« 明王院 書院~護摩堂~庫裡の景色!! | トップページ | こんな気持ちの年末年始に・・・ »

素晴らしかった“雅楽演奏会”へ

Img_1872_2備後でこんなに
素晴らしい
雅楽同好会が活動して
いるとは知らなかった。

全国的にも珍しい
のではと思う。

Img_1881その名は
“宮内雅楽同好会”
という。新市町に
鎮座する
備後一宮吉備津神社の
近隣氏子として伝統文化の復活普及継承
などを目指して

平成6年に結成され現在、メンバー13名で活動されている。

 

 Img_1883_2千数百年に及ぶ悠久の
歴史を持つ我が国最古の音楽といわれ、

いにしえの形を残しながら現在まで
伝承されている音楽としては、世界でも類を見ない脈々とした伝統を保っている

世界最古のオーケストラである。

 
Img_1884_2
鳳凰が住むといういう
「天」からの
声を表す笙、
人の住む「地」の声と
いわれる篳篥、
天と地を行きかう
「龍」の声を表すと
いわれる龍笛、
それらが合奏されることにより、
ひとつの宇宙を表現しているといわれている。

  Img_1885
プログラムは
一月一日・越天楽・
陪臚・の
演奏を聞き
雅楽のミニ豆知識を
教えてもらった。
五常楽を聞き

雅楽楽器の紹介があった。
管楽器(吹物)
雅楽の中で旋律を担う楽器

      
  Img_1886

笙(しょう)篳篥(ひちりき)龍笛(りゅうてき)
絃楽器(弾物)
主にリズムを刻む担当
楽琵琶(がくびわ)楽筝(がくそう)
打楽器(打物)
雅楽合奏のリーダーにあたる役割を担う。
鉦鼓(しょうこ)鞨鼓(かっこ)太鼓(たいこ)

「笙」と「龍笛」の体験があり、音色をだすのも大変そうだった。
写真の子供さん最初から音色がでて拍手喝采だった。

  Img_1888
体験の後、唱歌メドレーで

「春が来た・夏はきぬ・旅愁・雪」
聞きながら歌う。
最後は
「ふるさと」を(合唱)歌う。

雅楽で聞く演奏は初めてなので、
旅愁やふるさとは独特の音色で
大変良かった。

日頃、雅楽に接する機会は少ないが
地元でこんな素晴らしい同好会が
あるのを知ったので演奏会には
又行きたい。

備後の文化・芸術の高さと
やっと正月気分を味わえた一日だった。
日本ではめったに生で聞く事の無い雅楽だが
外国人が聞いたら“ワンダフュル”と驚嘆するだろうな!!

世界最古のオーケストラ~素晴らしい。!!

|

« 明王院 書院~護摩堂~庫裡の景色!! | トップページ | こんな気持ちの年末年始に・・・ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明王院 書院~護摩堂~庫裡の景色!! | トップページ | こんな気持ちの年末年始に・・・ »