« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

明王院 書院~護摩堂~庫裡の景色!!

Img_1842不調だったパソコン・SDHC Cardが
直ってパソコンに取り込めた。

腕が悪いので生で観た素晴らしさを
伝えられないのが残念だが・・・

Img_1809

書院から五重塔 Img_1813

Img_1814  Img_1816


書院から

護摩堂

 Img_1818
  Img_1817



書院の

庭園

Img_1815  Img_1828_2


登り廊下の

景色と

神辺城から

移築された

材料の

登り廊下

 

 Img_1831_2
 Img_1819


 Img_1827

  Img_1824

  Img_1821


護摩堂から

五重塔と

書院・庫裡を

眺める。

 Img_1810


 Img_1823



本堂は元応三年三月十四日(1321)に再建され
五重塔は貞和四年十二月十八日(1348)に建立されたとある。
世の中の変遷と民衆の営みをずっと見守ってきた。
現世の世相を何と感じているだろう。

昨日27日毎朝見ているNHKの“ごちそうさん”を見ていて
手紙を読むシーンで感銘を受けた言葉があった。

“人間は豊かさを追い求め、豊かさを失うのが、悲しいかな
人間という生き物です。けどあやまちを犯した後に
どう生きるかを選べる事が出来るのです。”

と読んだシーンである。
今は亡き父が“人間は二人以上になったっら争う生き物”
教えてくれた。
便利さと営利を追求する社会に現代人は
疲弊している。能率と便利さを追求して幸福になったかというと
そうではない。素晴らしい機械・設備が出来て人々は
職場を失う悲惨さを味わっている。

シニア生活になって一昔前の生活をする様になって
不便ななかから得る食生活・健康・脳の活性化の良さを感じる。
便利さは人間を退化させている。!!

“便利さとこれ以上人が要らなくなる発明は

しないでくれと叫びたくなる。”

宇宙も海底も未知の世界の方が

幸せでは・・・×○△?

孫達、後世の人々に良い社会をと

念じる今日今頃である。!!

| | コメント (0)

福山にある国宝“明王院”は素晴らしい。!!

P1000116先日、国宝“明王院”
一般公開を観に行った。
市民であっても自分の家と宗派も
違うし古刹で五重塔が美しいお寺と
云う位の感覚であった。
古刹好きの横さん五重塔の中が
観れるというので病院へ行く前に
30分もあれば観れると思っていた。

午後2時過ぎにノンビリと駐車場に
着くと満車である。
やっとこさで駐車して登院し入場券を
買い長蛇の列に並び入場を待つ。

すでに1.000人位登院したとか。
22年振りの公開だという。

市民でも観た事のない人のほうが多いいのでわと思う。

P1000117これは当日買った明王院のCDである。
当日許可をもらって写した素晴らしい
景色はパソコンの不調でデジカメから
取り込めない。
CDからの写真でもと思ったら
厳禁である。

内から観た明王院の素晴らしさと
美しさを載せられないのが残念である。

現知事が来られた時、広島県には
7つの国宝があるが、明王院には素晴らしい国宝が二つもあると驚嘆されたという。

 私も感嘆し興奮して古刹の P1000114_3
素晴らしさを味わった。

観光客がたくさん訪れる鞆の浦
以上である。県東部の備後地方には
たくさんの観光資源がある。

この素晴らしい国宝の  Img_1800_2
古刹を世の中の人に
気軽に観賞してもらえる
体制が出来ていないのが残念である。

私は今回の一般公開を
観賞して明王院に対する認識が一変した。

毎月第3土曜日には

“明王院を愛する会”
ボランティアで活動し
ガイドもされている。
四季折々の護摩堂からの
景色は絶景だという。
   Img_1801

折りにふれて再訪したい。

“「水野勝成と」
福山城・神辺城
絵で記録する歴史変遷”の
著者 東 誠山 
さんと
巴瓦を観察に来たが
今回はガイドさんから

書院から護摩堂へ通じる登り廊下は神辺城の物を福山城の一部と同じ様に
移築したと聞いて再確認した。
当時の材料そのままの美しい登り廊下は日本の木造建築の
技術の高さと美しさを教えてくれた。

国宝の本堂と五重塔を筆頭に、県重文・市重文がたくさんあり
文化財の宝庫である。
書院に飾ってある江戸初期の
“三十六歌仙額”は一見の価値あり。!!
護摩堂からの明王院の景色を見ずして
福山を語るべからずである。!!

明王院の名前は知っていても、書院から庫裡・護摩堂に
入った事がない人は、
毎月第3土曜日10時~16時迄
入れるので是非参拝して欲しい。
真言宗大覚寺派中道山明王院の参拝案内を読むだけで

備後福山の歴史の重みを感じるだろう。!!
名所旧跡が一杯の福山は一日では廻れないし
知る事が出来ない魅力ある歴史のある街である。!!


| | コメント (0)

忘年登山会は“倉橋火山”~“古鷹山・クマン岳”へ!!

