« お祭り&神輿当番無事終わる。 | トップページ | 4回目のニンニク植え付け終わる。!! »

福山藩主時代の阿部家の変遷!!

006 18日これは聞きたいと思っていた

「阿部家の変遷をたどる。」

初代正勝から十四代正桓まで

の阿部家系図の講演を聞きに行った。

初代阿部正勝は、徳川家康より

一歳年上で、幼年期より家康に仕えて、

以来、阿部家は日本の開国の大役を

担った正弘をはじめ、六人の老中を

輩出する譜代大名として江戸幕府を支え、

西国を見守る最前線の福山藩主として変遷した。

東京に在住の阿部家子孫から、福山市が福山藩主時代の物を主にして

大量の寄贈を受け、今、福山城博物館で、11月27日まで

大阿部家展~その流れと武家文化の粋~が開催されている。

見に行くつもりであるが、今日はその予備知識の吸収であった。

福山藩阿部家歴代藩主は、

初代 阿部正勝から 正次  重次 ・ 定高 ・ 正邦 ・ 正福 ・           正右 ・ 正倫 ・ 正精 ・ 正寧 ・ 正弘 ・ 正教 ・ 正方 ・ 正桓            (赤字は老中職) と 十四代続いたが

菩提寺を福山市にしているのは、十三代正方だけである。

阿部正弘は鎖国から開国へと活躍し地元にも藩校 誠之館 を

設立しているが、菩提寺は東京である。

譜代大名だから仕方ないが、もう少し福山に骨を埋めて

欲しかった。・・・

|

« お祭り&神輿当番無事終わる。 | トップページ | 4回目のニンニク植え付け終わる。!! »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お祭り&神輿当番無事終わる。 | トップページ | 4回目のニンニク植え付け終わる。!! »