« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

シニア世代は「エンディングノート」にくぎづけ!!

008_2映画「エンディングノート」を観に行った。凄い人気である。
広い会場も一杯になり
ビックリである。
入場まで待っていたら、
ほとんどシニア層である。近くの人と話してみると、
皆さん同じ様な思いである。子供はいても核家族化と“子供は子供、親は親”で、シニアは迫り来るその時に備えて
心持とあれやこれや自分で準備しないといけないらしい。

我が集落でも二三軒同一敷地別所帯で親子楽しく過ごしておられる。
我家はどうなる事かと思いながら、羨ましく思っている。

今日の映画は、「娘」が撮り続けた膨大な家族の記録。
感動のエンターテイメント・ドキュメンタリーである。
主人公は69歳で会社を引退して二年後に検診で手術不可能な
癌が発見された。告知後、残された家族が困る事を思って
「段取り命!」の心意気で“エンディングノート”を作成し
死に至るまでの段取りと死後の覚書を完成させた
人生最後の一大プロジェクトの物語である。
私も数年前葬儀屋さんへ行って“エンディングノート”を貰った。
直ぐ考えようと思ったが、少し早いかなと思うのと、
皆さんと同じ様に先が不確実になって数年先延ばしする事にした。
パソコン関係・各種カード・暗証番号関係の物は整理して
元気に山歩きをしている間に気に入った顔写真が出来たら
遺影でも作っておこうと映画を観ながら思った。

笑いと涙で日々近ずくその日を少し意識させてくれた。
参考になる映画だった。!!


       

| | コメント (0)

東 誠山さん「福山城」と「神辺城」の歴史講演会へ!!

010楽しみにしていた東 誠山 さんの
「福山城」と「神辺城」の歴史変遷講演会
行った。
初めて行く小さな会場に先日“廉熟”で
写真の説明をされる姿をお見かけした東さんと
帰り際に世間話をした赤木さんのお顔・・・
“イヤァ~先日はどうも・・・”
おいおい思いだしてくださり会話もはずむ。
先日は少し遠慮気味に遠巻きに見ていた

東 誠山 さんとも初めて話す。
(買い求めた先生の53ページの小冊子フルカラーの
古い写真の取材力と歴史変遷の実証と考察力に
感服し、巻末のプロフィールとあとがきで
すごい人だと思っていた。よく研究されている。)

今の時代よくシニアライフになったら世間と
関わりを持って生きようと人生まで指導しているが、
私はフリーで煩わしくなく本当に気が向いた人と
関わってシニアライフを送る事にしている。

退職以来,私から名刺交換を希望する事はめったにない。
今日はお願いした。フランクで話しやすいので一度自宅訪問を
したいと思う。

講演を聞いて、幻の神辺城の勇姿や神辺城から
福山城になる変遷を知る。
築城時の福山城の全景や明治・大正・昭和の時代の城下の
写真説明など興味深かった。

講演後、居心地が良かったもので、自ら後片付けを手伝って
コーヒーブレークで話をする。楽しい一時だ

お勧めします。!!福山城・神辺城・福山城下の古い写真に
興味のある方は価値ある一冊です。1500円です。
双人社書店で売っていますが、ネットで「東 誠山」で検索すれば
詳しく情報入手出来ます。先生のプロフィールも・・・
   
        

           
今日は楽しい一日だった。!!lovely

| | コメント (0)

映画「HOME愛しの座敷わらし」に感動!!

002この映画がこんなに素晴らしいとは
思わなかった。
私にとっては感動と笑いの
110分だった。

始まりの岩手の美しい田園風景と
遠野市にある築100年以上という
古民家に一家が到着するシーンは
私の心をくすぐった。

会社で左遷され都落ちした主人が
自ら見つけた古民家・・・
マキで沸かすお風呂トイレはポッチャントイレである。
文明と都会生活の便利さを甘受してきた家族は大ブーイングである。
家族それぞれが悩みや不満を抱えながら、
慣れない土地や不便な生活に最初は不満だらけだった一家が
なんとか田舎暮らしに慣れてきたある日、

着物を着た不思議な子ども“座敷わらし”と出会う。
そこから家族は自身を見つめなおし、家族の絆を再生し

“ひとつ屋根の下で暮らす”という言葉の意味を認識した。
我家もほど良い田舎暮らしである。
映画の様な古民家で山村の田舎暮らしは大変であろうが、
超古民家暮らしにもあこがれる。・・・
我家もそこそこ古民家だが・・・

今、年金生活になってみると「家族」子供達と
いられる時間は短いものだと思う。
私は若い時から都会は嫌でほど良い田舎生活を望んだ。

山あり海に近く自然に恵まれているが破壊されてきたのが残念だ。
家族の絆を思い起こさせてくれたホームドラマだった。!!

最近見た映画で一番感動した。!!lovely

監督   和泉 聖治

出演   水谷 豊・安田 成美・濱田 龍臣・橋本 愛・草笛光子ほか

本当にいい映画(気に入った作品)を
見たら気持が踊る。!!lovely

| | コメント (0)

初めて行った神辺本陣・茶山旧宅・廉塾は良かった。!!

030廉塾の写真展を見に行ったら
神辺宿歴史まつり が開催中だった。
神辺本陣があっただけあって
古い町並みと雰囲気が気に入った。
軽トラ市も並んで賑わっていたので
ブラブラ散策する。
近くに住んでいて、近くを通る事は
たまにあったが行った事はなかった。

日本全国本当に往時を忍ぶ
古い町並みは素晴らしい。!!

鞆の浦には鞆の浦の
神辺本陣には本陣跡の風情がある。
700円で中サイズビニール袋一杯の
野菜を買って歩く。
安くて、重かった。!!

028_2036038






029  
     
神辺本陣


  
菅茶山旧宅


031025








026021022







廉塾を外から中からパチリ!!

当時作られた水路

階段の所で塾生が

筆を洗ったとか・・・

034045042











046

039






高校生の時ソフトテニスをやっていて、
今日歩いた近くにあった当時の神辺工業高校に
よく練習試合に来て、帰りに福塩線で福山駅に行き、

大黒座で洋画を見て帰るのが楽しみだったのを
思いだした一日だった。!!






| | コメント (0)

お城・「福山城」と「神辺城」に魅かれる方は・・・

0038月に発刊されて直ぐ買った
東 誠山(強)さんの
「水野勝成と」
福山城・神辺城絵で記録する歴史変遷の小冊子の写真展が21日に神辺町の菅 茶山 廉塾の土塀であった。
この本の“あとがき”にも書いてあるが、

私も神辺城の存在と福山城への歴史変遷を知らなかった。
新幹線の駅のホームから見える子供の頃から見馴れた福山の福山城だと思っていた。
私もお城が好きで古い写真を持っているが、この冊子にはもっと古い写真や昔の福山の町中の様子が残っている。よく集められたものだ。

007
東 誠山 さんは
インテリアデザイナーとして
実績を残した
有名な人である。
コンピューター使用による
画像処理の利点を生かし
デザイナーの視点で
古い写真や古い地図を
比較検証されて復元図を
作られた。


高屋川北から望む神辺城


008009









明治時代の福山城


006

大正時代の福山城

010






























26日に駅前天満屋福山店南となりの
国際聚蔵館ギャラリー藍
写真展と講演がある。

是非行きたい。!!
お城好きの方は
行って見ませんか。!!

 

| | コメント (0)

“黄金を抱いて翔べ”試写会へ!!

01819日に11月3日公開の
「黄金を抱いて翔べ」
の試写会へ行った。
1990年に発表され、
日本推理小説サスペンス大賞を
受賞した髙村 薫 の
「レディ・ジョーカー」を

井筒和幸 監督が映画化した。
大阪の街でしたたかに生きる
6人の男達が、

札束より欲しいもの、おまえにはあるか。?
と、銀行地下金庫から
240億円の金塊強奪の

“究極の賭け”に挑む大胆不敵な計画を映画化した。
今までの日本映画にないアメリカ映画を
見る様な感覚の2時間9分だった。

妻夫木 聡・浅野 忠信・桐谷 健太・溝端淳平
・チャンミン(東方神起)・西田敏行の出演者達も適役で好演だった。


017_2


上映後、浅野 忠信 さんの舞台挨拶と
トークショー
があった。
最後尾席からで良く見えなかったが、
男前でした。













010_3今日は映画に行く前に
イノシシ君が大暴れした
ニンニク畑の直しに
疲れてしまった。!!

こんな予想は当らなくても
良いのに雨の前日
嫌な予感どうり
大暴れしてくれた。


トホホーホ~

| | コメント (0)

嫌でも「イノシシ対策」腹が立つ。!!

058060
059








14日にイノシシ君が大暴れをしてくれた。!!コンチクショウ
今年はすでにおばあさんが作っていたトウモロコシ・スイカ・ブドウと
被害に遭っている。今回は植え終わったばかりのニンニクを
掘り起こし畑を掘り上げニンジン・ほうれん草・ナスにも
イタズラしたらしい。
掘り起こしたニンニクを植え直しワイヤーメッシュの取り付けにかかる。
010まず庭先の畑に取り付け
家の裏の栗の木の周りの
田舎道沿いに張る。
年々イノシシも増えるので仕方なく対策が必要になった。
001


上手に作ったけもの道

004

植えて今年初めて栗の実が
5~6個なっていたのに
これもイノシシ君のエサになった。




006
今年は猛暑と少雨で、
栗も小粒のばかり

大好物の栗の木の周りにも
毎夜出没している様子・・・
食べカスが散らばっている。

ご近所さんは見かけたと云われるが、私は見たいと思って
暗くなって山道のいそうな所をウォーキングしているのに
まだ出会った事がない。
朝になって見回ると時々被害に遭っている。
イノシシも生きるのに必死だろうが本当にコンチクショウである。
今日は昼間雨天だった。
何となく今夜は被害に遭いそうな予感がする。

作物の被害も腹立たしいが、
土手や崖を掘り返さなければ良いが・・・

| | コメント (1)

今日は「宮島・弥山(530m)」へ登山する。!!②

019 
“もうチョツト”“もう直ぐです。”と
云われても今日だけは信じられない
7~8合目だった。!!

途中、小休憩1回だけで全員無事
頂上へ到着する。


024_2急いで昼食の後シカに見送られながら、
13時発で駒ケ林へ向かう。



027031034
大木に
キノコ







035036041


弥山の
岩肌

見る。




043
私の好きな宮島ボート場!!
今日もエンジン音が下山中に良く聞こえる。

045032_2
046050_2










牡蠣いかだ・消えずの火・原生林の名残りの巨木・
下山中(多宝塔ルート)には写真の様な
道なき道もあった。!!
048_2049051







056下山途中に見た
“大鳥居”は又違った趣があった。
長い事ウォーキングを中断しているので、
もっと疲れるかと思ったけど無事元気に
多宝塔で解散する。
057


宮島口港で
食べた
(広島風牡蠣入りお好み焼き)1300円
空腹だったし、
大変美味しかった。
ビールが飲めないのが残念!!




今日の歩数    23063歩     歩いた距離     13.4km
消費カロリー     460kcal    脂肪燃焼量     32g
いきいき歩数   12460歩    いきいき歩行時間  2H15M
                             
                              でした。











| | コメント (0)

今月は「宮島・弥山(530m)」へ登山する。!!①

014今月は年度計画を見た時から
楽しみにしていた。
「宮島・弥山(530m)」へ13日に
登ってきた。今回はハイキングでは
なかった。
10時10分宮島港待合室集合であるが、
普通電車か新幹線でと計画していたが、


054前夜9時頃車で行く事を思いつく。
ナビで調べたら結構早く着いて
経費も割安な感じ!!
どちらにしても早朝出発なので
目覚めた時の気分次第という事で
床に着いたら、
結局122・3km走る事にして午前7時に出発した。
宮島ボートの無料駐車場を予定していたら、今は入場して証明を貰わないと
有料らしい。


0168時50分宮島口駐車場(終日1000円)へ到着!!
高速代2850円と思っていたら
土・日は1200円で
帰りのお好み焼き代に・・・
牡蠣入りで美味しかった。!!
NHKの大河ドラマのお陰で今年は
観光客が多いいらしい。
今日も朝から多かった。

渡船フェリーから厳島を見ていたら、
30年位前に子供達と来た事を
懐かしく想い出す。
光陰矢のごとし。!!である。

紅葉谷公園茶店前でストレッチをして今日の予定を聞く。
今日のコースは散策マップにも載っていない原生林の山道らしい。 
10時50分一応(四宮ルート)で出発する。

017_4今日はハイキングでなく登山だった。
中高年のメンバーには少々きつい山登りです。


原生林の大きな倒木の中をエッチラオッチラ
フーフー云いながら目指すは弥山頂上!!