Img_179514~15日に忘年登山会だった。
14日は倉橋島の倉橋火山(408m)へ
登って、早めに下山し

能美島海上ロッジで忘年会!!
15日に、古鷹山(394m)lovely
クマン岳(399.8m)へ登る。

Img_1799私は都合で宿泊出来ないので
14日の忘年会まで参加である。
瀬戸内海の島で低い山なので
天気を気にしながら、ネットで
予備知識を得たら素晴らしく
景色の良い所である。
曇り空かなと思いながら

Img_1750今日は愛車でリーダーの後をついて走る。いつも通り
6時30分集合場所から小谷SAで合流し、
一路桂浜温泉Pを目指す。高屋JCT・ICから

Img_1773_2
少し前通れるようになった東広島呉自動車道経由
行くがナビに入ってないので注意しながら走る。

Img_1785ほどなく桂浜温泉Pへ到着し、
9時30分頃から山登り開始!!
下から仰ぎ見ると大きな岩肌が
見える。登山歩道に入ったら、倉橋八十八ヶ所
お大師さんの石仏が迎えてくれる。
登るにつれて展望が開けてきた。

 Img_1784

 Img_1751
 Img_1752_2
  Img_1758_2

Img_1753_2  Img_1754_4
 Img_1755_3
  Img_1759

 

 

 今日はリーダーさんが、頂上で Img_1760_2
Nさん提供の猪肉で“ぼたん鍋”
食べさしてくださるそうで
14名のメンバーは手分けして
荷物を背負っている。
私は鍋を受け持った。

寒くなったら1~2回は食べたくなる  Img_1761_2
“ぼたん鍋”今シーズンは
初めて食べる。楽しみである。
曇り空を予想した空模様も時々
青空が覗き見事な絶景を楽しめた。

素晴らしい。最高である。lovely
今回は山登りの楽しさを味わえた。!!

Img_1763 Img_1766_2
 Img_1767


 Img_1764_2

  Img_1768
  Img_1778


Img_1779

 

写真を写し忘れたけど頂上の大岩の下で作って食べた
“ぼたん鍋”は空きっ腹に暖かくて美味しかった。!!heart04

Img_1782お腹一杯になった所で下山開始・・・
いろんな天候の景色を眺望しながら下山する。
桂ヶ浜
を散策しながら、遣唐使船や桂浜神社を
見学し忘年会会場の能美海上ロッジへ移動する。

  Img_1792_3 Img_1791_3 Img_1793 Img_1794_2

 Img_1796
  Img_1797 Img_1798_2

“牡蠣フルコース”の料理とメバルの煮つけを美味しく
頂きながら忘年会も盛り上がり楽しくお開きとなった所で
皆さんに見送られながら帰途に着く。
東広島呉自動車道へ入る迄に2度ほど道に迷いながら
家に着いたのは22時頃だった。

今日の歩数   18649歩   歩いた距離   10.9km

消費カロリー   403kcal  脂肪燃焼量   28g

いきいき歩数   11636歩  いきいき歩行時間 2H6M

| | コメント (0)

大逆転連覇“サンフレッチェ広島”優勝!!

Img_1742大混戦のなか
“サンフレッチェ広島”が
見事な勝利の後、
相手待ちとはいえ
J1リーグ連覇を
達成した。!!

良くやった。
バンザイである。

Img_1743
絵に描いた様な
高萩選手からの
スルーパスを見事な
反応で先制点にした
優勝シュート!!

Img_17442点目も瞬時に冷静な
判断で打ち込まれた
ナイスシュート!!

Img_173545歳の青年監督を
船頭にイレブンが
乗り込んだ舟、
“森保一丸”。
心技体、全てを
充実させ就任以来の
連覇である。lovely
見事である。!!

J1、18クラブで11位の
資金力で、昨季の広島は、過去最高の
約32億円だった
そうだ。
鹿島は40億円の
規模である。
経営規模の最も
小さいクラブでも
継続したチームづくりと
組織力の強化で
強くなった。

“チーム全員で闘い
強くなり優勝したい。”と
燃えているのが
素晴らしい。

“2位でいい”とこの時期に、アホな失言をした
市長の声も吹き飛ばした。!!
偉業を達成したのに
優勝パレードはお金が無いので出来なくて報告会だそうだ。

頑張ったのに県民・サポーターと喜びを分かち合う場が無い。
こうなったら3連覇して優勝パレードをしよう。

もう一つのオラが広島のプロ集団
広島東洋カープが優勝したら広島は燃え上るのになぁ~
生きているうちにもう一回あの感動を味わいたい。!!

| | コメント (0)

「第1回因島ウォーキング大会」を歩く!!

