« 今年の味は?沼南ワイン売出日! | トップページ | お坊さんに成ったか?横さん! »

市田 ひろみ さんは輝いていた!!

001 昨日(11日)市田ひろみ さんの講演を聞きに行った。

幼少期中国からの引き揚げ体験の話から始まり、ヤンマーでのOL生活そして女優時代を話され、全国のデパートを回った着付け教室の話と服飾評論家としてソマリア他の貧困国を訪問された時の話をされた。

今までの人生で7回の挫折を経験したが、明治生まれの母親によく怒られ・しつけられてきた御蔭で今日の私がありますと話されました。

自分の人生を振り返った時、自分が一番弱い所やさしすぎて時として父親として威厳をもって子供を怒らなかった事を思い起こされました。私も大正生まれの母親に良くこっぴどく怒られて育ちました。我々の世代は大体そうでしたが・・・・

御蔭さんで今日まで私も来ましたが、結婚して子供を授かった時必要以上に厳しく怒るまいと思ってしまいました。

005 “間違いでした。!”後悔先に立たずですが、万国共通、貧困と厳しい環境は最高の教育環境ですね。でもそのなかに

“愛”がある事が絶対条件ですが・・・・

今、家族のなかで人間が産まれたり死んでいく生活を身近に感じる事はほとんどありません。全部家の外、病院か施設です。こういうなかで、子供たちは命の誕生の神秘さと、命が亡くなっていく尊厳さを知るでしょうか。?

11年間連続して自殺者が3万人以上出る原因のひとつだと思います。

市田さんが、“家族の絆”を大事にして下さいと言われた事も心に響きました。

車で帰りながら、子供達に聞かせたいと思いましたが、これは私の思い違い。ダメなんですね。・・・・・貧困と厳しく怒って育てなかったから・・・・・

最後に、市田さんが言われた“今は小さい時、良い子だった子が良い子とは限りませんよ”と念をおされて話された事が頭に残りました。

|

« 今年の味は?沼南ワイン売出日! | トップページ | お坊さんに成ったか?横さん! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「子どもの時に良い子だった子が良い子だとはかぎらない」
この言葉、私も同感です。
短いながらの保育士としての経験から、大人が思うような「良い子」というのは、たいてい家庭環境に問題がありがちです。。。

むしろ、私は叱られて育つような子どもであったり、完璧ではない子の方がいろんな経験ができるのでその中でいろんな感情を知り、大きくなっていい影響が出るように思います。

もちろん、「親の愛情」が伴っての話ですがpaper

投稿: かなBuuu | 2009年12月15日 (火) 00時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年の味は?沼南ワイン売出日! | トップページ | お坊さんに成ったか?横さん! »