        ② へ」








| | コメント (0)

やっとニンニク植え付け作業終わる。!!

007年に二三回草刈りをするのが
面倒臭いのでイノシシにも
大丈夫と聞いて、時々買っていた
ニンニクを昨年初めて植えた。
手入れはしない肥料はやらない
草の中のニンニクで結果は散々で
不作だった。

それではリベンジと軽い運動の
つもりで今年は
9月1日から
作業
に入った。
家の下の荒らすまでは田んぼだった
水はけの悪い畑の水抜き側溝の
作業に入る。
米作りやブドウ栽培を止めてから
農機具は処分している。
エッチラオッチラ三つ目鍬とスコップと
鋤簾で休養日を設けながら掘り進む毎日
である。
今年は残暑の厳しい日々で
毎日汗ビッショリの泥だらけだった。
手に豆が出来る頃には昔の人はよく頑張ったものだと感心し
身体が強いはずだと思う。現代人はジムで運動している人もいるが、
やっぱり生活が便利になりすぎて身体はなまり頭脳や心だけは
疲弊しているのを実感する。
21日に側溝の作業は終わり、今度は三つ目鍬で畑を耕した。
この頃からどうも体調が変である。病気ではない。快便でなくなった。
はたと気が付いた、この作業に入って毎日シンドイし
大汗を搔いているので大丈夫と思って退職以来日課にしている
ウォーキングを中止していた。
カロリーは消費しても脂肪は燃焼せず腹ポチャである。
早く作業を終えて歩く日常リズムの生活をしたくなる。

チョット運動のつもりがシンドイ毎日である。
肩こりと背中痛は最高潮!!
石灰を撒き鶏糞をやって、いよいよ
植え始めたのが10月2日から・・・
何人かの栽培者に教えてもらいながら植える。
いろんな種類を植える。熊野の親友・井原のワックン・
ご近所さんの無臭ニンニク・ハイキング仲間の西洋ジャンボニンニク・
買った物と豊富である。

どうせ草取りをしないだろうからとマルチで植える。
005植えるのは一日位で済むだろうと
思っていたら大変だった。
種を崩して畑をもう一度ならして作り
一つずつ丁寧に植えた。
この作業で腰が痛くなりまだ痛い。
肩痛と背中痛には慣れてしまった。



001007_2








10日にやっと植え付けを終了する。
ご近所のお年寄りが、あんたそんなに
植えてどうするのと云われる。

006まだ本当の収穫の喜びを知らないので
あるだけ全部植える。
(不作の種だから失敗も計算する。)

最初に植えた良い畑のニンニクが
終わる頃には芽が出ていた。


ここからは子育て・人作りといっしょで
手を加えただけ立派に成長するのだろうが、
手入れが大変である。化学肥料はやらない。
約40日間疲れてブログもパスして、新聞もゆっくり読めなかったが、
年明けには立派なニンニクを収穫する喜びを味わいたい。
毎日一個食べれて種も収穫出来れば良いが・・・
農作物の栽培の大変さと、昔の人の頑張りに敬意を払う日々だった。
晴耕雨読で悠々自適の農作業ではなかった。

今は腰通も肩・背中痛も心地良くなりかけているけど、
毎朝、起きたら直ぐ二階の部屋からカーテンを開けて、
イノシシが掘り返していないかビクビクの毎日である。

植え付け中に一回やられたけど、

どうか私の勤農意欲を潰さないでくれぇ~
         憎きイノシシめ!!

| | コメント (0)

琴古流尺八演奏会へ!!

008尺八を聴きに行った。
今年は聴く機会が多い。
歳と共に古典楽器の
音色が聴きたくなった。

福山はお琴の産地で
あるが、演奏者もお客さんも高齢者が多い。
リーデンローズの
小ホールでも席空きが
目立った。
ご近所の知り合いの
尺八を主に聴いたが
お琴・三絃の音色と醸し出す演奏は私の脳に
心地良い。

毎年この時期に演奏会を開催されているらしい。楽しみが増えた。
先日の別の演奏会場で、若い琴を作る職人さんと話す事があって技術が継承されると嬉しかった。
倉敷からきた中学二年生の女の子が今日もお琴を弾いていた。
聞けば全国大会にも出場する腕前らしい。!!



030今日のプログラムは12番目まであったが、
10番目で
“虫の声々”を
筑紫華朋会が演奏された。
制服姿で中学・高校生達がお琴を弾いていた。
上手に弾いていた。僅かでも伝統は引き継がれている。

              
 嬉しかった。!!

| | コメント (2)

“南無阿弥陀佛”をアルゼンチンリズムで歌う。!!

006こんな楽譜があります。
光林寺の本堂で歌った。
なもああみだああんぶ
なもあみだああんぶ
なもあみいだあんぶ
なもあみだあんぶ
日系二世のアルゼンチン人
青木グスタボ布教使
ブラジルで奮闘中の
住寄開教使
ラビナというアルゼンチン楽器の演奏者アルゼンチン人のレオンさん
福岡から応援の
小太鼓奏者の副住職さん
国際色豊かな法話だった。歌って踊って肩の凝らない法話の御縁の場だった。

私は普段お寺に参る事はあまりないが、一緒に参った祖母と妻は
いつもと違った雰囲気で楽しかったらしい。
青木グスタボ布教使はアルゼンチンで“風来坊”という
食堂を経営しながらその二階に念仏道場を開設して
布教に勤めておられる。
彼の地で布教する為にはこういう方法も必要らしい。
そりゃ~そうだろう、アルゼンチンタンゴで踊って歌う
お国柄の民族だ。!!

005_2

インドのシタールよりもっと古い
アルゼンチンの
「ラビナ」という楽器!!




002

本堂に一杯の聴聞者は
僧侶でシンガーソングライターの
住寄 真道 さん(在ブラジル)の
ナムアミダンスの曲と歌で
歌いながら踊った。


いつもと違う雰囲気に、
仏様も微笑まれたのでは・・・
                 

                 
 楽しい一日だった。!!smile

| | コメント (0)

「エネルギーと原発のウソをすべて話そう」武田邦彦!!

007楽しみにしていた
武田 邦彦 氏 の講演を聴きに行った。
時節柄、会場はほぼ
満席
エネルギーと原発のウソをすべて話そう」
という刺激的演題である。
エネルギー問題でも
原発問題でも、日本人は本当の事を知らないし
知らされていない事を
思い知らされた。
日本人は人が良く飼いならされているので、
マスコミ報道を信用してしまう傾向がある。
私もマスコミ報道で得た知識で日本の将来を
悲観的に考えていたが少し未来が明るくなった。
原油はまだまだ枯渇する事なく大丈夫で、
原発も今のままでの運用は危険で危ないし、核廃棄物の処分・保管方法もあやふやなので止めた方が良いが、キチンと対処して問題を解決して運用するのなら原発に反対ではないともいわれた。
100年前の日本人は今の世の中・生活を想像出来たろうか。?
出来なかったと思う。
今から100年後の世の中も想像出来ないほど変わっているだろう。
50年後でも大きく変わっているはずだと云われた。
自分が産まれた時無くて、今の世の中にある物は
様変わりの様に溢れている。
武田さんが、
日本はアメリカの奴隷・植民地と云われた事と、
米国の顔を見ながらの
為替政策・問題や今の様に国力が落ちて来ると、
アメリカ・ロシア・中国と大国の中に一国だけポツンとあると
新技術を開発したり政治がしっかりしないと日本の未来は危ないとも云われた。

福島原発の爆発で、核汚染は80Kベクレルで
広島原発の186発分だそうである。
世界には430の原子力発電所があり、日本は地震も津波も水害もないアメリカの砂漠使用の発電所だそうである。

講演の中で武田さんが、孫子の為に今のままでは
原発は危険だからダメと云われた言葉が心に残った。

武田さんの世論に流されない世の中物事の見方は
鋭いし大変参考になった。

本当に日本のマスコミは事実は伝えても
真実は伝えない。
日本を衰退させた元凶ではと・・・・・

| | コメント (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »