« 浜 矩子さんの経済展望講演会は満席の人気!! | トップページ | 小さな事だけど“大きな幸福”を感じる日々!! »

近世山陽道を歩こう!PART2

00527日(日)に福山市文化財めぐり
近世山陽道を歩こう!PART2
(横尾・鶴ヶ橋から備後赤坂まで)

011参加して歩いた。こういう企画に初めて参加したが、
定員40名に80名程の応募があったそうで驚いた。
一応当選したんだ。でも皆さん参加させてあげれば
良いのにと思ってしまう。

013横尾駅集合出発で歩き始める。小さな横尾町だけど
昔の出雲大社道沿いだけあって、往時を偲ばせる
古い町並み・かっての繁栄ぶりが判る

“こて絵の鶴や亀”の装飾の壁が素晴らしい。!!
小さい時から地元の縁日のお店でよく見た

横尾あめの看板も見えた。独特の味だったなぁ~

残念ながら、今日は沢山写真を写したのに、最近カメラが壊れ
新しいのに換えて初期設定をしてなかったのでブログに入らない。
残念!!素晴らしい景色や文化財・史跡があるのに・・・

江戸時代の昔から“水”を確保する為に先人達が、高屋川や芦田川の
水を有効に使う為に奮闘した歴史を聞く。

鶴ヶ橋から稲荷神社・片山病撲滅功労者の碑・中津原の一里塚・
正善寺(聞いた事があった様な気がする我が町から移ってきた

浄土真宗の寺が中津原の下組にあった。
(ホローコースト記念館の近く)にあった。
大渡しから四ヵ村用水路(葦陽用水)石原隧道・小畠直大(1755~1823)の「活人堂」~山陽道(西国街道)の
一本松・二本松・三本松へ・・・途中、三宝寺の説明を聞きながら
その近くにある小高い山に

“銀山城”がありそこから“神辺城”が杉原氏により築城されたと
聞いて驚いた。!!
山手町の銀山城から神辺城そして今の福山城と
なった歴史に想いを巡らした。

それから津之郷町に入ったが、20代の頃この町に
仕事で通っていたのに、

奈良時代(養老5年721年)創建された“和光寺”があり、
永禄5(1562)年、串山城主の田辺光吉が再興し
真言宗の寺院となった

“田辺寺(でんべんじ)”という古刹がある事を知らなかった。
つづいて歩いた
“本谷弥生遺跡”“ザブ遺跡”では縄文・弥生時代の
土器・石器・土師器・須恵器や中国新時代(8~25年)の貨幣である

「貸泉」も発見され、弥生時代から平安時代にかけて
特に栄えていたらしい。

我家の近くでブドウ園を開懇した時見つかった“弥生時代後期の壺”が
あるが、この頃栄えていた津之郷の里から何かの理由で先祖は
この地に移住し住みついたのではと古代に想いを巡らした。

今日は福山の今迄知らなかった歴史を知った
有意義なウォーキングだった。

好きな言葉「温故知新」である。

歩  数     19517歩      歩いた距離     12,5km

消費カロリー  444kcal    脂肪燃焼量      31g

いきいき歩数  11347歩     いきいき歩行時間  1H45M

|

« 浜 矩子さんの経済展望講演会は満席の人気!! | トップページ | 小さな事だけど“大きな幸福”を感じる日々!! »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 浜 矩子さんの経済展望講演会は満席の人気!! | トップページ | 小さな事だけど“大きな幸福”を感じる日々!! »