« この国難の時、政治家の顔が見えない。!! | トップページ | 被災地の皆さんに心の癒しを。!! »

原発問題への不安と怒り。!!

S017 東日本大震災による地殻変動で、宮城沖の海底が東南東に約24メートル移動し約3メートル隆起しているそうである。

陸上では、牡鹿半島が東南東に約5.3メートル移動 しているそうである。

東北沖の太平洋側の海底はガタガタである。                  心配していたら11日にまたM7・1の大地震が起きた。

当分は目が離せない。心配である。

07年ごろから、年に5・5センチのペースで西へ移動していた

そうである。

地震大国日本の海底はひずみでガタガタになり、まさに              “ 砂上の楼閣 ” である。 国と電力会社は安全だ安全だと

云って、経済性と営利追求のお金の為に反対行動や一部の

貴重な意見は無視して、原子力発電所を次々と建設していった。

今度の大地震が起きて、東京電力や国と原子力安全保安院の

頼りない事このうえない。こんなに危機管理能力がなくて、

安全だとよく云って来たものだ。!!

政府の発表も、情報操作をしているようで疑心暗改である。

まだまだ危機的状況であるのに、心配ないとか安全な様な事を云うと、

その反対だと思ってしまう。

海外のニュースの方が冷静に判断出来る。

東京電力管内の利用者は電力不足で当分の間大変でしょうが、

復興計画が進んでいく中で、原子力発電を容認するかどうか

よく考えて欲しい。

一歩間違ったら、現在の放射能汚染で恐怖と不安の状態である。

日本の国がある限り、地震は切り離せず上手に付き合って

行かねばならない。

優秀な日本人は原子力に変わる発電方法を考えるだろう。

昔の人は経験から、 “是より下へ家を建つべからず。” と石碑に        書き遺していたという。

又、ある学者は、今の状態では大津波や地震が来た時設備的に

不備があると2年前に進言していたという。

おごった日本人や政府・東京電力は、 「国家100年の計」より、           目先のお金を追求してしまった。安全だと云いながら、               安全を無視してしまった。

一段落するまで、巨額のお金が必要である。高い物についた。

広島県産まれで、被爆二世の私は原子力発電に反対である。

みんな、原爆資料館に来て、核と放射能の悲惨さを

確認して欲しい。

むなしく聞こえる。                                      “ 過ちは二度と繰り返しません。 ” の言葉です。

|

« この国難の時、政治家の顔が見えない。!! | トップページ | 被災地の皆さんに心の癒しを。!! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« この国難の時、政治家の顔が見えない。!! | トップページ | 被災地の皆さんに心の癒しを。!! »