« ~民主党政権の行方~ | トップページ | 蔵王山(225,5m福山)ハイキングへ。! »

「衣替え」に思う。

012 つい先日9月20日に

台風15号が来るまで暑い毎日

だったのに10月に入って

少し寒くなった。

彼岸花も盛りを過ぎ始め

秋の夕暮れは“つるべ落とし”の日々である。

暑かった去年は7日にした衣替えを

昨日4日にした。退職以来、自分の物は自分でしている。

生来、“物持ちが良い” のと “もったいない”の昔人間なので

なかなか処分出来ない。

気が付いてはいたが、衣替えをしても一回も着用しないで

タンスの肥やしになっている衣類の多いい事・・・

そして、まず着る事のない、形見分けのスーツ・替えズボン・セーター

ノーサンキュウでも断りずらい。でも見れば故人を想い起こす。

女性の着物なら有効活用もあるのだろうが・・・・・

父親がネクタイ蒐集家だったので、沢山良いのを貰ったが

今はめったにしない。子供が社会人になった頃渡しても

気に入らない様子である。時代は変わった。

私が亡き後、遺族が処分や整理に困らないよう、今年は思いきった。

背広1セット・上着2着・替えズボン10本・その他で近じか

焼却処分である。セーターなど未使用も含めて、来世も着るだけある。

元気なうちに来年も、骨董的価値がある物以外処分したいけど

なかなか進まない。

風水では、整理整頓をしたら風とうしが良くなって運気が上がるという。

骨董屋は“私達に捨てる物はありません。”という。

この世に産まれた時も裸で、死んだ時も裸であの世へ逝く。

人生の垢なるべく落として、小奇麗に生きたい。

|

« ~民主党政権の行方~ | トップページ | 蔵王山(225,5m福山)ハイキングへ。! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

断捨離(だんしゃり)なんて言葉が、流行っていました。
いらないものというか使わないものは処分した方がいいんでしょうね。
私も、死に向かっているので片付けようと思っています。
そこで、テレビ番組の金スマで照会された、こんまりさんこと近藤麻理恵さんの『人生がときめく片づけの魔法』って本を呼んでいます。 (3分でわかる YouTubeの動画もあります。)
これで、身も心もさっぱりきれいになることでしょう。

投稿: わっくん | 2011年10月 7日 (金) 09時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ~民主党政権の行方~ | トップページ | 蔵王山(225,5m福山)ハイキングへ。! »