« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

ホットシネマ“しあわせのパン”を観る。

Img_1516_2先日“しあわせのパン”
観に行った。
製作年は2011年で
上映時間は114分である。
タイトルからほのぼのした幸せを
感じさせる映画だろうと思った。

物語は“洞爺湖”湖畔の
パンカフェ「マーニ」を舞台に
そこに集う人々がおりなす
人生模様であった。

雄大で美しい北海道の景色と
お洒落な設定で
何かフランス映画を感じさせる映画であった。
主人公の 
りえ(原田知世)と尚(大泉洋)
どういう流れで東京からこの地に「マーニ」を開店して
移り住む気になったのか知りたかった。
観終わって
監督が 三島 有紀子 さんで女性監督だった。
全編に流れる繊細さとシチュエーション・・・
漂うフランス映画の雰囲気が理解出来た。 
あまり肩も凝らずサラッと観れた映画だった。

ホットシネマ次回は11月26日(火)「舟を編む」である。
前売り券を買って帰ったが、それまでに剪定を済ませれば良いが・・・
今年はまだニンニク作業に追われている。×○△・・・?

| | コメント (0)

“いずえ”いにしえウォーク七日市宿タウンウォッチングへ!!

Img_150527日(日)井原線ウォーク
“いずえいにしえウォーク七日市宿
タウンウォッチング”
へ参加した。
交通の便と駐車場の関係で
どうしようかと考えていた。
ブログ仲間の井原の
“わくわくわっくん”に

Img_1498☎したら駅や周りに無料駐車場が沢山あるとの事で
車で行く。9時20分に井原駅に集合・出発である。
待合でサービスの
“牛蒡茶”があったので

Img_1499一杯飲んだら牛蒡の風味があって
美味しかった
ので帰りに買う事に・・・
写真の様に
駅舎のデザインは井原にゆかりのある
“那須与一”の弓矢を模していて、前の方に
まといの扇子・弓矢を模した時計台

近代的な洒落た駅だった。
今日は井原駅周辺を散策し、旧山陽道の
宿場町として栄えた七日市宿、小さな小路や
路傍の石、小田川の渡し跡、歴史的建造物の日芳橋、
本陣跡、武速神社などをタウンウォッチングする。

初めて井原市内を歩いたが、区画整理された
町並みは広々として落ち着いていて気持良いし
旧山陽道で本陣があっただけに歴史を
感じさせる名所・旧跡・古民家に歴史の重みを感じた。

Img_1501_2Img_1502


Img_1503

Img_1506
Img_1507Img_1508Img_1509Img_1510


Img_1512

Img_1513

ガイドさんの説明を聞きながら

歩くので今日はウォーキングと

しては物足りなかったが

井原の町の素晴らしさを

知ったのは良かった。

来年3月21日(金・祝)にある嫁いらず観音コースにも
参加したい。

歩  数      12662歩   歩いた距離  8.0km

いきいき歩数   5961歩   いきいき歩行時間 55M

Img_1518

| | コメント (3)

9連峰の“河平連山”を歩く。!!

Img_1468台風の余波で大雨が続いた
翌日の山行きは中止かなと
思いかけていたら前日の朝
決行ときまり26日(土)に
大竹市の
“河平連山を歩いた。
今日は睡眠もよくとれ体調も良いが
9連峰という事で、登ったり下ったり
して距離を歩くのだろうと気合いが入る。
6時30分集合場所へ~山陽道を走り

Img_1467小谷SAで落ち合い大竹ICから松ヶ原Pへ・・・
今日も
交差縦走という事で
私は大里ヶ峠の東登山口から
9時登山開始

天候は曇り気味だけど雨の心配はない。
いつもながら始めから登りの
雨の残った登山道がチトシンドイ・・・
身体も足もほぐれて、さぁ~これからと
思っていたら8号峰の表示板が見えた。
今日の最高峰は555.2mである。
下って登って景色を見ながら
次々と表示板を通過する。

Img_1470Img_1473Img_1475Img_1476

Img_1474Img_1477_2

 

池の中に小さな島が         遠くに瀬戸内海が見えた。

Img_1478Img_1479Img_1480Img_1481



Img_1495Img_1482Img_1483Img_1484

Img_1485Img_1486Img_1487

Img_1488

Img_1488_2Img_1489

Img_1494Img_1492_2Img_1496

八畳岩からは、三倉岳・羅漢山や遠くの山々も良く見えた。
道中は安芸の宮島・瀬戸内海・周防大島・四国の島々も見え
眺望が楽しめた。快晴だったら最高だろう。!!

9連峰といってもたいした距離を歩かなかったので今日はあまり疲れなかった。

今回も前回と同じ宮浜温泉“べにまんさくの湯”
疲れをとって帰途に着く。

歩数        12491歩  歩いた距離    7.2km
消費カロリー   237kcal  脂肪燃焼量     16g
いきいき歩数   5164歩  いきいき歩行時間  55M
 

| | コメント (0)

試写会「ペコロスの母に会いに行く」へ!!

Img_1462昨日、台風の余波で雨の中
11月16日公開の
「ペコロスの母に会いに行く」
試写会を観に行った。
62歳で漫画家デビューを果たした
岡野雄一さんの介護コミック
「ペコロスの母に会いに行く」
「ペコロスの玉手箱」を原作に
“ 認知症の母みつえと
  バツイチ・ハゲちゃびんの僕
 
  愛おしくてホロリ切ない
     僕らの毎日
ボケるとも悪か事ばかりじゃない。!!”
毎日を上映時間113分で
笑いと涙で見せてくれた。

離婚して子連れで故郷の長崎に戻った主人公
ゆういち(愛称 ペコロス)62歳と85歳になりグループホームで
暮らす認知症の母みつえの心温まる日常を描いた作品である。
自分の濃い身内や私は認知症になったり介護生活を
した事はないが、もし自分も病気になったらと
笑いながらも身につまされる。
観客はそれなりに心配そうな年齢層が多いい。
ロケ場所の長崎には修学旅行と小さい頃一度行っただけで
よく知らないが、
スクリーンで観る坂の街の景色と
異国情緒漂う“ランタン祭り”を見たいと思った。!!

監督  森崎 東 さんと 主演の 赤木 春恵 さんで
悲しく大変な介護生活をコミカルに笑いを入れて見せてくれた。

今日の会場である
“シネフク大黒座”は高校生の頃
少ない小遣いを貯めて観に行った。当時は映画も全盛で
立ち見で観たものである。
今でもここに来ると当時の事と作品を想い出す。
100円で買っていた観た作品のパンフレットは
離れのタンスの中で眠っている。

認知症になったらこんな事も
想いだすんだろうなぁ~
もちろん初恋も失恋も・・・・・


| | コメント (0)

福山城は姫路城より広かった。!!

Img_1449今年も“神辺宿歴史まつり”
東 誠山 さんが
20日(日) 神辺城・福山城
    福山藩干拓の変遷パネル展
       廉塾中庭土掘に於いて
21日(月) 神辺城の歴史変遷
         神辺本陣に於いて

展示や講演をされると聞いて参加した。
いつもの事ながら東さんの博識ぶりに
驚嘆する。もともと歴史好きだったので
あろうが、
シニア生活に入って
5~6年でコツコツ調べられて
古文書や証拠・史実に基ずいて
本まで出版されている。

お陰さんで私も我が郷土備後が

Img_1437Img_1438古代から素晴らしい歴史を
持った地域である事を知った。

20日には空模様が悪かったので、
まずは

“菅 茶山 記念館”で開催されている
収蔵作品展「秋」で、
菅茶山の書。猪原大華・
金島桂華
の作品を鑑賞する。

Img_1444  Img_1443
  Img_1442_3



 

    廉塾に着いたのは午後2時頃もううずみ御膳は売り切れ
だろうと思っていたらまだあった。
数年前からマスコミで福山には
“うずみ御膳”があると
紹介していたので福山城下で発祥と思っていたら、
福山でもここ
神辺が発祥地で元祖らしい。
Img_1439パネルの説明をされている
先生への挨拶は後回しで
まずは“うずみ御膳”へ・・・
  食事代 500円也

今日は“マッタケ”も入っているとか
残り物の福か?私のには
4~5切れも入っていて
妻と味あう何年振りかの日本の
まったけの香りと元祖うずみの
味を美味しく頂いた。lovely

Img_1440 Img_1446

  Img_1441_2
パネルを鑑賞し先生の説明を聞いた後、先日の墨絵展で見て欲しくなりお願いしていた、先生が40年位前に描かれた福山城の遠景の墨絵のコピーを頂いて帰る。  Img_1447

  Img_1450

今日(21日)は“神辺本陣”の座敷で「神辺城の歴史変遷」
講演を聴講に行く。
私が着いた時には会場は満杯で
 Img_1457


諦めて通り過ぎる人もいた。Img_1455

プロジェクターの調子が悪く間が空いても皆さん郷土の歴史を興味深く聞いておられた。月曜日なのに人出が多かった。

Img_1459 帰りにImg_1458本陣を見渡したらアッチコッチ土壁が落ちたり瓦が落ちかけていた。昨日や今日なったものではない。貴重な建物なのに福山市の文化・観光行政の貧困さが残念である。!!

