« 農作物荒らしの犯人は・・・? | トップページ | パチンコ屋雑感!! »

上場維持をしたけれど、前途多難「石井表記」(株)

005写真の栗の木がとうとう終わった。
近年、台風が来たら枝が折れた。
今年は実もつかず葉が枯れた。
我家の100年以上経つ“蔵”の
心柱も栗の木が使ってあるが
栗の木は堅い。
誰でもどちらさんでもよい欲しい人は
いないだろうか。?

希望者はいつでもどうぞ・・・
切って持ち帰ってもらうと助かる。

希望者がなかったら私の仕事が増える。
マニアックな人とか材料に凝った建築を
する人はいないだろうか。・・・


30日に石井表記(株)の臨時株主総会に
小株主だけど中株主の顔をして行った。

資本金の額および資本準備金の額の減少の件という議案があったので持ち株も減るのかなと思っていた。
どうやらそれはなくて、
債務超過を回避し株式上場を維持して財務体質の抜本的な改善を図るらしい。金融機関も倒産したら元も子も無くなるので、
どうかなと思っていたが、どうやら再建策がまとまったらしい。
私は株券が紙切れになると思っていたが、社長も資産をはき出して
裸の王様になり、特許も持っているので再建出来ると判断したらしい。

私は為替の円高問題での政府の無為無策ぶりでは
業績回復は難しく、新技術・新商品でも開発しなかったら当分は
イバラの道だと思った。私が生きている間に復配したら
上出来と思っている。
今の時代ほとんどの株主は損失を被っていると
思うが早く経済が回復するのを期待するばかりである。

証券界も昔は良かったなぁ~
それなりの会社だったら持っていれば、売り時があった。
気に入った会社で持っていたくても、儲かってとりあえず手放す事もあった。

ああいう良き時代がまた来るのだろうか。・・・?

|

« 農作物荒らしの犯人は・・・? | トップページ | パチンコ屋雑感!! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 農作物荒らしの犯人は・・・? | トップページ | パチンコ屋雑感!! »