解散宣言をした時
8.000円台だった日経平均が、自民党政権への期待と
その後の為替政策で13年5月22日には15.000円台半ばまで
上昇した。実体経済や各種指標の数字よりも

“相場は思惑で動く。”
という事を話された事が
強く心に残った講演会だった。!!

|

« 新春初登山は黒滝山・白滝山・竜王山・筆影山へ。!! | トップページ | “鍵泥棒のメソッド”を鑑賞する。!! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新春初登山は黒滝山・白滝山・竜王山・筆影山へ。!! | トップページ | “鍵泥棒のメソッド”を鑑賞する。!! »