福山城の歴代城主は干拓事業との闘いであった。
東 誠山 さんはその昔の自然の海岸線やそこからの干拓の
歴史を調べ詳細な地図を作っている。
芦田川の流れも氾濫や水資源の活用から水路も
人工的に変わっている。

時節柄、福山市も防災計画を練っているが、古来からの
自然な地形・環境を考慮しているのだろうか・・・?
どんな立派な計画立案もこの事を考慮する事が
1丁目1番地だと思う。巨大な東南海地震が起こったら
干拓地域はほとんど水没するのではと背筋が寒くなる。
データーによると、刻一刻その時は迫っている。!!

東さんに歴史を教えてもらっているといろんな事が見えたり
考えさせられる事がある。
次の活動が楽しみである。!!


| | コメント (0)

琴古流 尺八演奏会へ!! 

Img_1426毎年この時期は、尺八・お琴・三絃・等
和楽器の演奏会とウォーキングの
催しが多いい。
好きな事だからといっても
あれやこれやと忙しい。

10月から来年2月1日に開催される
予定の「50km夜間歩行」の
練習を始める予定が
中止の日の多いい事・・・
今年も先日、小学校の時の恩師の
尺八を聞きに行った。
今年は会場にリーデンローズが確保
出来なかったそうで音色が悪かった。

ヤッパリ「リーデンローズ」が良い。
今日は写真撮影OK!!だったので
恩師の演奏は全部写した。私の恩師だから高齢であるが
大変お元気である。
演奏を聞いていると何故だか判る。!!

Img_1406_2

軒の雫
  Img_1412

暖流

  Img_1416

夢絃’98

Img_1418_2

秋の言葉

  Img_1422

船の夢

私は悲しいほど音痴で音楽の知識もないが、
歌ったり聞くのは大好きである。
シニア生活に入って和楽器の演奏が聞きたくなった。!!
太鼓の演奏も聞きたい。

日本人ということか・・・
Img_1409

 こんな若い子も伝統を
受け継いでいる。!!

 


| | コメント (0)

三本槍の「三倉岳(701.8m)」を登る。!!

Img_135512日、快晴の山登りには絶好の
天候のなか5時35分自宅を出発し
6時に集合場所へ・・・
今日の山は、
三本槍の
“三倉岳(701.8m)”
である。
一路ノンストップで、山陽道西インター
から広島岩国道大竹ICから
マロンウォールPへ・・・8時30分頃到着し、45分頃
駐車場からも
低いけど素晴らしい威容を誇る“三倉岳”
を目指す。
Img_1356Img_1359Img_1362Img_1363

  Img_1357_2
  Img_1367_5 Img_1368_3 

 

 Img_1365_4
Img_1376


Img_1377


Img_1372 Img_1373_2

  Img_1380 Img_1381 Img_1382 Img_1383

頂上標識と

 

三角点

Img_1386  Img_1388 Img_1391

  Img_1392

下山して見る三倉岳「上ノ岳(朝日岳)。中ノ岳。下ノ岳(夕陽岳」の勇姿・・・
頂上から展望した快晴の景色は最高だった。
頂上の大岩の上で昼食を食べながら、遠くに里の家並や遠景を眺めていたらお殿様になった気分であった。!!heart04
帰りはいつも通り温泉へ・・・楽しみになった。
Img_1398 Img_1399

Img_1402


Img_1401



 
Img_1397



Img_1395

大野瀬戸を挟んで、向いは安芸の宮島・厳島・・・
単純弱放射能低温泉の宮浜べにまんさくの湯で
サッパリし、温泉上がりにカープが優位に進めるTVを
観戦しカーラジオを聞きながら帰る。
帰宅は5時30分楽しい一日だった。!!lovely

  歩数      14166歩    歩いた距離    8.2km

消費カロリー    288kcal  脂肪燃焼量    20g

いきいき歩数   7178歩    いきいき歩行時間  1H17M

| | コメント (0)

2013年秋 鞆町並ウォークへ!!

043昨日、第35回歩け歩け大会
鞆町並ウォーク
へ参加した。
近場で名所・旧跡は一杯あるけど
町並みをゆっくり歩いた事は無い。

003沼名前神社がスタートゴールである。
臨時駐車場の小学校に駐車して
受付が10時迄なので、9時30分頃
受付を済ませたら配布された地図と
20ヵ所のチェックポイントのクイズに
答える解答用紙を持って
自由に直ぐ出発して良いらしい。
制限時間12時迄にゴールしたら

022解答添削と賞品が貰えるという。
沼名前神社蔵の古絵図1700(元禄13)年頃
の鞆の町絵図のウォーキングマップ!!