Img_16951日(日)に
“第1回因島ウォーキング大会”
歩きに行った。
八田原ウォークの15kmと
今日の23kmと年明け2月の初めに
ある“50km夜間歩行”の準備である。
今回は9時迄受付で10時出発なので

Img_16898時に自宅を出発する。
受付を済ませて参加証をザックに付ける。

市内外からの4コースへの参加者は約460名・・・
因島アメニティ公園での村上水軍陣太鼓の
オープニングイベントと開会式・準備体操
の後
Dコース23kmのスタート地点小用バス停まで
移動し
10時にスタートする。

Img_1697 Img_1693
 Img_1692_2

Img_1726       
                  アッチコッチ歩きに行っていると知り合いや顔馴染み
にも会う。
今日は移動のバスで

3月まで里山ハイキングで一緒だったTさんと会う。
今年の夜間歩行へ誘ったら健脚で早い時間にゴールをしていた。近況報告をしながら
最初の休憩所まで、歩き方等を聞きながら歩く。

綺麗な歩き方をしているので、“お先にどうぞ!!”と
先に行ってもらう。夜間歩行でお互い苦しい歩きをするのが楽しみである。

今日は暖かく天候も良いので景色も素晴らしい。!!heart04
地蔵鼻~国分寺~三庄展望台~椋の里ゆうあいランド~
水軍スカイライン~
昼食場所のミラーサイドランド

Img_1702 Img_1709
 

  Img_1707
 

  Img_1706_2
 

Img_1711 Img_1714


 Img_1717


  Img_1713


瀬戸内海の景色と紅葉を楽しみながら順調に歩いていたが、
昼食を食べたのと小休憩で身体が冷えて18~19kmで
少し疲れてペースダウンする。
・・・残念 これでは×○△
残りの距離をペースアップする余力はあったので
何とか頑張る。・・・
これでは本番はチトキツイか・・?
Img_1718 Img_1722
Img_1724  Img_1719



 Img_1723
 Img_1721_2



Img_1725


たくさんの歓迎スタッフが迎えて
くださったのでゴールの瞬間をパチリ!!

Img_1730
 Img_1733


来年も参加するぞ~
景色が良いし歩きやすい。!!

歩いた歩数   34.293歩   歩いた距離    25.3km

いきいき歩数  30431歩  いきいき歩行時間  3H58M

 

| | コメント (0)

野良犬に咬まれる。!!

Img_1720昨日は午前中に銀行へ行き
ポートフォリオの変更を

午後は〒局の用事を済ませ
ウォーキングを済ませて
1日に歩いた“第一回因島ウォーキング大会”
の23kmを歩いたのを書く予定だった。
それが、ウォーキングも終りの頃

Img_1696突然二頭の犬に襲われて咬まれた。
一瞬の事で棒切れを探してもない
元気の良い一頭に注意を払っていたら
横から右足上部を咬まれてしまった。!!

TVで獲物を襲うオオカミの雰囲気である。
一瞬恐怖を感じる。!!何もないし一瞬の判断で大声で
威嚇する。“コノヤロウ!!コノクソッ!!”大声を上げながら
足蹴りでもしようと追いかけたら何とか逃げてくれた。

3年位前に娘も咬まれた。その時は飼い犬だと思っていたので、
ご近所だし人を介して放し飼いをしない様に注意してもらった。
その後少し落ち着いていた。最近遠吠えを聞いてはいたが
突然襲って来るとは思わなかった。

防寒着を食い千切られチクチク痛む痛さを感じながら、
娘も咬まれたし最近は孫もチョコチョコ遊びに来る。
近所の人も困っている。何とかしなくては・・・

まずは病院へ行き診断書を書いてもらい警察へ被害届をだそう。
その前に飼い主と思っているお宅へ☎する。

“お宅の犬に咬まれました。狂犬病の注射は打っていますか。?”
“去年は打ったけど今年は打っていません。”
“それでは私も狂犬病になったら困るので診断書を取り
警察の方へ被害届を出しますのでそのつもりでいてください。”
“スイマセン!!スイマセン!!私も病院へいきます。
申し訳ないんですが私の事も聞いてください。うちの孫も私も
咬まれて支所に届けています。うちの犬は繋いでいます。”

近所の人はうすうす?と感じているが野良犬と云われたら
腹が立つが私の行動は役に立たない。役人は死者が出ないと
多分積極的に動いてくれない。困ったもんだ。
お年寄りや子供・孫が被害に遭わねば良いが・・・

☎の後、いつも大体同じ所でたむろしている犬なので
餌をもらっているのではと勘ぐってしまう。・・・

咬まれて2時間位してネットで“狂犬病”を調べたら
恐ろしい病気である。ビックリ
今できる事は消毒である。
あわてて入浴し石鹸水で4~5回咬み傷を洗い
消毒水で消毒した。
後は
“グッドラック幸運を祈ろう。!!angry



| | コメント (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »