« 関節リウマチ患者に朗報!! | トップページ | 安芸の小京都「竹原」へ。 »

「講演会」を聞いて本音を書きたい。!!

006_2 冬場に「鞆の浦」

よく見られる

“サヨリ”の天日干し           です。

つまみに最高!!

地域でのお役目も残りわずかで、もうお役ご免と思っていたら、

「子どもたちを地域ぐるみで育てる」という内容で講演会を             開催するので出席せよとの案内がきた。

青少年健全育成の研修会とあるので、一生懸命に世話を              されている方は私のような考えを言うと

なんと非協力で話しのわからない人だというであろう。

案内をもらった時から気がのらなかった。

この二年間地域の事に関わってみて、世話をされる人はお役目上それなりにお世話をしても住民の参加率は悪く、

「役員の為の役員による役員の行事が多かった。」例年どうりとか        補助金が出るからとかでやる事が多かった。

私は何か問題が起きたり事があった時、行政や行政機関の           責任逃れの為に住民に押し付けられているような気がした。

今回も地域の立派な人が名を連ねてお世話をされているけれど、        若い子育て世代や中年はいない。

周知もなかったので、普通の住民もいないし、警察・教育関係者・        町内会役員の顔もあまり見えない。

こんな感じで何年もやって来て、教育は良くなるどころか              悪くなるばかりである。

もうそろそろ住民もおかしい事を自覚して、事業仕分けを行い

時代に沿った若い世代の人が運営・参加出来るように               行政が考えないと、明るい未来はないと思う。

もっとも、今の国会・政治屋の言動を見ると、国民も子供達も真面目に

真摯に生きる気にはならない。

あの人達が教育行政や教育論を語っても心に響かない。

国民の方に目が向いてないし、愛がない。

私は今日の講演会に仕方なく、10分遅れて行った。

見たところ仕方なく参加した人で、講師の方も真面目に一生懸命        講演された。

経験談を話されたが、ふだん私が近所の子供に“声掛け”を            しているのと変わらなかった。

今の時代、声掛けをするにしても、警察とか学校では                知らない人には注意しようと教えている。

“夜回り先生”のように心血注いで動ける立派な人には               なかなかなれない。

みんな生活がかかっているし、戦後の復興の中で日本の残さなければならなかった良い所も、欧米化の名の元に失ったものは、                  一朝一夕では良くならないと思う。

“物は豊かになっても、心は貧しくなった。”のだから                 政治がまず反省して欲しい。

私が子供の頃の方が、“物は不足していても、心は豊かだった。”

ような気がしてならない。

少なくとも自殺者が1年で3万人以上いて、                      10年も続く世の中ではなかった。

こんな事を考えながら、途中で退席して帰宅した。

お付き合いで、座っている時間が惜しかった。

|

« 関節リウマチ患者に朗報!! | トップページ | 安芸の小京都「竹原」へ。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 関節リウマチ患者に朗報!! | トップページ | 安芸の小京都「竹原」へ。 »