自由に出発というのは初めてである。
大丈夫かな・・・でも面白そうである。

9時30分に山側から淀媛神社を目指し
帰路に医王寺に寄りゴールするつもりで

051出発する。002
まずはスタート地点におられた

龍馬さんと記念写真をパチリ・・・
お綺麗な女性龍馬さんでした。
近くにおられたプロが写してくださったので
我々夫婦もそれなりに良い表情の写真に・・・?さすがプロ

今日は歩いていて気に入ったスナップ写真が多いいので
歩いた順に載せよう。
006007008013012011

016
 017_2









019


020


024


026


027


028


029


030


 018_2
033


032


035


 031_2

鞆は歴史がある町なので名所・旧跡の多いい事・・・お寺・神社も多いい。江戸時代に立てられた古民家もあった。
ここから行ったそれぞれの場所での風景・景色を載せるけど予定の場所は詳しく知らないが
橋がある風景を想像してください。

038
040039041


044


048


046



047



045_2



042



  036
 

 “ささやき橋”こんな小さな橋もある。 050

053054


  052_2

今日の参加者450名老若男女は思い思いに出発し
無事歩かれた様だった。
私は準地元でも町中を歩いた事はなかったので
元禄絵図の地図では良く解らず二~三回行ったり来たりして
ロスの多いいウォークだった。
最後は駆け足で12時数秒前にゴールした。
鞆の町並は歴史が感じられ素晴らしい。また歩きたい。!!
今日の難問  渡船場~弁天島までの距離は・・・? 195m
鞆の景色を見る絶景ポイントは・・・淀媛神社の裏手から見る鞆

歩いた距離  9.5km    消費カロリー 341kcal

脂肪燃焼量  24g      いきいき歩数  10539歩

いきいき歩行時間 1H44M    歩数    15373歩   




031

018

017






| | コメント (0)

洋画・水墨画作品展へ!!

015連日我が農園のニンニク植えに
精出していたら
腰が痛いこと・・・痛いこと!!
今日は中断して秋季高校野球の広島大会の
準決勝ベスト4の試合を観戦するのを
楽しみにして早起きして見る空模様は
小雨である。8時に電話で中止を確認する。
最近溜まっている用事を済ませ
昼から明日行く事にしていた

「藤原清二・東 誠山」
洋画・水墨画 作品展へ
行く。
東さんの水墨画を観賞したいと思っていた。

012011010008

009  007_2

許可をもらったので気に入ったのをパチリ・・・
写真では判りにくいが、いにしえの
福山城と城下の遠景の墨絵が素晴らしいと思った。

01712日(土)まで10時~17時迄
曙町6-14-15の

夢石庵(ソイローズ))
で開催されている。興味のない方も
ある方も
一見の価値あり
是非、ご覧あれ!!

☎は084-983-3201です。

  013


中国新聞で、藤井登美子さんが

“ 姫 谷 有 情 ” を連載

された時、請われて挿絵を描かれた。

うっすら記憶にある。

東 誠山 挿絵作品集があったので

手に入れる。

014


19日~21日の神辺宿歴史まつりで

東 さんが、20~21日に

パネル展と講演をされます。

郷土の歴史好きの皆さん

会場でお会いしましょう。

001  003_2

我家の家周りで採れた

“アケビとクリ”





| | コメント (0)

“笙”の演奏が聞けた箏曲大演奏会!!

008第20回ふくやま
箏曲大演奏会
今年も行った。
福山は地方都市の
なかでは文化水準が
高いと思う。
いろんな分野で
多士多才だし
活動も盛んである。
会場のリーデンローズ大ホールは音響設備も素晴らしいので邦楽の音色が楽しめる。
今回、和楽会 さんが、

宮城道雄作曲
「薤露調(かいろちょう)」

という大正12年に雅楽をとり入れて作曲された合奏曲を演奏された。
中国の漢代の挽歌
「薤露蒿里(かいろこうり)」から引用され
「薤(にら)の葉に露は宿るが、乾いても翌朝にはまた宿っている。人は死んでしまうと二度と帰ってこない」という命のはかなさを大管弦楽として作曲された曲を演奏された。

こういう形で“笙”の音色が聞けるとは思っていなかったので感動した。!!
胡弓・箏・十七絃・尺八・打物
との合奏が心に残った。

002オープニングの
17名での尺八合奏は
豪華だった。
この写真を写した所で撮影禁止の警告を受けて“笙”の演奏のシーンが残せず残念・・・・!!coldsweats02

021


第18回備後教区平和のつどい

この時聞いた

“笙”の演奏

筑紫純子(筑紫会宗家後継)さんの

演奏が素晴らしかった。

さすがプロフェショナル音楽音痴の

ど素人の自分でも

お琴の絃を弾くとはじくの音色が違うのが判った。!!

来年も又聞きに来よう。

| | コメント (1)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »